国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

スタッフの紹介

相良啓子
相良啓子SAGARA Keiko
人類基礎理論研究部・特任助教
専門分野
  • 手話言語学類型論・聴覚障害児教育
各個研究
  • 日本手話と台湾手話における歴史変化の解明――歴史社会言語学の方法論の確立に向けて
個人ホームページ http://www.r.minpaku.ac.jp/ksagara/index.html

略歴

  • 筑波大学大学院修士課程教育研究科障害児教育専攻修了(1999.3)
  • 株式会社JTB本社IT企画部(1999.4-2002.3)
  • 株式会社JTB首都圏新橋支店営業三課バリアフリーツアー推進担当(2002.4-2010.3)
  • 英国セントラル・ランカシャー大学国際手話ろう文化学研究所研究官(2010.5-2014.4)
  • 英国セントラル・ランカシャー大学国際手話ろう文化学研究所大学院(MPhil 課程修了)(2014.9)
  • 国立民族学博物館 プロジェクト研究員(2014.6-2016.3)
  • 国立民族学博物館 手話言語学研究部門 特任助教(2016.3-現在)

専門分野

  • 手話言語学類型論、聴覚障害児教育

所属学会

  • 日本手話学会(2008年~)、日本言語学会(2014年~)、日本歴史言語学会(2016年~)、社会言語科学会(2016年~)

主要業績

論文
2014
The numeral system of Japanese Sign Language from a cross linguistic perspective(2014) MPhil 論文 セントラルランカシャー大学
1999
「聴覚障害学生の障害認識に関する研究」筑波大学大学院教育研究課修士論文(1999)(障害児教育)

館外活動(大学教育、社会活動等)

2014
「世界の手話における数のしくみ、日本手話系言語における数表現の変化」東北大学全学教育リレー講義、手話の世界と世界の手話言語☆入門(11月11日)

経歴詳細

学歴
  • 筑波大学大学院修士課程教育研究科障害児教育専攻入学(1996.4)
  • 筑波大学大学院修士課程教育研究科障害児教育専攻修了(1999.3)
  • 英国セントラル・ランカシャー大学国際手話ろう文化学研究所大学院入学(2011.4)
  • 英国セントラル・ランカシャー大学国際手話ろう文化学研究所大学院(MPhil 課程修了)(2014.9)
職歴
  • 株式会社JTB本社IT企画部(1999.4-2002.3)
  • 株式会社JTB首都圏新橋支店営業三課バリアフリーツアー推進担当(2002.4-2010.3)
  • 英国セントラル・ランカシャー大学国際手話ろう文化学研究所研究官(2010.5-2014.4)
  • 国立民族学博物館 プロジェクト研究員(2014.6-2016.3)
  • 国立民族学博物館 特任助教(2016.4-現在)
学位
  • 教育研究科障害児教育専攻 修士(1999)筑波大学大学院
  • 手話言語学 修士(MPhil)(2014)セントラルランカシャー大学(国際手話言語学・ろう者学研究所(iSLanDS))

業績詳細

編著書
2016
(with Ulrike Zeshan)(eds.)Semantic Fields in Sign Languages: Colour, Kinship and Quantification. Berlin: Mouton de Gruyter & Nijmegen: Ishara Press.
論文
2016
(with Ulrike Zeshan) A Comparative Typological Study. In U. Zeshan, and K. Sagara (eds.), Semantic Fields in Sign Languages: Colour, Kinship and Quantification, pp. 3‒37, Berlin: Mouton de Gruyter & Nijmegen: Ishara Press.
2016
Aspects of Number and Kinship Terms in Japanese Sign Language. In U. Zeshan, & K. Sagara (eds.) Semantic Fields in Sign Languages. Berlin: Mouton de Gruyter and Nijmegen: Ishara Press. 298-328.
2015
(Nonaka, Angela, Kate Mesh) Signed Names in Japanese Sign Language: Linguistic and Cultural Analyses, Sign Languages Studies 16(1), pp. 57‒85.
2015
(with Ulrike Zeshan, Nick Palfreyman) Methods in Carrying Out Language Typological research. Research Methods in Sign Language Studies : A Practical Guide. Wiley-Blackwell. pp.173-192.
エッセイ等
2016
「序章 全盲者の耳、ろう者の目――「障害」から生まれる身体知」広瀬浩一郎 編著『ひとが優しい博物館:ユニバーサル・ミュージアムの新展開』pp.11-34. 2016年8月
2016
「世界ろう者会議と手話通訳者」『みんぱくe-news』第174号、12月1日
2015
「手話の世界へようこそ!!」マルチメディア番組(6054)12手話言語(オーストラリア手話、韓国手話、日本手話、イギリス手話、オーストリア手話、フィンランド手話、中国手話、インド手話、香港手話、インドネシア手話、アメリカ手話、モルディブ手話)に関する番組
2014
「異聞逸聞 耳が聞こえないからコミュニケーション障害か?」『月刊みんぱく』12月号、p. 21.
2014
「旅いろいろ地球人 組織7 手話で広がる世界」『毎日新聞』11月6日 夕刊.
2014
Numeral Systems in Sign Languages Across the World. Minpaku Anthropology Newsletter 39: 5-7.
講演・口頭発表等
2017
「台湾・韓国・日本のろう通訳の現状を比較して思うこと」. ろう通訳シンポジウム. AP西新宿、東京 2017年2月12日
2016
「日本手話と台湾手話にみられる変種と言語変化:東京と大阪、台北と台南における数詞・色彩・親族・生活基本語彙を対象に」 第42回日本手話学会研究大会 船堀タワーホール. 2016年12月3日.
2016
記念講演「異文化体験を通して広がる夢 ~フィンランド・イギリスにおけるろう者の生活・仕事・通訳体験などから~」山形県聴覚障害者協会 第32回耳の日記念集会. 鮭川村農村交流センター、山形 2016年3月3日
2016
「世界の手話における数のしくみ,日本手話系言語における数表現の変化」 公開講座『手話類型論』、東京外国語大学語学研究所、東京. 2016年2月21日
2016
(With Nick Palfreyman) “Counting the difference: Variation in the number systems of Japanese, Taiwan and South Korean Sign Language.” The 12th International Conference on Theoretical Issues in Sign Language Research (TISLR12), Melbourne, Australia. January 4-7. 2016.
2016
「いまなぜろう通訳なのか」 ろう通訳シンポジウム (鹿児島、愛媛でのパネルディスカッション、パネラー) 2016年1月2月
2015
廣瀬浩二郎との対談「全盲者の耳、ろう者の目―『障害』から生まれる身体知」公開シンポジウム「ユニバーサル・ミュージアム論の新展開―展示・教育から観光・まちづくりまで」 2015年11月28日-11月29日
2015
(菊澤律子と共同発表). 「手話言語の歴史言語学的研究に向けて」機関研究成果公開 みんぱく手話言語学フェスタ2015. 2015年9月21日
2015
‘Numeral Systems in Sign Languages Across the World.’ The XVIIth World Congress of the World Federation of the Deaf, Istanbul. July 28-August 1, 2015
2015
山形県高畠町立第三中学校 第57回創立記念式 記念講演「世界に広がる仲間・仕事・夢」 高畠第三中学校、山形 2015年6 月18日
2015
「ろう通訳はなぜ必要か?」ろう通訳シンポジウム(名古屋、大阪、東京でのパネルディスカッション、パネラー)2015年1月2月
2014
「日本手話の数詞のバリエーションについて-関東地方と近畿地方の数詞「10」「100」「1000」に焦点を当てて-」第40回日本手話学会研究大会 場所. 2014年11月2日.
2014
「手話言語類型論からの知見:いくつかの意味領域に対する通言語的調査の方法論」《機関研究効果公開》第3回手話言語と音声言語に関する国際シンポジウム「言語の記述・記録・保存と通モード言語類型論」. 国立民族学博物館 2014年10月5日.
2014
「Historical Relationship between the Numeral Signs of Japan, Taiwan and South Korea Sign Languages」The International Summer School 2014: Current Issues in Sign Language Linguistics (CISL) 28-29 Aug 2014
2014
(With Palfreyman, N.)「Counting the difference: variation in the number systems of Japanese, Taiwan and South Korean Sign Language」New Ways of Analysing Variation Asia-Pacific 3: 1-3 May 2014