国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

研究会・シンポジウム・学会などのお知らせ

2017年9月9日(土)~9月10日(日)
日本カナダ学会 第42回年次研究大会

  • 開催日:2017年9月9日(土)~9月10日(日)
  • 開場:国立民族学博物館 第4セミナー室

※会員以外で参加希望の方は、大会実行委員会(岸上宛)または学会事務局(新山宛)まで電子メールでお問い合わせください。
 大会実行委員会 inuit★idc.minpaku.ac.jp
 学会事務局   jacskiu★kobe-kiu.ac.jp
 ※★を@に置き換えて送信ください。

なお、9月9日(土)14:00~16:40 の一般公開国際シンポジウムにつきましては、会員以外の方も自由に参加できます。
 詳しくはこちら

 

プログラム

9月9日(土)
9:30 受付
10:00 開会挨拶
下村雄紀(JACS会長・神戸国際大学)
10:10 - 11:15 セッションⅠ「自由論題 」
司会:田中俊弘(麗澤大学)
「Deaf in Canada とDeaf in Japan――日本のろう児に必要不可欠な言葉は何か」
伊藤泰子(名古屋学院大学)
「ハーバート・ノーマン研究の現在――ブリティッシュ・コロンビア大学所蔵の貴重資料から」
中野昌宏(青山学院大学)
11:25 - 12:30 セッションⅡ「 先住民の『主権』をめぐる諸問題」
司会:広瀬健一郎(鹿児島純心女子大学)
「北米ボーダーランズにおける『先住民』の国家統合と排斥――先住民集団チピワと『混血』集団メイティの関係性を中心に」
岩崎佳孝(日本学術振興会・立教大学)
「カナダ・ヌナブト準州のイヌイットの言語と政策――イカルイトを中心に」
長谷川瑞穂(東京外国語大学・院)
12:30 - 14:00 昼食・理事会(第6セミナー室)

一般公開国際シンポジウム

14:00 - 16:40 「カナダ先住民の歴史と現状」
詳しくはこちら
9月10日(日)
9:30 受付
10:00 - 11:50 セッションⅢ「戦後日系カナダ人史の新たな展開」
司会:飯野正子(元津田塾大学)
討論者:高村宏子(元東洋学園大学)
「日系カナダ人の歴史研究とCommunity Records」
大川栄至(ヴィクトリア大学)
「第二次世界大戦直後に日本に『送還』された日系カナダ人――新たな史料に基づいて」
原口邦紘(外交史料館)
「バンクーバーにおける日本人ガーディナーの歴史的展開」
河原典史(立命館大学)
11:50 - 13:10 昼食・企画委員会(第6会議室)
13:10 - 14:20 特別追悼講演:故ラムゼー・クック(1931-2016)教授
紹介:矢頭典枝(神田外語大学)
"A Rare Bird on the Earth: Identities and Nationalisms in Ramsay Cook's Canada"
マルセル・マルテル(ヨーク大学)
14:20 - 16:20 シンポジウム 「連邦結成150 年―過去から現在、未来へ」
司会:飯笹佐代子(青山学院大学)
「カナダの150 年――〈イマジネーションの豊かさ〉を探る」
竹中 豊(元カリタス女子短期大学)
「カナダ立憲主義の発展――二つの孤独、先住民(ファーストネーション)、連邦制からマルチナショナル(多国民)民主制への移行」
スティール若希(東京大学)
「カナダとケベックにおける脱宗教――相違か収斂か」
丹羽 卓(金城学院大学)
16:30 閉会挨拶
佐藤信行(JACS副会長・中央大学)