国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

研究会・シンポジウム・学会などのお知らせ

2012年3月17日(土)~3月18日(日)
人間文化研究機構・国立民族学博物館公開シンポジウム「文化遺産の復興を支援する―東日本大震災をめぐる活動」

 

日時

  • 日時、場所: 第1部 2012年3月17日(土) 13:20~17:00(開場 12:30)
    国立民族学博物館 第5セミナー室 定員:80名
    第2部 2012年3月18日(日) 10:20~16:30(開場 9:30)
    国立民族学博物館 講堂 定員:350名
  • 主催: 人間文化研究機構・国立民族学博物館
  • 後援: 財団法人千里文化財団
  • 入場無料・要事前申込(先着順)

趣旨

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震を契機とした東日本大震災は、多くの文化遺産も被災させました。この大震災に対して人間文化研究機構では、文化庁の呼びかけで設立した「東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援委員会」に協力し、構成組織である国立民族学博物館、国立歴史民俗博物館、国文学研究資料館と連携して積極的な文化財レスキュー活動を展開しています。

また、国立民族学博物館は、被災地の支援活動を展開するため、「東日本大震災復興支援対策チーム」を置き、無形文化財の復興活動の支援や動産文化財のレスキュー活動を積極的におこなっています。

現在の被災地は、被災からの完全な復興は果たせていないまでも、徐々に本格的な復興の途につきつつあります。そこで本シンポジウムでは、この1年間の活動について、一般の方を対象に紹介し、広くその活動の意義を知ってもらえればと考えています。

参加方法

ホームページ上の申込フォーム、または「FAX申込書」に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。

※シンポジウムで配布の要旨集をご提示いただきますと、当日に限り展示場をご覧いただくことができます。
※参加申込にてご提供いただきました個人情報は、本シンポジウムの受付と統計・分析および関連イベントのご案内以外には使用いたしません。