国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
総合イメージ

平成27年度文化資源プロジェクト一覧


調査・収集

  • ネパール関連のビデオテーク番組の制作:南真木人
  • 在日コリアン音楽の現状に関する映像取材:寺田吉孝
  • 日本各地の軽業系民俗芸能に関する映像取材:笹原亮二
  • 中国雲南省の少数民族の儀礼とキリスト教文化に関する映像番組の編集:横山廣子
  • 言語展示場の部分改修に伴う手話言語に関するビデオテーク番組製作:菊澤律子
  • ビデオテーク番組「フィリピン北部バルバラサン村の音楽とくらし(仮題)」の編集:寺田吉孝
  • 研究公演「アリラン峠を越えていく――在日コリアン音楽の今」に基づいたマルチメディア番組の製作:寺田吉孝
  • 和太鼓の製作プロセスに関する長編番組の製作:寺田吉孝
  • カンボジアの大型影絵芝居スバエク・トム全7夜の上演記録映像(英語字幕版)の制作:福岡正太
  • 「ラージャスターン州の生活・信仰・儀礼」に関する映像資料の編集と現地語版の作成:三尾稔
  • 展示記録映像のあり方に関する実践的研究:日髙真吾
  • 国立民族学博物館所蔵アフリカ伝世ビーズの蛍光X線分析による起源地の同定:吉田憲司

資料管理

  • 有形文化資源の保存・管理システム構築:園田直子
  • 東日本大震災で被災した文化財の保管環境に関する調査研究4:日髙真吾

情報化

  • 京都大学学術調査隊写真コレクション・データベースの公開:吉田憲司
  • 「大島襄二コレクション」の整理とデータベース作成:飯田卓
  • 「沖守弘インド民族文化写真資料アーカイブ」のデータベース作成:三尾稔
  • 佐々木高明(名誉教授)による写真資料の学術情報化プロジェクト:池谷和信
  • 食文化データベース構築のための事前調査:立命館大学との学術交流協定に基づく:朝倉敏夫
  • 三次元CGを利用した民族建築デジタルアーカイブの構築:佐藤浩司
  • アチックミューゼアム旧蔵資料の体系的整理と資源化:朝倉敏夫

展示

  • 中央・北アジア展示及びアイヌの文化展示の新構築:吉田憲司
  • 南アジア展示及び東南アジア展示用電子ガイドコンテンツの製作:福岡正太
  • 特別展「韓日食博――わかちあい・おもてなしのかたち」:朝倉敏夫
  • 特別展「夷酋列像 ―蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界―」:日髙真吾
  • 企画展「岩に刻まれた古代美術――アムール河の少数民族の聖地シカチ・アリャン」:佐々木史郎
  • 特別展「大見世物展――騙るカラダ 騙るモノ(仮題)」の準備:笹原亮二
  • 平成29年度企画展「カナダにおける先住民文化の過去、現在、未来(仮題)」の準備:岸上伸啓
  • ビデオテークと標本資料関連データベースの連携と活用:福岡正太
  • みんぱく電子ガイドのユニバーサル対応コンテンツの試作:福岡正太
  • 屋内位置情報技術を用いた統合電子ガイドの研究と開発:福岡正太
  • 次世代ビデオテーク更新案の作成:福岡正太
  • 次世代ユニバーサルミュージアム展示空間における多様な来館者の知覚鑑賞開発と評価研究:吉田憲司

社会連携(研究開発)

  • カムイノミ及び重要無形民俗文化財「アイヌ古式舞踊」演舞の実施:齋藤玲子
  • みんぱっくの改訂版制作:上羽陽子