国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

研究スタッフ紹介

  • オセアニア
  • アメリカ
  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • 西アジア
  • 音楽
  • 言語
  • 南アジア
  • 東南アジア
  • 中央・北アジア
  • 東アジア 朝鮮半島の文化
  • 東アジア 中国地域の文化
  • 東アジア アイヌの文化
  • 東アジア 日本の文化
  • 探究ひろば
  • 資料管理

更新日時:2016年2月2日

鈴木七美SUZUKI Nanami

鈴木七美

トウモロコシの前菜(カナダ 秋の食事には、バターをのせたトウモロコシが出ることもある)

専門分野

宗教・儀礼、教育、歴史・文化変容

専門地域

アメリカ(北米、北欧、日本)

[img]

研究の自己アピール

生きてゆくにあたり、人が周りの人々やモノ、環境との関係をどのように捉え交流するのかというコスモロジーや世界観を探求中。宗教上の信念に基づいた生活を夢みてヨーロッパからアメリカに移住した人々に注目しています。誕生から死までのできごと、若者に特別に許されている自由な時間、「コミュニティ」の捉え方などに、人々が大切にしたいと思っていることや、他の考えをもつ人と共に生きるための術が、豊かに表現されているからです。

メッセージ

時代の変化とともに失われた習慣や使われなくなったモノ。幼子を布でくるくる巻きにする「スウァドリング」もその一つ。四肢の成長を妨げるとされ姿を消しましたが、ネズミに齧られないように、「人間らしく」するためにという願いがローマ時代から産婆術書に表現されています。スイスの博物館できれいに刺繍されたこの布と出会った時、この地の暮らしに触れたようで嬉しくなりました。皆様、モノとゆっくり語りあう時間を楽しんでください。

関連ページ

■ 研究会・シンポジウム・学会など