国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

研究会・シンポジウム・学会などのお知らせ

2014年11月29日(土)
International Symposium "Comparative Studies among the Formative Period Cultures in the Andes"

  • 日時:2014年11月29日(土)10:00~18:30
  • 場所:国立民族学博物館 第6セミナー室
  • 一般公開(参加無料/申込不要/定員:20名[先着順])
  • 使用言語:英語・スペイン語(通訳なし)
  • 主催:国立民族学博物館 科学研究費補助金基盤研究(S)「権力の生成と変容から見たアンデス文明史の再構築」(研究代表者:関雄二)
  • 協力:古代アメリカ学会
  • お問い合わせ:
    国立民族学博物館 関研究室
    TEL: 06-6878-8252
    E-mail:sekiken★idc.minpaku.ac.jp
    ※★を@に置き換えて送信ください。
 

発表者

John Rick(スタンフォード大学)、Matthew Sayre(サウスダコタ大学)、Silvana A. Rosenfeld(サウスダコタ大学)、鵜澤和宏(東亜大学)、瀧上舞(山形大学)、長岡朋人(聖マリアンナ医科大学)

司会

関雄二(国立民族学博物館)

コメンテーター

鶴見英成(東京大学)、松本雄一(山形大学)

プログラム

10:00~10:20 “Introduction” 
Yuji Seki (National Museum of Ethnology)
10:20~11:20 "Dietary Change in the Late Formative Period"
Mai Takigami (Yamagata University), Minoru Yoneda (The University of Tokyo)
11:20~12:20 "Burnt Palms and Cultivated Corn: Macrobotical and Phytolith Evidence from Chavín de Huántar"
Matthew Sayre (University of South Dakota)
12:20~13:30 Lunch
13:30~14:30 "Hunting to Herding: Understanding the Subsistence Change in the Formative Period"
Kazuhiro Uzawa (University of East Asia)
14:30~15:30 "Meat on the Bone, Meat out of the Bone: Ch'arki and Bone Tools at Chavín de Huántar"
Silvana A. Rosenfeld (University of South Dakota)
15:30~15:45 Break
15:45~16:15 "Bioarchaeology of human skeletal remains from Pacopampa in the northern highland of Peru"
Tomohito Nagaoka (St. Marianna University School of Medicine)
16:15~17:15 "The 2014 Field Season in Chavín de Huántar: Implications for Chavín-Period Ritual Architecture and Activity"
John Rick (Stanford University), Rosa Grimalda Mendoza Fernandez de Rick (Stanford University)
17:15~18:30 Discussion