国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

特別展の解説書

マンダラ――チベット・ネパールの仏たち 2003年3月13日刊行

千里文化財団

出版物情報

  • 編著者:立川武蔵
  • 編集:国立民族学博物館、千里文化財団
  • 発行:千里文化財団
  • 定価:1,600円(税抜)
  • ISBN:9784862491084
  • 判型・体裁:A4判
  • 頁数:112頁

主題・内容

マンダラ成立の経緯、その構造、マンダラが道具としてつかわれる儀礼の場など、チベット、ネパールを中心とするマンダラの世界を幅広く紹介。「癒し」としての現代における可能性についてもかんがえます。複雑なものとして捉えられがちなマンダラの「世界観」をやさしく読み解く一冊です。

 

特別展「マンダラ―チベット・ネパールの仏たち」