国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
総合イメージ

ニュース|受賞

[2017.11.30]「国立民族学博物館展示案内」が「第59回 全国カタログ展」実行委員会奨励賞を受賞しました。

2017年11月に刊行された、本館の新しい展示案内書「国立民族学博物館展示案内」が、「第59回 全国カタログ展」実行委員会奨励賞を受賞しました。

  • 全国カタログ展
    全国カタログ展は、1957年(昭和32年)に「世界パンフレット展」を開いたのをきっかけに、1959年(昭和34年)に「東京国際見本市カタログ展」として始まりました。
    1963年(昭和38年)第5回より株式会社印刷出版研究所主催の「ポスター展」を加え、「全国カタログ・ポスター展」と名称を改めましたが、2014年(平成26年)よりあらためて「全国カタログ展」として歴史を重ねてきています。
    カタログは、商品・製品・サービス等の周知やPRに欠かせない強力な媒体であり、表現技術は日々進化し、その一つ一つに驚くべき努力が払われています。
    本展はこうした優秀なカタログを顕彰し、広く展示・公開することで、カタログという情報媒体の力や魅力を広く知っていただくとともに、発行会社や制作に関わった各社の認知度向上などにも寄与しています。
    (一般社団法人 日本印刷産業連合会のウェブサイトより)

展示案内書詳細はこちら
「国立民族学博物館展示案内」