国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

研究スタッフ紹介

  • オセアニア
  • アメリカ
  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • 西アジア
  • 音楽
  • 言語
  • 南アジア
  • 東南アジア
  • 中央・北アジア
  • 東アジア 朝鮮半島の文化
  • 東アジア 中国地域の文化
  • 東アジア アイヌの文化
  • 東アジア 日本の文化
  • 探究ひろば
  • 資料管理

更新日時:2016年2月2日

鈴木紀SUZUKI Motoi

鈴木紀

 

専門分野

経済、開発、実践人類学

専門地域

アメリカ(メキシコ、中央アメリカ、カリブ海地域)

[img]

研究の自己アピール

日本人の私たちと、世界の人々との関わり方に関心があります。学生時代にメキシコで民族学の修行をしていた時には、研究する者と研究される者の関係しか視野にありませんでした。その後、南北問題や開発問題に関心を広げ、援助する者と援助を活かす者という関係を意識するようになりました。現在はさまざまな国際的な支援活動に着目しながら、世界の人々が相互に支え合うような関係がどのようにしたらできるのかという問題を考えています。

メッセージ

「世界にはこんなにもいろいろな人がいるのか!」大阪万博を見た10歳の私は大感激でした。現在のみんぱくは、それよりもはるかに洗練された展示方法で、観客のみなさんが世界の人々に出会う機会を提供しています。私の一押しはアメリカ展示場にある<アレブリヘ>という動物の木彫です。お土産として買って帰りたくなるようなカラフルな作品が並んでいます。作家たちの創造力の源はどこにあるのか。あなたの民族学的探求がはじまります。

関連ページ

■ 展示、催し物など
■ 出版物、エッセイなど
■ 研究会・シンポジウム・学会など