国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

旅・いろいろ地球人

ノートの落書きから

(2)カンフーマン 『毎日新聞(夕刊)』掲載 2016年5月19日刊行

川瀬慈(国立民族学博物館助教)


エチオピアの子供がノートに落書きしたカンフーマン

エチオピア北部の調査で用いたフィールドノートのかたすみに描かれた"カンフーマン"。この落書きは子供の仕業だろうが、誰がいつ、どこで描いたのかは覚えていない。大きな帽子、長い口ひげ、片足はまっすぐ、虚空を蹴り上げている。

エチオピアの都市で、いわゆるカンフー映画は大人気であり、あちこちにある武術教室では、スター俳優にあこがれる子供たちが熱心にトレーニングを積み重ねている。ジェット・リーやブルース・リー、あるいはジャッキー・チェンを知っているか、とよく聞かれる。「それは香港の映画によく登場する俳優で、自分は日本人だ」と正攻法に言い返し、"アジア"の多様性を力んで説明することにはすでに疲れた。

最近この種の質問をされると、神妙な顔つきをして、ブルース・リーのようなファイティングポーズをきめてしまう自分がいる。すると子供たちは目を輝かせる。キックの真似(まね)などしようものなら歓声を上げてあとずさりする。

エチオピアの子供たちに対する、そんな私の対応を、フィールドノートに描かれたカンフーマンは、どう考えるのだろうか?力強いキックとともに、気合いの入った掛け声が聞こえてくるようだ。

シリーズの他のコラムを読む
(1)エチオピアの戦士
(2)カンフーマン
(3)神からの贈り物
(4)私、まれびと