国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

研究スタッフ紹介

  • オセアニア
  • アメリカ
  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • 西アジア
  • 音楽
  • 言語
  • 南アジア
  • 東南アジア
  • 中央・北アジア
  • 東アジア 朝鮮半島の文化
  • 東アジア 中国地域の文化
  • 東アジア アイヌの文化
  • 東アジア 日本の文化
  • 探究ひろば
  • 資料管理

更新日時:2016年2月2日

森明子MORI Akiko

イメージ

専門分野

歴史・文化変容、都市、民族誌記述

専門地域

ヨーロッパ(ドイツ、オーストリア、中欧、EU)

[img]

研究の自己アピール

はじめの外国調査は、オーストリアの村で、スロヴェニアとの国境にありました。10年ほど通ったのち、ベルリンに調査地を移して、10年になります。私は、さまざまな人々が出会い、交渉するなかで、新しい文化がつくられていく過程に、たいへん関心をもっています。最近は、人々がいまここで織りなしている生活文化を記述しながら、「近代」の諸制度をあらためて問い直し、21世紀の私たちの社会を構想することをテーマにしています。

メッセージ

研究は、きびしいところもありますが、たいへん楽しいものでもあります。ミンパクのスタッフは、この研究の楽しさを、みなさんとぜひ共有したいと思っています。展示場や講演会、公演会、『月刊みんぱく』などには、私たちのアイディアとウィットが、たっぷり仕込んであります。私たちの送るサインをぜひ受け取ってください。展示場の柱の陰や、文字の間に、私たちは隠れています。

関連ページ