国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

スタッフの紹介

寺田吉孝
寺田吉孝TERADA Yoshitaka
学術資源研究開発センター・教授
専門分野
  • 民族音楽学・南アジア研究
各個研究
  • 音楽・芸能の伝承における映像音響メディアの活用
個人ホームページ 
[写真]チャルメラの一種、ソピレの演奏(クロアチア、2016年)

略歴

ワシントン大学音楽部博士課程修了後、ワシントン大学音楽部講師、ピッツバーグ大学船上大学プログラム講師を歴任。1996年より民博。

専門分野

民族音楽学、インド研究

研究のキーワード

インド(タミル)、フィリピン(マラナオ、マギンダナオ)、アジア系アメリカ、民族音楽学

現在の研究課題

  • マイノリティと音楽
  • グローバル化と南インド古典音楽の変容

所属学会

東洋音楽学会、Society for Ethnomusicology、International Council for Traditional Music、British Forum for Ethnomusicology

主要業績

2008
Music and Society in South Asia: Perspectives from Japan (Senri Ethnological Studies 71). Osaka: National Museum of Ethnology.
2001
Transcending Boundaries: Asian Musics in North America. (Senri Ethnological Reports 22). Osaka: National Museum of Ethnology.
2000
T. N. Rajarattinam Pillai and Caste Rivalry in South Indian Classical Music. Ethnomusicology 44 (3): 460–490.

館外活動(大学教育、社会活動等)

  • 国際伝統音楽学会(ICTM)理事(2013-)
  • 学会誌 Yearbook for Traditional Music 映画・ビデオレビュー編集委員(2014-)
  • 学会誌 Ethnomusicology Forum 国際アドヴァイザリーボード委員(2013-)
  • 学会誌 Asian Music 編集アドヴァイザリーボード委員(2011-)
  • 楽器博物館(アメリカ合衆国フィーニックス市)Museum Associate (2008-11)
  • 特別展 “Big Drum: Taiko in the United States” (全米日系人博物館、アメリカ合衆国ロサンゼルス市)専門家委員(2003-2005)

受賞歴

2000
Jaap Kunst Award (Society for Ethnomusicology, USA)

代表者を務めた研究プロジェクト

経歴詳細

学歴
  • ワシントン大学総合学部学士課程修了(1979)
  • ワシントン大学音楽部修士課程修了(1983)
  • ワシントン大学音楽部博士課程修了(1992)
職歴
  • ワシントン大学音楽部講師(1994)
  • ピッツバーグ大学船上大学プログラム講師(1995)
  • 国立民族学博物館第2研究部助手(1996)
  • 国立民族学博物館民族文化研究部助教授(1998)
学位
  • M.A.(ワシントン大学音楽部民族音楽学科 1983) Ph.D.(ワシントン大学音楽部民族音楽学科 1992)

研究詳細

1)マイノリティと音楽
マイノリティと音楽・芸能の複合的・重層的な関係を解明することを目的とする。これまでの、マイノリティ音楽研究は、マジョリティの存在を非可視化したり、マイノリティのアイデンティティを一元化・固定化したりする傾向があった。これらの問題点を具体的な研究事例にそって検証することによって、マジョリティの視点からではないマイノリティ研究の可能性を探りたい。

2)グローバル化と南インド古典音楽の変容
南インド古典音楽はインド国内だけでなく、欧米・アジアのインド人コミュニティなどにおいても活発な演奏活動が行われている。本研究は、インド国内外の複数地域で調査を行うことにより、これまで地域ごとに考察されてきた南インド音楽の実践を、グローバルな人的・経済的ネットワークの枠組みの中で統合的に分析することを目的とする。永劫不変のイメージをもつインド古典音楽が、実際にはグローバル化を背景にして、鳴り響く音響としての音楽とそれを支える社会関係の両面で、本質的に変容している点を明らかにしたい。

業績詳細

著書
2016
『音楽からインド社会を知る―弟子と調査者のはざま』臨川書店
出版物紹介
編著書
2016
(with E. Cámara de Landa, M. Isolabella, L. D’Amico) Ethnomusicology and Audiovisual Communication: Selected Papers from the MusiCam 2014 Symposium. Valladolid: Universidad de Valladolid. 236pp.
2016
An Audiovisual Exploration of Philippine Music: The Historical Contribution of Robert Garfias (Senri Ethnological Reports 133) Osaka: National Museum of Ethnology. 124pp
2010
Double-reed Instruments in Eurasia: History, Context and Representation. Symposium proceedings (National Institutes for the Humanities), pp.105.
2008
Music and Society in South Asia: Perspectives from Japan (Senri Ethnological Studies 71), pp.284. Osaka: National Museum of Ethnology.
2007
Authenticity and Cultural Identity: Performing Arts in Southeast Asia (Senri Ethnological Reports 65), pp.184. Osaka: National Museum of Ethnology.
2001
Transcending Boundaries: Asian Musics in North America. (Senri Ethnological Reports 22). Osaka: National Museum of Ethnology.
研究論文
2016
On Making Drumming out a Message: Filmmaking and Marginalized Communities. In E. Cámara de Landa, M. Isolabella, L. D’Amico and Y. Terada (eds.) Ethnomusicology and Audiovisual Communication: Selected Papers from the MusiCam 2014 Symposium, 71-83. Valladolid: Universidad de Valladolid.
2016
Introductory Notes. (with Enrique Cámara de Landa) In E. Cámara de Landa, M. Isolabella, L. D’Amico and Y. Terada (eds.) Ethnomusicology and Audiovisual Communication: Selected Papers from the MusiCam 2014 Symposium, 9-16. Valladolid: Universidad de Valladolid.
2015
Fusion Music in South India. In V.L.Levine and P.V.Bohlman(eds.) This Thing Called Music: Essays in Honor of Bruno Nettl 433-446. Lanham: Rowman & Littlefield.
2014
The circular flow of South Indian music and dance. In Music and Minorities from Around the World: Research, Documentation and Interdisciplinary Study, U.Hemetek, E.Marks and Reyes(eds.), 47-71. Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars Publishing.
2013
Audiovisual Ethnography of Philippine Music: A Process-oriented Approach. Humanities Diliman 10(1):90-112.
2012
「チャルメラ系楽器の歴史、分布と演奏の場―民博の音楽展示から」笹原亮二編『チャンメラを作る』(人間文化研究機構連携研究報告書)、40-60頁。国立民族学博物館。
2012
Kulintang Music and Filipino American Identity. In U. Hemetek (ed.) Music and Minorities in Ethnomusicology: Challenges and Discourses from Three Continents (klanglese 7), 81-93. Wien: Institut für Volksmusikforschung und Ethnomusikologie.
2011
Rooted as Banyan Trees: Eisa and the Okinawan Diaspora in Japan. In T. Rice (ed.) Ethnomusicological Encounters with Music and Musicians: Essays in Honor of Robert Garfias, 233-247. Surrey: Ashgate.
2010
A Musician as Catalyst for Change: T. N. Rajarattinam Pillai and Nagasvaram Music. Indian Folklife 36: 8-12.
2010
Nagasvaram: A Quintessential Double-reed Instrument of South India. In Y. Terada (ed.) Double-reed Instruments in Eurasia: History, Context and Representation, 39-58. Symposium proceedings (National Institutes for the Humanities).
2008
「音楽・芸能への「思い」は記録できるか?―『大阪のエイサー』の制作と上映をめぐって」沼野充義編『芸術は何を超えていくのか?』(未来を拓く人文・社会科学シリーズ15)37-47頁 東信堂
2008
「南インド音楽におけるリズム的身体」山田陽一編『音楽する身体-<わたし>へと広がる響き』227-247頁 昭和堂
2008
Temple Music Traditions in Hindu South India: Periya Melam and Its Performance Practice. Asian Music 39 (2): 108-51.
2008
Angry Drummers and Buraku Identity: The Ikari Taiko Group in Osaka, Japan. In R. Statelova, A. Rodel, L. Peycheva, I. Vlaeva and V. Dimov (eds.) The Human World and Musical Diversity, 309-315 and 401. Sofia: Bulgarian Academy of Science, Institute of Art Studies.
2008
Tamil Isai as a Challenge to Brahmanical Music Culture in South India. In Y. Terada (ed.) Music and Society in South Asia: Perspectives from Japan, 203-26. Osaka: National Museum of Ethnology.
2005
Performing Auspiciousness: Periya Melam Music in South Indian Marriage Ceremony. Wacana Seni (Journal of Arts Discourse) 4: 103-138.
2002
「タイコにみる伝統の創造 ─ 日系アメリカ人の新しい音楽」ハルミ・ベフ編『日系アメリカ人の歩みと現在』205-228頁 人文書院
2001
Shifting Identities of Taiko Music in North America. In Y. Terada (ed.) Transcending Boundaries: Asian Musics in North America (Senri Ethnological Reports 22), 37-60. Osaka: National Museum of Ethnology.
2000
T.N.Rajarattinam Pillai and Caste Rivalry in South Indian Classical Music. Ethnomusicology 44(3): 460-490.
2000
Asian Music in a Globalizing World. Japan Echo 27 (4): 55-59. A French translation of this article appeared as “La musique asiatique dans un monde sans frontieres.” Cahiers du Japon 86: 42-46.
1999
「自分を確かめるための音楽」中牧弘允編 『越境する音楽』18-23頁 千里文化財団
1997
「カースト競合の場としてのカリスマ的演奏家―ラージャラッティナム・ピッライと南インド古典音楽文化」『国立民族学博物館研究報告』22(2): 283-325
1996
Variational and Improvisational Techniques of the Gandingan Playing in the Magindanaon Kulintang Ensemble. Asian Music 27 (2): 53-79.
1996
Effects of Nostalgia: The Discourse of Decline in Periya Melam Music of South India.『国立民族学博物館研究報告』21(4): 921-939.
1990
「南インドの儀礼音楽-ペリヤ・メーラムの寺院および家庭儀礼における役割について」水野信男編『儀礼と音楽I-世界宗教・民俗宗教編』235-261頁 東京書籍
エッセイなど
2017
“Danny Kalanduyan was a kind and caring friend.” International Examiner 44(1):13.
2016
「民博スタイルの民族誌映画」『月刊みんぱく』40(12):6-7.
2016
「マイノリティ」増野亜子編『民族音楽学12の視点』102-112頁 音楽之友社
2016
「リズム」増野亜子編『民族音楽学12の視点』19-21頁 音楽之友社
2016
「映像音響メディアと民族音楽学」『民博通信』152: 28
2016
「ジェンダーを超える踊り−ナルタキ・ナタラージ」『月刊みんぱく』40:18-19
2015
「受けつがれる「クリンタン」(みんぱく世界の旅 民族音楽(4))」『毎日小学生新聞』(8月15日)
2015
「世界で人気 インドのおどり(みんぱく世界の旅 民族音楽(3))」『毎日小学生新聞』(8月8日)
2015
「西アジアから広がるチャルメラ(みんぱく世界の旅 民族音楽(2))」『毎日小学生新聞』(8月1日)
2015
「入手困難な和太鼓の材料(みんぱく世界の旅 民族音楽(1))」『毎日小学生新聞』(7月25日)
2014
「旅いろいろ地球人―北米のタイコ音楽(組織(5)」『毎日新聞』夕刊(10月23日)
webページ
2014
「楽器」国立民族学博物館編『世界民族百科事典』480-481頁。丸善出版
2013
「旅いろいろ地球人―音楽を「語る」(映画(5))」『毎日新聞』夕刊(9月19日)
webページ
2013
「旅いろいろ地球人―虫の知らせ(音の響き(4))」『毎日新聞』夕刊(7月18日)
webページ
2012
「旅いろいろ地球人―インドの爽やかな朝(鉄路叙景(8))」『毎日新聞』夕刊(12月20日)
webページ
2012
「みんぱく私の逸品―ナーガスワラム」『月刊みんぱく』36(7): 21.
2012
「旅いろいろ地球人―ギターか妻か」『毎日新聞』(6月14日)
webページ
2012
「音楽がおこす小さな奇跡」『研究者34人に聞く あなたにとって美しいものとは―美しき世界を見る34の異なる視線』58-59頁 総合研究大学院大学
2011
「像榕树一样扎根:“涘咦徹”(Eisa) 与散居在日本的冲绳人」阮云星・韓敏編『政治人类学:亚洲田野与书写』124-136頁 浙江大学出版社
2011
「艺能之思绪尽可录制吗?―以日本冲绳民乐 团体記录片例」阮云星・韓敏編『政治人类学:亚洲田野与书写』303-308頁 浙江大学出版社
2011
「音楽のパフォーマティヴな実践と共同性」『民博通信』133: 16-17
2011
「旅いろいろ地球人―ことばの達人、会話を楽しむ術」『毎日新聞』(6月9日)
webページ
2011
「World watching from Arizona―MIM楽器博物館」『みんぱくe-news』116号
2010
「なぜマイノリティは音楽に関わるのか」『民博通信』129: 22-23.
2010
「「世界最大」の音楽シーズン」『月刊みんぱく』34(12): 20-21
2010
「グローバル化とインド音楽-「環流」する母国の伝統」神奈川新聞(11月22日)
2010
「新音楽展示への誘い」『月刊みんぱく』34(8): 2-4
2010
「チャルメラ-演じる音」『月刊みんぱく』34(8): 7-8
2009
「ズルナを聴くしあわせ」『月刊みんぱく』33(10): 8-9
2009
「ミンダナオ島にゴング音楽を求めて」『月刊みんぱく』33(2): 22-23
2008
「砂漠のなかのグローバル楽器博物館」 『月刊みんぱく』32(8): 10‐11
2008
Globalization and South Indian Music. Minpaku Anthropology Newsletter 26: 8-10.
2008
Introduction. In Y. Terada (ed.) Music and Society in South Asia: Perspectives from Japan, 1-15. Osaka: National Museum of Ethnology.
2008
「芸能への思いを記録する-『大阪のエイサー』の制作をめぐって」『民博通信』120:14-15
2007
「南インドの都市の音楽」『毎日新聞』夕刊(10月17日)
2007
「手がつくるリズム-南インド古典音楽におけるターラの実践」徳丸吉彦、高橋悠治、北中正和、渡辺裕編『事典-世界音楽の本』39-44頁 岩波書店
2007
Introduction. In Y. Terada (ed.) Authenticity and Cultural Identity: Performing Arts in Southeast Asia, 1-8. Osaka: National Museum of Ethnology.
2006
CD Review. Inde du Sud: O.K. Subramaniam: Le nagaswaram dans la tradition carnatique/Southern India: O.K. Subramaniam: Nagaswaram in the Carnatic Tradition. Ethnomusicology 50(3): 522-524.
2006
「ゴング音楽とアラック・ヤーン」『月刊みんぱく』30(10): 18-19
2005
「カンボジア少数民族の朝ごはん」『季刊民族学』113: 66-67
2005
「フィリピンのゴング音楽と黒魔術」『月刊みんぱく』29(8): 6-7
2005
「音楽家のサリー」杉本良男・三尾稔編『魅惑のサリー』60頁 千里文化財団。
2003
「越境する抵抗のシンボル ― フィリピン系アメリカ人によるクリンタン音楽の流用」」『民博通信』103:7-9
2003
CD Review. Tribute, by T. Viswanathan and Vijayawada 1966: Voleti and Friends. Ethnomusicology 47(1): 138-140. (with Gayathri Rajapur Kassebaum).
2002
「演じられる人種、ジェンダー、セクシュアリティー ─ ニューヨークのアジア系アメリカ演劇から」『民博通信』98: 29-32
2001
「報告」Chubu Institute for Advanced Studies, Studies Forum Series 9: 64-67 中部高等学術研究所
2001
「カンボジアの影絵芝居」菊間潤吾監修『インドシナの珠玉』134-136頁 新潮社
2001
ひと サムアン・サムさん」『民博通信』94: 53-54
2001
Introduction. In Y. Terada (ed.) Transcending Boundaries: Asian Musics in North America, 1-7. Osaka: National Museum of Ethnology.
2000
Book Review. Gongs and Bamboo: A Panorama of Philippine Music Instruments, by Jose Maceda. Yearbook for Traditional Music 32: 190-191.
2000
「アメリカ合衆国の巡回展示プログラム ─ スミソニアン協会のサイツをめぐって」端信行編『新しい展示技法の開発と子供の博物館のコミュニケーションに関する研究』161-173頁 国立民族学博物館
2000
「ひと ロベルト・ガルフィアスさん」 『民博通信』 87: 60-61
1999
「ブリンダのこと」『民博通信』86: 97-103
1999
Book Review. Tyagaraja and the Renewal of Tradition: Translations and Reflections, by William Jackson. 『音楽学』44(2): 131-135
1998
「越境する音楽-北アメリカのアジア音楽を考える」『民博通信』81: 61-68
1997
「フィリピン系アメリカ人が奏でるゴング音楽の響き」『民博通信』77: 4-19
1994
CD Review. Vadya Lahari: South Indian Instrumental Ensemble. Ethnomusicology 38 (3): 559-561. (with Gayathri Rajapur Kassebaum).
映像番組制作など
2016
『ネパールの伝統音楽 パンチャイ・バージャ』(16分)
2016
『アリラン峠を越えていく―在日コリアン音楽の今』(マルチメディア番組、日本語版)/ Over the Arirang Pass: Zainichi Korean Music Today(マルチメディア番組、英語版)
2015
『ネパール 都市の結婚式』(29分)
2015
『ネパール 山村の結婚式』(28分)
2015
『カトマンドゥ盆地の30年』(26分)
2015
『ネパールの金細工』(20分)
2015
『フィリピン北部バルバラサン村の音楽とくらし』(日本語、26分)Music in the Life of Balbalasang: A Village in the Northern Philippines(英語、26分)、Musika iti biag ti baryo Balbalasang,amianan ti Pilipinas(イロカノ語、26分)
2015
DVD『みんぱく映像民族誌 第17集:沖縄のエイサー、大阪のエイサー』
2014
『祝いの音、勝利の記憶-フィリピン・ルソン島山地民の結婚式』(日本語、25分)、Sounds of Bliss, Echoes of Victory: A Kalinga Wedding in the Northern Philippines(英語、25分)、Kasar iti Tabuk(イロカノ語、25分)
2014
Guitars of Puerto Rico(英語、66分)
2014
Guitars of Portugal(英語、47分)
2013
『遠い記憶、呼び覚す声-ダナンマル家の南インド古典声楽』(マルチメディア番組、日本語)、Voices of Distant Memories: South Indian Classical Music of the Vina Dhanammal Lineage(マルチメディア番組、英語)
2013
Valencia's Virgin Mary Festival and the Dulzaina(英語、22分)
2013
La Festival de Virgen Maria y el Dulzaina(スペイン語、22分)
2013
The Maranao Culture at Home and in Diaspora(英語、34分)
2013
Olaola o Meranao sa Inged a go sa Kiaparakan Kiran(マラナオ語、34分)
2013
DVD『みんぱく映像民族誌 第8集:怒-大阪浪速の太鼓集団』
2013
DVD『クリンタン音楽の至宝-マイモナ・カダー』(日本語)、Maimona Cadar: A Master Kolintang Player from the Philippines(英語)、Maimona Cadar: Malim sa Kakoolintang a Meranao(マラナオ語)
2012
Kulintang: Gong Music from Mindanao in the Southern Philippines(英語、22分)
2012
Kakoolintang o Manga Meranao(マラナオ語、22分)
2011
『音楽展示エンサイクロペディア』
2011
DVD『みんぱく映像民族誌 第3集:世界のチャルメラ』
2011
Angry Drummers: A Taiko Group from Osaka, Japan(英語、85分)
2011
Taiko in North America(英語、15分)
2010
『怒-大阪浪速の太鼓集団』(85分)
2010
『フィリピンのゴング音楽』マルチメディア番組
2010
Sbaek Thomm: The Large Shadow Puppet Theater of Cambodia(英語、クメール語、各25分)
2010
Sbaek Tauch: The Small Shadow Puppet Theater of Cambodia(英語、クメール語、各16分)
2010
Lkhaon Khaol: A Cambodian Mask Play(英語、クメール語、各16分)
2009
『クリンタン-フィリピン・ミンダナオ島のゴング音楽』(22分)
2009
『トルコのお菓子ヘルヴァ』(15分)
2009
『トルコの管楽器ズルナ』(33分)
2009
『バレンシアの聖母マリア誕生祭と管楽器ドゥルサイナ』(22分)
2008
『トルコの音楽と影絵芝居』(マルチメディア番組)
2008
『ブルガリアのズルナ奏者たち』(マルチメディア番組)
2008
『スペイン東部のダブルリード楽器』(マルチメディア番組)
2008
『神につながる音-ブルガリアのズルナ奏者サミール・クルトフ』(39分)
2008
Samir Kurtov: A Zurna Player from Bulgaria(英語、39分)
2008
Виртуозът на зурната-българинът Самир Куртев(ブルガリア語、39分)
2008
Basavanna: The Folk Cow Theater of South India(英語、34分)
2008
『牛が演じるラーマーヤナ-南インド・カルナータカ州のバサヴァンナ』(34分)
2008
『南インド・ヒンドゥーの結婚式』(28分)
2007
『南インドの儀礼と音楽』(マルチメディア番組)
2007
『カンボジアの少数民族』(マルチメディア番組)
2007
カンボジア少数民族-儀礼とゴング音楽」(34分)
2007
カンボジア少数民族-村のくらし」(33分)
2007
カンボジア少数民族-クルンの動物供犠」(39分)
2005
Drumming out a Message: Eisa and the Okinawan Diaspora in Japan(英語、75分)
2003
大阪のエイサー-思いの交わる場』(75分)
2003
『浜比嘉島のエイサー-沖縄の旧盆』(85分)
2002
Brahmaユs Arrow: An Episode from Cambodian Ramayana(英語、143分)
2002
Master of Cambodian Shadow Puppet Play(英語、40分)
2002
Sbaek Thomm: Large Shadow Puppet Theater of Cambodia(英語、25分)
2001
『リアムケー物語』(56分)
2001
『スバエク・トム-リアムケー物語』(全7巻、約16時間)
2001
『カンボジアの影絵芝居の師』(40分)
2001
『ルカオン・カオルーカンボジアの仮面劇』(16分)
2001
『スバエク・トーイーカンボジアの小型影絵芝居』(16分)
2001
『スバエク・トムーカンボジアの大型影絵芝居』(25分)
2001
『カンボジアの音楽と芸能』(マルチメディア番組)
1999
『海を渡った和太鼓』特別展示用ビデオ番組(15分)
1999
『関西のエイサー』特別展示用ビデオ番組(18分)
映像番組への評価
2016
Review essay of Angry Drummers: A Taiko Group from Osaka, Japan (2010) by Ravindran Gopalan, “Understanding Angry Drummers with Vertov, Deleuze and Guattari and Giddens.” In Tamilc Cilambu, edited by R. Kalaivani and N. Saravanan, 203-210. Chennai: Anaittindiya Arayicci Karaham.
2016
『みんぱく映像民族誌 第17集:沖縄のエイサー、大阪のエイサー』遠藤美奈『東洋音楽研究』81号 193-196頁
2016
Review of Sbaek Thomm: The Large Shadow Puppet Theater of Cambodia (2009), Sbaek Tauch: The Small Shadow Puppet Theater of Cambodia (2009), and Lkhaon Khaol: A Cambodian Mask Theater (2009) by Stephanie Khoury. Ethnomusicology Forum 25(1): 141-142.
2015
Review of Sounds of Bliss, Echoes of Victory: A Kalingas Wedding in the Northern Philippines (2014) and Music in the Life of Balbalasang: A Village in the Northern Philippines (2015), by Maria Christine Muyco. Humanities Diliman 13(1): 153-158.
2015
「怒―大阪浪速の太鼓集団」増野亜子『東洋音楽研究』80号 114-116頁
2013
Review of Samir Kurtov: A Zurna Player from Bulgaria, by Svanibor Pettan. Yearbook for Traditional Music 45: 285-286.
2013
Review of Angry Drummers: A Taiko Group from Osaka, Japan by Deborah Wong. Asian Music 44(1): 155-158.
2012
Review of Angry Drummers: A Taiko Group from Osaka, Japan by Lei Ouyang Bryant. Ethnomusicology 56(3): 563-565.
2012
Review of Angry Drummers: A Taiko Group from Osaka, Japan by Adam Broinowski. Asia Studies Review 36(4): 560-562.
2012
Review of Drumming out a Message: Eisa and the Okinawan Diaspora in Japan, by Miyume Tanji. Asian Studies Review 36(1): 105-117.
2011
「怒―大阪浪速の太鼓集団」岸政彦『部落解放』5月号(645号)76-77頁
2011
Review of Angry Drummers: A Taiko Group from Osaka, Japan by Wynn Kiyama. Yearbook for Traditional Music 41: 263-264.
2010
Review of Samir Kurtov: A Zurna Player from Bulgaria, by Timothy Rice. Ethnomusicology 54(1): 178-181.
2009
Review of Drumming out a Message: Eisa and the Okinawan Diaspora in Japan, by David W. Hughes. Ethnomusicology Forum 18(2): 289-291.
2009
Review of Drumming out a Message: Eisa and the Okinawan Diaspora in Japan, by Matt Gillan. Yearbook for Traditional Music 41: 258-259.
2009
Review of Drumming out a Message: Eisa and the Okinawan Diaspora in Japan, by Ricardo Trimillos. Asian Music 40(2): 161-5.
2007
Review of Drumming out a Message: Eisa and the Okinawan Diaspora in Japan, by Junko Oba. Ethnomusicology 51(1): 173-175.
研究公演
2015
「時を超える南インドの踊り」企画、司会、解説 (11.22)
webページ
2014
「アリラン峠を越えていく―在日コリアン音楽の今」企画(7.20)
webページ
2012
「遠い記憶、呼びさます声―ダナンマル家の南インド古典音楽」企画、司会、解説(10.14)
webページ
2010
「揺さぶる力―大阪浪速の太鼓打ち」企画、司会、解説(8.28)
webページ
2010
「スロライと太平簫(テピョンソ)―カンボジアと韓国のチャルメラ音楽」企画、司会、解説(8.14)
webページ
2010
「アフリカン・ポップスの響き―ニャマ・カンテとジェリドン」企画、司会(7.18)
webページ
2010
「トランシルヴァニアの舞踊と音楽」企画、司会(6.27)
webページ
2007
「百色の音―北インドのサーランギー」企画、司会(10.8)
webページ
2006
「天空のつばさ ~南タイの伝統芸能 ノーラー~」企画、司会(10.22)
webページ
2005
「マンガラ・イサイ─南インドの儀礼音楽」企画、司会、解説(9.10)
webページ
2003
「音を合わせる、音で合わせる アイオン・ア・ガンディン―南フィリピンのゴング音楽クリンタン」企画、解説、演奏(10.26)
webページ
2003
「遠方的風─中国古箏音楽の新しい流れ」企画、解説(2.16)
webページ
2001
「静寂の雅─台湾の南管音楽」企画、解説(5.26)
webページ
2000
「カンボジア伝統舞踊の一世紀─映像と実演」企画、解説(8.5)
webページ
1999
「エイサー―関西に根づいた沖縄芸能―」司会、解説(11.7)
webページ
1999
「ソンブレロの楽師たち─マリアッチと民族舞踊」(10.9)解説
webページ
1997
「クリンタン―海を渡ったミンダナオの響き」企画、解説、演奏(10.10)
webページ
口頭発表等
2017
講演 “The making of Angry Drummers.” マドラス大学「メディアと社会」セミナーシリーズマドラス大学(インド、チェンナイ)(1.7)
2017
講演 “Challenges for traditional art forms in changing times: A look at shadow puppetry in Cambodia.” Indian National Trust for Art and Cultural Heritage(インド、チェンナイ)(1.2)
2016
研究発表 “Safeguarding Cambodian shadow puppet theater through audiovisual media.” マドラス音楽院 第90回音楽会議(インド、チェンナイ)(12.26)
2016
「民族音楽学の考え方」ウィークエンドサロン(12.11)
2016
パネリスト シンポジウム『民族誌映画にみる文化への視点-台湾、日本、ノルウェー、エチオピアの作品より』国立民族学博物館 (11.13)
2016
研究発表“Safeguarding the shadow puppet theater of Cambodia.” 国際学術会議 The Role of the Gorogly Epos in the World Culture、国立トルクメニスタン博物館(トルクメニスタン、アシガバート)(11.3)
2016
講演「音楽からインド社会を知る」NHK文化センター梅田教室(大阪)(9.24)
2016
講演「音楽からインド社会を知る―弟子と調査者のはざま」カレッジシアター『地球探求紀行』あべのハルカス(大阪)(9.14)
2016
講演“Audiovisual media and safeguarding endangered performing arts” 民族学・フォークロア研究所(クロアチア、ザグレブ)(9.1)
2016
研究発表“Practicing audiovisual ethnomusicology with marginalized communities.” 国際伝統音楽学会「映像音響民族音楽学」研究グループ、第1回国際大会、リュブリャナ市立博物館(スロヴェニア、リュブリャナ)(8.25)
2016
研究発表“Beyond the Sulu Zone: Presenting gong music to an East Asian museum public.” In Panel, Extending Sightlines and Soundlines: The Gong-chime of the Sulu Zone. AAS-in-ASIA Conference, 同志社大学(京都、日本)(6.24)
2016
研究発表“'Indian culture does not exclusively emanate from India': “Circular flow” and Indian diasporic culture” 国際シンポジウム Absences, Silences and the Margin: Restructuring Indian Diaspora Studies マノンマニアム・スンダルナル大学社会学部(インド、カンニャークマリ)(1.7)
2015
講演「南インド社会と音楽」第10回無形文化遺産理解セミナー 堺市博物館(2.21)
2015
研究発表“Safeguarding intangible cultural heritage: Process-oriented applications of audiovisual media.” アジア太平洋無形文化遺産国際研究センター(IRCI)国際専門家会議、イスラム芸術博物館(マレーシア、クアラルンプール)(1.26)
2015
研究発表“The music cultures of the marginalized communities.” マドラス大学「メディアと社会」セミナーシリーズ(インド、チェンナイ)(1.2)
2014
研究発表“On making Drumming out a Message: Filmmaking and marginalized communities.” MusiCam 2014: International Conference on Visual Ethnomusicology バリャドリッド大学(スペイン、バリャドリッド)(11.5)
2014
報告“Recent documentation projects at the National Museum of Ethnology.” Laon-Laon Forum and Conference-Workshop on Preservation of Music Heritage in Asia フィリピン大学民族音楽学センター(フィリピン、ディリマン)(10.16)
2014
講演「島々に響く青銅と竹の音―フィリピンの伝統音楽」カレッジシアター『喜味屋たまごの地球探究紀行』あべのハルカス(大阪)(9.17)
2014
講演「人生は音楽の調べとともに―移り変わるインドの結婚式」カレッジシアター『喜味屋たまごの地球探究紀行』あべのハルカス(大阪)(6.11)
2014
講演「演じる音―チャルメラの音に集う人々」カレッジシアター『喜味家たまごの地球探究紀行』あべのハルカス(大阪)(4.9)
2014
研究発表“A Process-oriented applications of audiovisual media in safeguarding intangible heritage.” 国際シンポジウム Safeguarding the Intangible: Cross-cultural Perspectives on Music and Heritage ゴールドスミス大学(イギリス、ロンドン)(2.20)
2014
講演「フィリピン(系アメリカ)音楽とは何か?―アイデンティティ交渉の場としてのゴング音楽」上智大学アジア文化研究所 「旅するアジア」第5回講演会(1.10)
2013
講演「チャルメラ―郷愁の音、異界の音」立花市民大学(尼崎市立立花公民館)(12.20)
2013
研究発表「トロント市における南インド舞踊の実践」東洋音楽学会 第64回大会 静岡文化芸術大学(浜松)(11.10)
2013
パネリスト 国際伝統音楽評議会 第42回世界大会、Minorities, Musicians and Powers、上海音楽院(中国)(7.12)
2013
報告「フィリピンにおける民博映像番組の上映会」連携研究研究会 国立民族学博物館(5.25)
2013
パネリスト シンポジウム「インドを奏でる人びと-その音楽受容と変容」東京音楽大学(1.19)
2013
研究発表“The global distribution and performance contexts of double-reed instruments” マドラス大学(インド、チェンナイ)(1.4)
2012
パネリスト「八代妙見祭のチャンメラの復元をめぐって」東洋音楽学会西日本支部 定例研究会 国立民族学博物館(12.15)
2012
研究発表“Eisa and Okinawan community in Osaka, Japan.” 北スマトラ大学(インドネシア、メダン)(10.31)
2012
コメンテーター 日本民俗学会第64回年会、分科会「マイノリティ文化の伝承と創造-祭りを通して再生される民族(民俗)芸能」東京学芸大学(10.7)
2012
研究発表“A circulatory flow of Indian music and minority nationalism” 国際伝統音楽評議会「音楽とマイノリティ」研究グループ、第7回国際大会(イスラエル、ツファット)(8.9)
2012
解説 みんぱく映画会 インド・クラシック映画特集「『シャンカラバラナム』と南インド古典音楽」国立民族学博物館(8.4)
2012
研究発表“Ethnomusicological approach to the study of Filipino gong music” マドラス大学(インド、チェンナイ)(1.5)
2011
講演「音楽で創る「ふるさと」―北米日系人の居場所とつながり」民博公開講演会『ワタシのIBASHO―新しい「ふるさと」像をもとめて』日経ホール(東京)(11.4)
2011
講演“Drumming for empowerment and social justice” 総研大学生セミナー From Dream to Discovery 総合研究大学院大学(葉山)(10.14)
2011
研究発表“Audiovisual ethnography of Southeast Asian music” フィリピン大学国際シンポジウム Impact of Music in Shaping Southeast Asian Societies フィリピン大学(ケソンシティ、フィリピン)(9.3)
2011
パネリスト Taiko as Social Change、第8回北米タイコ会議、スタンフォード大学(アメリカ合衆国)(8.20)
2011
研究発表“Gong music and Filipino American identity” 連携研究国際シンポジウム「東南アジアにおけるゴングの映像民族誌」、国立民族学博物館(3.15)
2011
研究発表“Buraku taiko: Drumming for empowerment in Japan” および映画上映Angry Drummers: A Taiko Group from Osaka, Japan. マドラス大学ジャーナリズム・コミュニケーション学部「メディアと社会」セミナーシリーズ、チェンナイ、インド(2.28)
2011
「ことばで世界一周―タミル語」国立民族学博物館(1.29)
2010
講演「主張する太鼓」第387回みんぱくゼミナール 国立民族学博物館(8.21)
2010
研究発表“Kulintang and Filipino American Identity.” 6th International Conference of the International Council for Traditional Music (ICTM)‘Music and Minorities’ Study Group. Hanoi, Vietnam.(7.22)
2009
研究発表“Double-reed Aerophones in South Asia: The Case of Nagasvaram.”; International symposium, Double-reed Instruments in Eurasia: History, Context and Representation. Pannasastra University of Cambodia, Phnom Penh, Cambodia.(12.12)
2009
「グローバリゼーションと音楽-移動から環流へ」東洋音楽学会 第60回全国大会、沖縄県立芸術大学(10.17)
2008
研究発表「映像による芸能の民族誌の可能性」フォーラム『映像による芸能の民族誌』国立民族学博物館(10.19)
2008
報告“Music Research and Documentation at the National Museum of Ethnology.”; Laon-Laon: A Forum on Music Research Centers in Asia. フィリピン大学民族音楽学センター(ケソンシティ、フィリピン)。(10.13)
2008
研究発表“Eisa and Okinawan Community in Osaka, Japan.”; および映画上映 Drumming Out a Message : Eisa and the Okinawan Diaspora in Japan. Seminar on Performing Arts and the Empowerment of Marginalized Communities. Department of Mass Media and Communication Studies, Madras University, Chennai, India.(8.20)
2006
研究発表“Drummers on a Different Note: Ikari Taiko Group and Buraku Identity in Osaka, Japan.” 4th International Conference of the ‘Music and Minorities’ Study Group of the International Council for Traditional Music (ICTM), Varna, Bulgaria.(8.31)
2006
上映会「カンボジア少数民族の音の世界」みんぱく映画会 国立民族学博物館(3.5)
2006
講演「南インドの結婚式と音楽」みんぱく公開講演会『世界の伝統芸能・最前線』、国立民族学博物館・毎日新聞社(3.3)
2005
映画試写・解説 Drumming Out a Message: Eisa and the Okinawan Diaspora in Japan. アメリカ民族音楽学会(SEM)第50回年次大会(11.18)
2005
講演「拡大するインド―音楽を通してみる社会変化の諸相」『佐野公民館・あすをひらくゼミナール』泉佐野市立佐野公民館(9.24)
2005
講演「南インド音楽の理論―ラーガとターラ」『インド音楽講座』千里文化財団(9.19)
2004
特別講演「南フィリピンのゴング音楽」第13回日本乳腺甲状腺超音波診断会議(9.11)
2004
研究発表“Fusion Music in South India: Globalization and the Predicament of Classical Music.”; 9th Annual Conference of the Asia Pacific Society for Ethnomusicology (APSE), Pannasastra University, Phnom Penh, Cambodia.(8.26)
2004
講演“Displacement and Music Making: Taiko in North America and Eisa in Mainland Japan.”; International Symposium on Musical Acoustics. 奈良県新公会堂(4.1)
2004
研究発表 「フィリピン系アメリカ人の音楽的ホームランド―クリンタン音楽における真正性と創造性」国際シンポジウム「トランスボーダーの人類学 ― その可能性をさぐって」国立民族学博物館(3.18)
2004
研究発表“Drumming Out a Message: Eisa and the Okinawan Diaspora in Mainland Japan.”; 56th Annual Meeting of the Association for Asian Studies. San Diego, USA.(3.5)
2003
みんぱくサテライト(福岡)「アイオン・ア・ガンディン―南フィリピンのゴング音楽クリンタン」解説、演奏(11.2)
2003
オーガナイザー、国際シンポジウム「東南アジアの音楽・芸能 ─ 真正性と文化的アイデンティ ティー」(10.23-26)
2002
講演「フィリピン南部のゴング音楽」HEP FIVE学習塾(11.15)
2002
上映会 Sbaek Thomm: Shadow Puppet Theater of cambodia. 47th Annual Conference of the Society for Ethnomusicology (Estes Park, Colorado, USA)(10.24)
2002
研究発表「ぺリヤ・メーラム音楽の伝承形態」日本南アジア学会 東京外国語大学(10.6)
2002
講演「ミンダナオ島の音楽~ゴングと太鼓のアンサンブル」国立民族学博物館友の会(9.7)
2002
講演「カンボジアとインドネシアの仮面芸能」アジアンワールド・イン・グランシップ(8.25)
2002
講演「多様化するアジア系アメリカ人の音楽とアイデンティティ」佐野公民館民族学講座(7.27)
2001
パネリスト“Taiko in the North American Arts Community/Pop Culture/Art & Entertainment.”; 2001 National Taiko Conference. JACCC, Los Angeles.(6.30)
2001
コメンテーター Seminar on Education and Protection of Cultural Heritage in South Eastern Europe. United Nations University, Tokyo.(3.23)
2001
研究報告「アジア音楽の高次情報~民族音楽学からの視点」総研大国際シンポジウム「21世紀のゲノム科学」はまぎんホールビアマーレ(横浜)(3.17)
2000
研究発表“The Tamil Music Movement: A Challenge to Brahmanical Music Culture in South India.”; 45th Annual Conference of the Society for Ethnomusicology, Toronto, Canada.(11.3)
2000
研究発表“Eisa and Okinawan Diasporic Identity.”; 2nd Regional Taiko Gathering. Seattle Central Community College, Seattle, USA.(10.14)
2000
研究発表“Asian Diaspora and Identity Music.”; International Seminar, Forum International des Arts Traditionnels sponsored by Centre Culturel Francais, Jakarta, Indonesia.(5.4)
1999
パネリスト『フィールドワークのあり方』東洋音楽学会 第50回年次大会 東京学芸大学(10.16)
1999
研究発表“A Battle over Language and Caste: Historical Representation and Music Organizations in South India.”; 35th World Conference of the International Council for Traditional Music. 広島市立大学(8.21)
1999
講演「ミンダナオ島ムスリムの音楽文化」第4回フィリピン研究会全国フォーラム 大阪外国語大学(7.18)
1997
パネリスト“How to Recruit Friends and Supporters of Asian Music.”; 3rd Annual Conference of Asia Pacific Society for Ethnomusicology. Mahasarakham, Thailand.
1996
パネリスト「東洋音楽研究の対象と方法をめぐって」東洋音楽学会 第47回年次大会 昭和女子大学(10.13)
1996
研究発表“The Instruments and Music of the Kulintang Ensemble.”; International Symposium, “Issues in Contemporary Filipino and Filipino American Culture,”; Seattle, Washington, USA.(5.25)
1992
研究発表“Nostalgia and Discourse of Decline in South Indian Periya Melam Music.”; 37thAnnual Conference of the Society for Ethnomusicology, Bellevue, WA, USA.(10.23)
1991
研究発表“Performance Contexts of Periya Melam Music in Tamil Nadu.”; 20th Annual Conference on South Asia, Madison, WI, USA.(10.31)
1990
研究発表“A Charismatic Musician as a Site of Legitimation: Social Memory and Identity in South Indian Music.”; 35thAnnual Conference of the Society for Ethnomusicology, Oakland, CA, USA.(11.11)
1990
研究発表“T. N. Rajarattinam Pillai: A Polysemic Symbol of South Indian Music.”; 42ndAnnual Conference of the Association for Asian Studies, Chicago, USA.(4.8)
展示活動
2001
新着資料展示「クメール文化の華─カンボジアの音楽と芸能」(2001.8.24-2002.2.17)(福岡正太、サムアン・サムと共同)
上映会
Music in the Life of Balbalasang: A Village in the Northern Philippines(2014年制作)
2015
第5回国際民俗音楽映画祭(ネパール、カトマンズ)11.27
◇ 『フィリピン北部バルバラサン村の音楽とくらし』/ Music in the Life of Balbalasang: A Village in the Northern Philippines / Musika iti biag ti baryo Balbalasang,amianan ti Pilipinas(日本語版、英語版、イロカノ語版、2014年制作)
2015
国際伝統音楽評議会第43回世界大会(カザフスタン、アスタナ)7.21
2015
フィリピン大学ディリマン校アジアセンター(フィリピン、ケソンシティ)2.7
2015
フィリピン大学バギオ校(フィリピン、バギオ)2.5
2015
TALAゲストハウス(フィリピン、バギオ)2.4
2014
撮影現地上映会、聖ポール教会(フィリピン、バルバラサン)10.19
2014
ラオンラオン会議、フィリピン大学ディリマン校(フィリピン、ケソンシティ)10.16
◇ 『祝いの音、戦いの記憶―フィリピン・ルソン島山地民の結婚式』/ Sounds of Bliss, Echoes of War: A Kalingas Wedding in the Northern Philippines / Kasar iti Tabuk(日本語版、英語版、イロカノ語版、2014年制作)
2015
国際伝統音楽評議会第43回世界大会(カザフスタン、アスタナ)7.21
2015
フィリピン大学ディリマン校アジアセンター(フィリピン、ケソンシティ)2.7
2015
フィリピン大学バギオ校(フィリピン、バギオ)2.5
2015
TALAゲストハウス(フィリピン、バギオ)2.4
2014
フィリピン人類学会(UGAT)第36回大会、セントルイス大学(フィリピン、バギオ)10.24
2014
撮影現地上映会(フィリピン、タブク)10.21
2014
ラオンラオン会議、フィリピン大学ディリマン校(フィリピン、ケソンシティ)10.16
2014
国際伝統音楽評議会「音楽とマイノリティ」研究会 第8回大会、国立民族学博物館 7.20
Guitars of Puerto Rico
2014
第4回国際民俗音楽映画祭(ネパール、カトマンズ)11.28
Valencia's Virgin Mary Festival and the Dulzaina(2013制作)
2014
第4回国際民俗音楽映画祭(ネパール、カトマンズ)11.28
◇ Kulintang: Gong Music from Mindanao in the Southern Philippines(2011年制作)
2013
フィリピン大学バギオ校(フィリピン、バギオ)3.7
2013
フィリピン大学ディリマン校(フィリピン、マニラ)3.5
◇ The Maranao Culture at Home and in Diaspora(2013年制作)
2013
第3回国際民俗音楽映画祭(ネパール、カトマンズ)11.23
2013
フィリピン大学バギオ校(フィリピン、バギオ)3.7
2013
コミュニティ上映会、バランガイ647(フィリピン、マニラ)3.6
2013
フィリピン大学ディリマン校(フィリピン、マニラ)3.5
◇ 「怒―大阪浪速の太鼓集団」(2010年制作)/ Angry Drummers: A Taiko Group from Osaka, Japan(2011年制作)
2016
シンポジウム『民族誌映画にみる文化への視点―台湾、日本、ノルウェー、エチオピアの作品より』国立民族学博物館 (11.13)
2015
第11回UK太鼓フェスティバル(イギリス、エクセター)7.4
2014
ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(イギリス、ロンドン)2.18
2014
ロンドン大学ゴールドスミス校(イギリス、ロンドン)2.17
2013
大阪人権博物館 9.22
2011
ひらい解放文化祭(宝塚市立ひらい人権文化センター)10.28-29
2011
第8回北米タイコ会議 スタンフォード大学(アメリカ合衆国)8.20
2011
マドラス大学マスメディア・コミュニケーション学部(インド、チェンナイ)2.28
2010
民博共同研究会「マイノリティと音楽の複合的関係に関する人類学的研究」6.19
◇ 「大阪のエイサー―思いの交わる場」(2003年制作)/ Drumming out a Message: Eisa and the Okinawan Diaspora in Japan(2005年制作)
2015
天久ヒルトップ(那覇)1.17
2014
ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(イギリス、ロンドン)2.22
2013
大阪沖縄会館(大阪)3.30
2012
第2回国際民俗音楽映画祭(ネパール、カトマンズ)11.23
2012
北スマトラ大学(インドネシア、メダン)10.31
2009
国際伝統音楽評議会 東アジア音楽研究グループ総会(南アフリカ、ダーバン)7.4
2008
マドラス数学協会(インド、チェンナイ)8.21
2008
マドラス大学マスメディア・コミュニケーション学部(インド、チェンナイ)8.20
2008
国際伝統音楽評議会(ICTM)「マイノリティと音楽」研究会 第5回大会(チェコ共和国プラハ)5.25
2007
沖縄民俗学会(沖縄県立芸術大学)12.22
2007
もとぶ手づくり市(沖縄県もとぶ市)8.19
2007
フロリダ沖縄県人会(アメリカ合衆国フロリダ州)7.1
2007
ワシントンDC沖縄会(アメリカ合衆国、フォールズチャーチ)5.19
2007
グリネル大学・音楽学部(アメリカ合衆国、グリネル)5.3
2007
アイオワ大学・アジア太平洋研究センター(アメリカ合衆国、アイオワ・シティ)5.1
2007
イリノイ大学・東アジア太平洋研究センター(アメリカ合衆国、ウルバナ・シャンペイン)4.26
2005
アメリカ民族音楽学会 第50回年次大会(アメリカ合衆国、アトランタ)11.18
2005
国際研究ワークショップ『伝統芸能の映像記録の可能性と課題』国立民族学博物館 2.21
◇ Samir Kurtov: A Zurna Player from Bulgaria(2008年制作)
2016
国際伝統音楽学会「映像音響民族音楽学」研究グループ、第1回国際大会、リュブリャナ市立博物館(スロヴェニア、リュブリャナ)8.27
2011
第1回国際民俗音楽映画祭(ネパール、カトマンズ)11.25
◇ Sbaek Thomm: The Large Shadow Puppet Theater of Cambodia(2002年制作)
2017
Indian National Trust for Arts and Cultural Heritage(インド、チェンナイ)1.2
2016
マドラス音楽院 第90回音楽会議(インド、チェンナイ)12.26
2016
第6回国際民俗音楽映画祭(ネパール、カトマンズ)11.24
2014
ロンドン大学ゴールドスミス校(イギリス、ロンドン)2.20
2009
パンニャシャストラ大学(カンボジア、プノンペン)1.23
2004
アジア太平洋民族音楽学会(APSE)第9回年次大会(カンボジア、プノンペン)8.26
2002
アメリカ民族音楽学会(SEM)第47回年次大会(アメリカ合衆国、エステス・パーク)10.24