国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
総合イメージ

共同研究課題一覧

一般

  1. チベット仏教古派及びポン教の護符に関する記述研究(2015.10-2019.3):長野泰彦
  2. グローバル化時代のサブスタンスの社会的布置に関する比較研究(2015.10-2019.3):松尾瑞穂
  3. 驚異と怪異――想像界の比較研究(2015.10-2019.3):山中由里子
  4. 応援の人類学――政治・スポーツ・ファン文化からみた利他性の比較民族誌(2015.10-2019.3):丹羽典生
  5. 考古学の民族誌――考古学的知識の多様な形成・利用・変成過程の研究(2015.10-2019.3):ジョン・アートル
  6. 宇宙開発に関する文化人類学からの接近(2015.10-2019.3):岡田浩樹
  7. 放射線影響をめぐる「当事者性」に関する学際的研究(2015.10-2019.3):中原聖乃
  8. 医療者向け医療人類学教育の検討――保健医療福祉専門職との協働(2015.10-2019.3):飯田淳子
  9. 個−世界論――中東から広がる移動と遭遇のダイナミズム(2015.10-2019.3):齋藤剛
  10. 確率的事象と不確実性の人類学――「リスク社会」化に抗する世界像の描出(2015.10-2019.3):市野澤潤平
  11. 捕鯨と環境倫理(2016.10-2020.3):岸上伸啓
  12. もうひとつのドメスティケーション――家畜化と栽培化に関する人類学的研究(2016.10-2019.3):卯田宗平
  13. 会計学と人類学の融合(2016.10-2019.3):出口正之
  14. 「障害」概念の再検討――触文化論に基づく「合理的配慮」の提案に向けて(2016.10-2019.3):広瀬浩二郎
  15. 物質文化から見るアフロ・ユーラシア沙漠社会の移動戦略に関する比較研究(2016.10-2020.3):縄田浩志
  16. 音楽する身体間の相互作用を捉える――ミュージッキングの学際的研究(2016.10-2020.3):野澤豊一
  17. 現代日本における「看取り文化」の再構築に関する人類学的研究(2016.10-2020.3):浮ヶ谷幸代
  18. 博物館における持続可能な資料管理および環境整備――保存科学の視点から(2017.10-2021.3):園田直子
  19. 人類学/民俗学の学知と国民国家の関係――20世紀前半のナショナリズムとインテリジェンス(2017.10-2021.3):中生勝美
  20. 文化人類学を自然化する(2017.10-2021.3):中川敏
  21. ネオリベラリズムのモラリティ(2017.10-2021.3):田沼幸子
  22. オセアニア・東南アジア島嶼部における他者接触の歴史記憶と感情に関する人類学的研究(2018.10-2022.3):風間計博
  23. 伝統染織品の生産と消費――文化遺産化・観光化によるローカルな意味の変容をめぐって(2018.10-2022.3):中谷文美
  24. 心配と係り合いについての人類学的探求(2018.10-2022.3):西真如
  25. 統治のフロンティア空間をめぐる人類学――国家・資本・住民の関係を考察する(2018.10-2022.3):佐川徹
  26. グローバル時代における「寛容性/非寛容性」をめぐるナラティヴ・ポリティクス(2018.10-2022.3):山泰幸
  27. カネとチカラの民族誌:公共性の生態学にむけて(2018.10-2022.3):内藤直樹
 

若手

  1. 消費からみた狩猟研究の新展開――野生獣肉の流通と食文化をめぐる応用人類学的研究(2016.10-2019.3):大石高典
  2. テクノロジー利用を伴う身体技法に関する学際的研究(2016.10-2019.3):平田晶子
  3. モノをとおしてみる現代の宗教的世界の諸相(2017.10-2020.3):八木百合子
  4. 拡張された場における映像実験プロジェクト(2018.10-2021.3):藤田瑞穂