国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

研究会・シンポジウム・学会などのお知らせ

2018年12月14日(金)
講演会「台湾客家と日本客家」

  • 日 時:2018年12月14日(金)13:00 - 17:00
  • 場 所:国立民族学博物館 第4セミナー室
  • 使用言語:中国語、日本語(同時通訳付)、部分的に客家語
  • 一般公開(参加無料/申込不要[先着順])
  • お問い合わせ:国立民族学博物館 河合洋尚研究室
       〒565-8511  吹田市千里万博公園10-1
       TEL:06-6876-2151
       FAX:06-6878-7503
       global_hakka★idc.minpaku.ac.jp
       (★を@に置き換えてください)
 

◆ 関連シンポジウム
国際シンポジウム「客家エスニシティとグローバル現象――華僑華人の拡がりと現在」

 開催日:2018年12月15日(土)~12月16日(日)
 場 所:国立民族学博物館 第4セミナー室
 一般公開(参加無料/申込不要[先着順])
 詳細情報はこちら

 

趣旨

漢族の一集団である客家は、中国南部をはじめとして世界各地で暮らしており、その総数は5000万人を超えるともいわれる。日本にも客家が5000人~1万人ほど在住していると見積もられている。その大半は、第二次世界戦前後に台湾から移住した人々とその子孫である。この講演会では、まず台湾の著名な文学者との対話を通して、台湾客家社会への理解を深める。次に、日本在住客家のライフヒストリーを通して、日本客家社会の一端を知る。

 

プログラム

  総合司会:河合洋尚(国立民族学博物館准教授)
12:30 - 13:00 開場
13:00 - 13:15 開幕挨拶
 李永得(台湾客家委員会主委)
 関雄二(国立民族学博物館副館長)
 劉宏城(日本関西崇正会幹事長)
13:15 - 15:00 「客家文学と客家文化」(座談会方式)
 話者:曽貴海、利玉芳、甘耀明(台湾の客家文学作家)
 コメンテーター:池上貞子(跡見学園女子大学名誉教授)
 司会:何金樑(台湾客家文化発展センター主任)
15:00 - 15:20 ティー・ブレーク
15:20 - 16:50 「客家と私」
 話者:張茂勳[安田伊佐男](中華民国留日京都華僑総会名誉会長)
 ディスカッサント:周子秋[吉本秋雄](日本関東崇正総会会長)
          陳來幸(兵庫県立大学教授)
 司会:張玉佩(台湾交通大学客家文化学院代理院長)
16:50 閉幕