国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

研究スタッフ紹介

  • オセアニア
  • アメリカ
  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • 西アジア
  • 音楽
  • 言語
  • 南アジア
  • 東南アジア
  • 中央・北アジア
  • 東アジア 朝鮮半島の文化
  • 東アジア 中国地域の文化
  • 東アジア アイヌの文化
  • 東アジア 日本の文化
  • 探究ひろば
  • 資料管理

更新日時:2016年2月4日

三尾稔MIO Minoru

三尾稔

専門分野

宗教・儀礼、歴史・文化変容、集団・組織

専門地域

南アジア(インド西部)

[img]

研究の自己アピール

インドのラージャスターン地方を中心に、宗教信仰と社会の変化、また宗教信仰とナショナリズムの関係などについて研究をしてきました。最近は、グローバル化とインドの宗教の相互作用に関心をもっています。特に信仰の核となり、信仰を伝えたり共有したりするための要となるヒトやモノの性質や動きについての研究を進めているところです。これを通じて、躍動するインドの基盤を解明してゆきたいと思っています。

メッセージ

「悠久不変」の代名詞だったインド。しかし、その社会や文化は大変な勢いで変化しています。それに対し私たちがインドに対して抱くイメージは案外変わっておらず、そのギャップは広がる一方です。現代インドの何が変わり、何が変わらないのか。ビデオテーク、企画展、公演企画などを通じて皆さんと一緒に考えたいと思っています。南アジア常設展の新構築開始も間もなくです。みんぱくを通じて体験できるインド、どうぞご期待下さい。

関連ページ

■ 展示、催し物など
■ 出版物、エッセイなど