国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

研究会・シンポジウム・学会などのお知らせ

2012年11月4日(日)
公開フォーラム「世界の博物館2012」

博物館は、有形無形の文化遺産を保存・継承する装置だけでなく、新たな文化を創造する装置でもあります。21世紀を迎えて新たな世界のあり方を構築することが求められている現在、博物館の役割はますます重要になりつつあります。
国立民族学博物館では、国際協力機構(JICA)から委託をうけ、滋賀県立琵琶湖博物館と共同で、世界各地の博物館専門家を対象とした集団研修「博物館学コース」を実施しております。今年度は、エジプト、エリトリア、ヨルダン、モーリタニア、ペルー、スリランカ、スワジランドの7カ国の中から、10名を予定しております。
この機会に、これらの国々の博物館事情に触れ、あわせて博物館の可能性を考えることを目的に、公開フォーラムを開催することになりました。皆様のご参加をお待ちしています。

*当日は逐次日本語通訳がございます

  • 日時:2012年11月4日(日) 13:00~17:15(予定)
  • 場所:国立民族学博物館 第5セミナー室
  • 定員:70名(事前にお申し込みが必要です)
  • 入場:無料(本館展示・特別展をご覧になる場合は、観覧料が必要です)
  • 主催:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館/滋賀県立琵琶湖博物館/独立行政法人 国際協力機構
 

プログラム

  • 12:30~ 開場
  • 13:00~13:05 主催者挨拶
  • 13:05~13:10 開会の辞
  • 13:10~17:05 海外の研修員による発表(日本語通訳あり)
  • 17:05~17:15 総括・閉会の辞
  • 17:30~18:30 交流会
 

参加申し込み方法

ハガキ、FAX、E-mailで、「11月4日 公開フォーラム 参加希望」、郵便番号、住所、連絡先の電話番号、氏名(フリガナ)をご記入のうえ、下記の申し込み先までお送りください。[10月26日(金)必着]

※FAXやE-mailで申し込みをされる場合は、FAX番号、E-mailアドレスの記載もお願いいたします。

  • 定員:先着70名(定員になり次第、締め切りとさせていただきます)

※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。定員を超えた場合のみご連絡いたします。
定員内でご参加いただける場合には、とくにご連絡いたしませんので予めご了承ください。
※参加申し込みをいただいた方の個人情報は、次回以降の公開フォーラム、及び本館が開催する講演会・シンポジウムなどのご案内にのみ使用いたします。

■申し込み・お問合わせ先
国立民族学博物館 研究協力課国際協力係(博物館学コース 事務局)
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
TEL: 06-6878-8250(月~金 9:00~17:00)
FAX: 06-6878-8479
E-mail: hakusemi@idc.minpaku.ac.jp