国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

スタッフの紹介

園田直子
園田直子SONODA Naoko
人類基礎理論研究部・教授
専門分野
  • 保存科学
各個研究
  • 持続可能な資料管理に向けた収蔵庫再編成
個人ホームページ http://www.r.minpaku.ac.jp/sonoda/

略歴

  • Université de Paris I (Panthéon-Sorbonne), Doctorat de 3ème cycle (Histoire de l'art).
  • Laboratoire de recherche des musées de France、Service de restauration des peintures des musées nationaux、国立歴史民俗博物館を経て、1993年より民博。

専門分野

保存科学

研究のキーワード

保存科学

現在の研究課題

博物館資料の保存科学的研究

所属学会

ICOM国際博物館会議、IIC 国際文化財保存学会、文化財保存修復学会、国際文化財保存学会日本支部

主要業績

2010
『紙と本の保存科学(第2版)』園田直子編、岩田書院。
2008
『博物館への挑戦―何がどこまでできたのか』日髙真吾・園田直子編、三好企画。
1987
Identification des matériaux synthétiques dans les peintures fines pour artistes par pyrolyse couplée avec la chromatographie en phase gazeuse. Application à l'étude de quelques tableaux d'art contemporain. Thèse de Doctorat de 3ème cycle, Université de Paris I, Panthéon-Sorbonne.
論文
2012
Preventive Conservation for Museum Collection. In N. Kamba and M. Menu (eds.) French-Japanese Workshop "Science for Conservation of Cultural Heritage", pp. 143‒150. Paris: Hermann.
2011
A new evaluation method of paper deterioration: Rolling test. Restaurator 32: 275‒293.
2011
Integrated Pest Management at the National Museum of Ethnology, Japan: Re-evaluation of Preventive Measures and Control Strategies. In P. Winsor, D. Pinniger, L. Bacon, B. Child, K. Harris, D. Laider, J. Phippard and A. Xavier-Row (eds.) Integrated Pest Management for Collections, Proceedings of 2011: A Pest Oddissey, 10 Years Later. pp. 123‒138, English Heritage.
2009
「特別展示場における温度・湿度制御―特別展「千家十職×みんぱく」の事例を中心に―」特別展「千家十職×みんぱく:茶の湯のものづくりと世界のわざ」実行委員会編『国立民族学博物館特別展「千家十職×みんぱく」を解剖する』122-131
2009
「紙資料保存のための環境整備」園田直子編『紙と本の保存科学』岩田書院、187-198
2009
「紙資料を対象とした大量脱酸性化・強化処理」(園田直子、岡山隆之、関正純)園田直子編『紙と本の保存科学』岩田書院、139-167
2009
「ローリングテスト―紙の劣化度判定の新しい可能性―」園田直子編『紙と本の保存科学』岩田書院、101-109
2009
「民族学博物館での資料保存」(総説・解説) 『文化財保存修復学会誌』54、1-21
2009
「第5章 台湾資料の保存とその意義」順益台湾原住民博物館展示カタログ『百年来的凝視』、87-101
2009
(With H. Ohtani, T. Komura, and Y. Taguchi) Evaluation of Acidic Paper Deterioration in Library Materials by Pyrolysis-gas Chromatography. Journal of Analytical and Applied Pyrolysis 85: 460–464.

館外活動(大学教育、社会活動等)

  • 総合研究大学院大学文化科学研究科教授
  • 独立行政法人文化財研究所自己点検評価・外部評価委員
  • 国立歴史民俗博物館資料保存環境検討委員会委員
  • IIC (International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works) Council member

受賞歴

代表者を務めた研究プロジェクト

経歴詳細

学歴
  • Université de Paris I (Panthéon-Sorbonne)
  • Licence ès lettres (Histoire de l'art)(1980)
  • Université de Paris I (Panthéon-Sorbonne), Maîtrise des Sciences et Techniques (Conservation et restauration des oeuvres d'art, des sites et objets archéologiques et ethnologiques)(1982)
  • Ecole du Louvre, le titre d'Ancien Elève(1983)
  • Université de Paris I (Panthéon-Sorbonne), Doctorat de 3ème cycle (Histoire de l'art)(1987)
職歴
  • Laboratoire de recherche des musées de France(1987)
  • Service de restauration des peintures des musées nationaux(1989)
  • 国立歴史民俗博物館助手(1991)
  • 国立民族学博物館第5研究部助手(1993)
  • 国立民族学博物館第5研究部助教授(1997)
  • 国立民族学博物館博物館民族学研究部助教授(1998)
  • 総合研究大学院大学文化科学研究科併任(1999)
  • 国立民族学博物館文化資源研究センター助教授(2004)
  • 国立民族学博物館文化資源研究センター教授(2007.3.1)
学位
  • Université de Paris I (Panthéon-Sorbonne), Doctorat de 3ème cycle(Histoire de l'art) 博士(美術史)(1987)
  • [学位論文]
    1987 "Identification des matériaux synthétiques dans les peintures fines pour artistes par pyrolyse couplée avec la chromatographie en phase gazeuse. Application à l'étude de quelques tableaux d'art contemporain" Université de Paris I (Panthéon-Sorbonne)
  • Université de Paris I (Panthéon-Sorbonne), Maîtrise des Sciences et Techniques(Conservation et restauration des oeuvres d'art, des sites et objets archéologiques et ethnologiques) 科学技術修士(1982)

研究詳細

博物館資料の保存科学的研究

博物館資料の保存科学的研究は、多方面の分野に関係します。大別すると、
  1. 博物館資料の保存環境の検討と整備、
  2. 博物館資料の保存・修復処置の検討、
  3. 博物館資料の材質・技法に関する科学的調査、などです。
現在の研究上の関心をそれぞれの分野別にみると、
  1. 博物館資料の防虫対策なかでも不活性気体を用いた方法の応用
  2. 脆弱化した紙資料の大量強化処置法の検討
  3. 資料を構成する素材として、あるいは、修復材料としての合成素材の利用となります。

業績詳細

編著書
2010
『紙と本の保存科学[第2版]』園田直子編、岩田書院、2010年10月7日刊行、p.228
2009
『紙と本の保存科学』園田直子編、岩田書院。
2008
『博物館への挑戦―何がどこまでできたのか』日髙真吾・園田直子編、三好企画。
論文
2012
Preventive Conservation for Museum Collection. In N. Kamba and M. Menu (eds.) French-Japanese Workshop "Science for Conservation of Cultural Heritage", pp. 143‒150. Paris: Hermann.
2011
A new evaluation method of paper deterioration: Rolling test. Restaurator 32: 275‒293.
2011
Integrated Pest Management at the National Museum of Ethnology, Japan: Re-evaluation of Preventive Measures and Control Strategies. In P. Winsor, D. Pinniger, L. Bacon, B. Child, K. Harris, D. Laider, J. Phippard and A. Xavier-Row (eds.) Integrated Pest Management for Collections, Proceedings of 2011: A Pest Oddissey, 10 Years Later. pp. 123‒138, English Heritage.
2010
「温度処理法による文化財の殺虫処理について」『文化財の虫菌害』59、2010年6月、財団法人文化財虫害研究所
2010
(With M. Seki, S. Hidaka, T. Morita and T.Okayama)'A New Technique of Book Papers Strengthening Using Cellulose Derivatives Part 2: Effect of different types of paper and cellulose derivatives on paper strengthening', Restaurator, Vol. 31, pp. 126-141
2009
「特別展示場における温度・湿度制御―特別展「千家十職×みんぱく」の事例を中心に―」特別展「千家十職×みんぱく:茶の湯のものづくりと世界のわざ」実行委員会編『国立民族学博物館特別展「千家十職×みんぱく」を解剖する』122-131
2009
「紙資料保存のための環境整備」園田直子編『紙と本の保存科学』岩田書院、187-198
2009
「紙資料を対象とした大量脱酸性化・強化処理」(園田直子、岡山隆之、関正純)園田直子編『紙と本の保存科学』岩田書院、139-167
2009
「ローリングテスト―紙の劣化度判定の新しい可能性―」園田直子編『紙と本の保存科学』岩田書院、101-109
2009
「民族学博物館での資料保存」(総説・解説) 『文化財保存修復学会誌』54、1-21
2009
「第5章 台湾資料の保存とその意義」順益台湾原住民博物館展示カタログ『百年来的凝視』、87-101
2009
(With H. Ohtani, T. Komura and Y. Taguchi) Evaluation of Acidic Paper Deterioration in Library Materials by Pyrolysis-gas Chromatography. Journal of Analytical and Applied Pyrolysis 85: 460–464.
2008
「みんぱくにおける保存科学の特徴」日髙真吾・園田直子編『博物館への挑戦―何がどこまでできたのか』三好企画、90-102
2008
(With S. Hidaka) Between Conservation and Access: Implementation of Integrated Pest Management at the National Museum of Ethnology, Osaka, Japan. Conservation and Access (Contributions to the London Congress 15–19 September, The International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works, pp.88–92.
2008
(With S. Hidaka, H. Ohtani, C. Watanabe, and S. Takeda) Application of EGA, PyGC/MS and TD-GC/MS for the Testing of Materials for Use in Storage and Display in Museums. Organized Contributed Session: Analytical Chemistry Applied to the Study and Preservation of Art and Cultural Works (PittCon Conference and Expo 2008 Abstracts CD-Rom), 2–7 March, New Orleans.
2008
「新規生物生息調査分析システムの開発―4館連携によるシステム共有化」園田直子編『文化資源の高度活用 有形文化資源の共同利用を推進するための資料管理基盤形成』人間文化研究総合推進事業・連携研究中間報告書、169-178
2008
「国立民族学博物館における燻蒸施設整備―多機能燻蒸庫への改修とウォークイン高低温処理庫の新設」(日髙真吾、西英明)園田直子編『文化資源の高度活用 有形文化資源の共同利用を推進するための資料管理基盤形成』人間文化研究総合推進事業・連携研究中間報告書、115-121
2008
「国立民族学博物館における総合的有害生物管理(IPM)の考え方と実践」園田直子編『文化資源の高度活用 有形文化資源の共同利用を推進するための資料管理基盤形成』人間文化研究総合推進事業・連携研究中間報告書、11-25
2007
(With T. Okayama, K. Fukai, and T. Morita) Evaluation of Paper Deterioration — Application of Acoustic Emission Meaurement Using Small Test Pieces. Summaries of the IADA XI.
2007
Conservation Management System for Tangible Cultural Resources at the National Museum of Ethnology, Osaka, Japan. International Symposium Proceedings Practice of Conservation in Museums — Defining a Vision for the Practice of Conservation in Museums in the 21st Century, pp.97–103.
2007
「国立民族学博物館における有形文化資源の保存管理体制、そして今後の展望」国際シンポジウム報告書『博物館における保存学の実践と展望―臨床保存学と21世紀の博物館―』独立行政法人国立博物館 東京国立博物館、88-96
2007
「新しい画材:合成樹脂絵具の化学」『化学と教育』日本化学会、vol.55, No.2、72-75
2006
「臭化メチル全廃後の虫害管理:国立民族学博物館の事例から」『文化財の虫菌害』(51)6-14
2005
(With M. Seki, T. Morita, and T. Okayama) A New Technique of Book Papers Strengthening Using Cellulose Derivatives. Restaurator 26: 239–249.
2005
「紙資料の大量強化処理の試み―国立民族学博物館所蔵『英国議会資料』をもとに―」International Course on Conservation of Japanese Paper 2004, pp.86–88. Tokyo: National Research Institute for Cultural Properties.
2005
Mass Strengthening of Archival and Library Materials — Ongoing Study Based on the “British Parliamentary Papers” in the Collection of National Museum of Ethnology. International Course on Conservation of Japanese Paper 2004, pp.92–94. Tokyo: National Research Institute for Cultural Properties.
2004
(With S. Hidaka, T. Morita, T. Okayama, H. Ohtani, M. Seki, K. Masuda, M. Kanayama and S. Muramoto) New Evaluation Methods of Paper Deterioration: Study of British Parliamentary Papers in the Collection of National Museum of Ethnology, Japan. Durability of Paper and Writing, Proceedings of the International Conference held in November 16–19, 2004, pp.92–94. Ljubljana, Slovenia.
2004
「大型民族学資料の虫害防除法-加温空気を用いたオン・サイト殺虫法-」(森田恒之、園田直子、日髙真吾)『国立民族学博物館研究報告』28(4)、539-570
2003
「博物館・美術館・図書館等におけるIPM―その基本理念および導入手順について―」(木川りか、長屋菜津子、園田直子、日髙真吾、Tom Strang)『文化財保存修復学会誌』47、76-102
2003
「序章」園田直子編『国立民族学博物館調査報告36 合成素材と博物館資料』1-7
2003
「画材としての合成素材」園田直子編『国立民族学博物館調査報告36 合成素材と博物館資料』29-50
2003
「博物館資料を対象にしたときの合成素材の分析法―フーリエ変換赤外分光分析(FTIR) と熱分解ガスクロマトグラフィー(PyGC)の可能性」園田直子編『国立民族学博物館調査報告36 合成素材と博物館資料』173-182(柘植新と共著)
2003
「新旧"パラロイドB72"の比較分析」園田直子編『国立民族学博物館調査報告36 合成素材と博物館資料』183-194(柘植新と共著)
2003
「CD-ROMを保存科学に応用する可能性―「繊維製品の保存マニュアル」を作成して」大森康宏編『国立民族学博物館調査報告35 マルチメディアによる民族学』、37-47
2001
「映画フィルムの保存に関する研究の動向」『国立民族学博物館』26(2),259-280,国立民族学博物館。
2001
「絵画の修復とハイテク 名画に隠された秘密を探る」文化財保存修復学会編『伝統に生かすハイテク技術 文化財の保存と修復3』39-47,クバプロ。
2000
(With J-P. Rioux, A. Duval and M. Dubus) Caracterisation des materiaux d’art contemporain — Liants et pigments synthetiques. In J. Goupy and J.P. Mohen (eds.) Art et Chimie — La couleur, Actes du Congres, pp.105–110. Paris: CNRS Edition.
2000
「映画用フィルムの保存」大森康宏(編著)『影絵からマルチメディアへの民族学 ― 進化する映像』pp.50-51
2000
「フランスの博物館・美術館にみる新しい傾向」『国立民族学博物館調査報告16、新しい展示技法の開発と子どもと博物館のコミュニケーションに関する研究』pp.149-160
1999
Characterization of Organic Azo-Pigments by Pyrolysis-Gas Chromatography. Studies in Conservation 44 (3): 195–208.
1998
Formation des conservateurs et des restaurateurs de niveau universitaire au Japon. Conservation — Restauration des biens culturels, Association des restaurateurs d’art et d’archeologie de formation universitaire 12: 45–51.
1998
Application des methodes chromatographiques pour la caracterisation des peintures alkydes pour artistes. Techne, No.8: La science au service de l’histoire de l’art et des civilisations 8: 33–43.
1997
「合成素材の識別法に関する基礎研究-アルキド絵具を例として-」『国立民族学博物館研究報告』22(2) pp.249-281
1995
「二十世紀の新しい色-合成有機顔料-」『国立歴史民俗博物館研究報告』62 pp.43-60
1995
「スプリンクラー事故で冠水した衣類等に施した緊急保存処置に関する報告-阪神淡路大震災による被災資料の例-」『国立民族学博物館研究報告』20(3) pp.429-453
1994
「素材としての和紙に関する基礎的研究」『国立歴史民俗博物館研究報告』57 pp.1-40
1993
「博物館における防虫黴法の動向」『国立歴史民俗博物館研究報告』50 pp.495-524 (共著者:神庭信幸)
1993
(With J-P. Rioux and A.R. Duval) Identification des materiaux synthetiques dans les peintures modernes. II. Pigments organiques et matiere picturale. Studies in Conservation 38 (2): 99–127.
1992
(With E. Martin and A.R. Duval) Contribution a l’etude des preparations blanches des tableaux italiens sur bois. Studies in Conservation 37 (2): 82–92.
1991
「絵画用絵具の展色剤についてービニル絵具とアクリル絵具の同定の一方法」『国立歴史民俗博物館研究報告』35 pp.409-427
1990
(With J-P. Rioux) Identification des materiaux synthetiques dans les peintures modernes I. Vernis et liants polymeres. Studies in Conservation 35 (4): 189–204.
その他
2013
「特集 はじめに光ありき―資料保存と展示と光」『月刊みんぱく』37(2): 9。
2012
「資料の公開・活用をささえる予防保存―国立民族学博物館での取組みから」『博物館研究』(特集「資料の公開と保存」)47(1): 5‒9。
2012
「第2 章 博物館資料の保存環境2. 4. 生物被害」石崎武志編著『博物館資料保存論』pp. 54‒70, 東京: 講談社。
2012
「民俗・民族資料」財団法人日本博物館協会編『博物館資料取扱いガイドブック―文化財、美術品等梱包・輸送の手引き』pp. 185‒197, 東京: ぎょうせい。
2012
「露出展示における資料の事故分析―国立民族学博物館の事例から」(園田直子、日髙真吾、橋本沙知)『文化財保存修復学会第34回大会in 東京研究発表要旨集』pp. 278‒279, 日本大学文理学部百周年記念館(6月29~30日)。
2012
「過去20年間の生物生息調査からみる捕獲虫の推移と傾向―国立民族学博物館でのゾーニング別分析」(園田直子、日髙真吾、和髙智美)『文化財保存修復学会第34回大会 in 東京研究発表要旨集』pp. 296‒297, 日本大学文理学部百周年記念館(6月29~30日)。
2012
「二酸化炭素処理における梱包材の物理的変化について」(日髙真吾、園田直子、和髙智美、河村友佳子、橋本沙知、雨森久晃、二俣賢、木川りか)『文化財保存修復学会第34回大会 in 東京研究発表要旨集』pp. 304‒305, 日本大学文理学部百周年記念館(6月29~30日)。
2012
「資料の公開・活用をささえる予防保存―国立民族学博物館での取組みから―」『博物館研究』(特集「資料の公開と保存」)47(1): 5‒9。
2012
「第2 章 博物館資料の保存環境 2. 4. 生物被害」石崎武志編『博物館資料保存論』pp. 54‒70, 東京: 講談社。
2011
「7  博物館資料の保存と活用I―保存環境とIPM」