国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

研究スタッフ紹介

  • オセアニア
  • アメリカ
  • ヨーロッパ
  • アフリカ
  • 西アジア
  • 音楽
  • 言語
  • 南アジア
  • 東南アジア
  • 中央・北アジア
  • 東アジア 朝鮮半島の文化
  • 東アジア 中国地域の文化
  • 東アジア アイヌの文化
  • 東アジア 日本の文化
  • 探究ひろば
  • 資料管理

更新日時:2012年4月1日

吉本忍YOSHIMOTO Shinobu

吉本忍

モッコの機織りの映像取材(2012年 沖縄県竹富島)

専門分野

物質文化、先史・考古、芸術・美術

専門地域

全世界

[img]

研究の自己アピール

1970年以来、世界各地の織りや染めの現場で、染織文化や染織技術の調査・研究をおこなっています。これまでのおもな研究としては、世界の諸民族のもとで使われてきた織機の通文化的な研究、インドネシアのジャワ島でつくられてきたバティック(ジャワ更紗)やイカット(かすり織物)の研究、バティックのデザインと技術をルーツとしたアフリカン・プリントをはじめとするプリント・テキスタイルの研究などがあります。

メッセージ

今年の9月13日(木)から11月27日(火)まで、本館の特別展示館で特別展「世界の織機と織物―織って!みて!織りのカラクリ大発見」を開催します。この展覧会では、世界各地の多種多様な織機と織物を紹介するとともに、さまざまな織りのカラクリを体験することもできます。あなたもみんぱくに来て、織って、みてください。

関連ページ