国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

研究スタッフ紹介

  • オセアニア
  • アメリカ
  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • 西アジア
  • 音楽
  • 言語
  • 南アジア
  • 東南アジア
  • 中央・北アジア
  • 東アジア 朝鮮半島の文化
  • 東アジア 中国地域の文化
  • 東アジア アイヌの文化
  • 東アジア 日本の文化
  • 探究ひろば
  • 資料管理

更新日時:2016年2月2日

新免光比呂SHINMEN Mitsuhiro

新免光比呂

専門分野

宗教・儀礼、エスニシティ、歴史・文化変容

専門地域

ヨーロッパ(ルーマニアを中心に、比較対象としてブルガリア、ギリシア、トルコ、セルビア、ハンガリー、ボスニア、日本)

[img]

研究の自己アピール

バルカンというと民族戦争のイメージでしょうか?第一次世界大戦の号砲となったのが、サラエボの一発の銃声だったともいわれます。しかし、人の暮らしている土地が一言で表現できるわけはありません。バルカンには文化も歴史も平和な時代もあります。ただし、どれにも複雑なという形容詞がつくかもしれません。しかし、それは多様性にみち、独自性に富んでいるということでもあります。それゆえバルカンを研究するには、多言語、多宗教の理解が必要ですが、やりがいのある挑戦だと思います。

メッセージ

宗教学と東欧地域研究を専門にしてきました。さまざまな宗教に関わる事件が起きている昨今、もっと宗教と東欧についての知識を広めたいと思いますが、それは容易なことではないと感じています。

関連ページ

■ 出版物、エッセイなど