国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

聖地の政治経済学――ユーラシア地域大国における比較研究

研究期間:2013.10-2017.3 代表者 杉本良男

研究プロジェクト一覧

キーワード

聖地、聖俗論、政治経済学

目的

本研究は、聖地の現代的意義について、その多様性と共通性とを明らかにするための比較研究である。その際、聖性の定義に関しては基本的に社会学的・社会人類学的視点に立ち、比較の対象をインド、中国、ロシアに限定し、当該地域における聖地の現代的意義とその歴史的背景について比較検討しようとするものである。西欧近代世界において、宗教伝統は再定義され、それが自己意識化、実体化され、輓近のポスト・モダン状況のもとでさらに再々定義され、イデオロギーとして固定化、原理主義化される事態となっている。こうした現代的状況のなかで聖地は、実体化・イデオロギー化された「伝統宗教」の金城湯池であり、また遺産化・商品化された「消費宗教」の花園である。本研究では、いわゆるユーラシア地域大国、ロシア、中国、インド、における聖地の政治経済学的研究を通じて、宗教の現代的意義を問い直すとともに、西欧主導の聖俗論、宗教論を根本的に再考することが主要な目的である。

2016年度

本年度は共同研究の最終年度にあたり、基本的に成果出版に向けての、予定原稿の概要の発表とコメントをつうじて、相互の認識を調整するための研究会を3回開催する。

【館内研究員】 河合洋尚、韓敏、松尾瑞穂
【館外研究員】 川口幸大、後藤正憲、小林宏至、桜間瑛、高橋沙奈美、前島訓子、望月哲男
研究会
2016年6月26日(日)13:30~18:30(国立民族学博物館 第3演習室)
櫻間暎(東京大学)「創られるロシアのイスラーム聖地―ボルガル遺跡の復興とタタルスタン共和国」
杉本良男(国立民族学博物館)「廃墟の聖地化拾遺」
井田克征(金沢大学)「インドのジーワサマーディ」
全員「これまでの総括と来年度の出版計画について」
2017年2月18日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第2演習室)
松尾瑞穂(国立民族学博物館)「ヒンドゥー聖地の資源――祖先祭祀の隆盛と在地社会の変容」
前島訓子(名古屋大学)「インド『仏教聖地』のヒンドゥー社会」
後藤正憲(北海道大学)「聖なるものはどこにある ?」
杉本良男(国立民族学博物館)「総括――聖なるものの行方」
全員「討論――聖地の政治経済学」

2015年度

本年度は、昨年度に引き続き、インド、ロシア、中国に関する事例研究を各一回と、聖地の場所性と空間性をめぐる横断的な理論的研究の会の一回、計四回研究会を開催する予定である。インド、中国、ロシアにおける各事例研究に関しては、それぞれメンバー外の専門研究者を招き、比較事例を充実させるとともに理論的な進展も図る。また、「聖地」概念に関する理論研究においても、メンバー外の専門研究者を招聘する予定である。これにより、初年度に主に構成メンバーによって定めた研究の方向性をいっそう明確にして、最終年度の成果とりまとめの議論につなげる予定である。

【館内研究員】 河合洋尚、韓敏、松尾瑞穂
【館外研究員】 川口幸大、後藤正憲、小林宏至、桜間瑛、高橋沙奈美、前島訓子、望月哲男
研究会
2015年4月11日(土)14:00~19:00(国立民族学博物館 大演習室)
杉本良男「廃墟の聖地化――南インド・タミルナードゥにおける宗教空間の再編」
全員「中間考察――聖/聖性・場所/空間・巡礼/観光」
全員 今後の研究計画について
2015年6月13日(土)13:00~18:30(東北大学川内南キャンパス文学部棟大会議室(文学部棟2階))
川口幸大(東北大学)「中華民族の聖地と我々の聖地―黄帝・炎帝陵から村開祖の墓まで」
柳沢究(名城大学)「ヴァーラーナシー(インド)における融合寺院に関する研究」(仮)
八木祐子(宮城学院女子大学)コメント1(聖地ヴァーラーナシーについて)
高倉浩樹(東北大学)コメント2(総括的コメント)
全員「討論」
2015年11月29日(日)13:30~18:30(国立民族学博物館 第3演習室)
井上岳彦「「仏教リバイバル」について考える:ポスト社会主義カルムィキアの事象から」
井田克征「聖地と物語:現代インドにおけるマハーヌバーヴ派の事例から」
全員「来年度の活動計画について」
2016年2月29日(日)14:00~18:00(国立民族学博物館 大演習室)
全員「これまでの研究の総括と、成果刊行にむけた今後の研究計画について」

2014年度

本年度は、昨年度に引き続き、インド、ロシア、中国における事例研究を各一回と、俗人の神聖化、故地の聖地化のプロセスとその帰結についての横断的な事例報告を一回、計三回研究会を開催する予定である。インドに関しては、中部マハーラーシュトラ州における女神信仰と、世界遺産ボードガヤーの聖地化の過程と変容についての報告を予定している。中国に関しては、毛沢東信仰、および中国南部における聖地についての報告、ロシアに関しては、聖地研究の理論的検討、およびヴォルガ中流域の信仰形態についての報告を予定している。なお、ロシア関連の研究会は広くロシア研究者に公開したいと考えている。さらに、三地域を横断するかたちで、ガンディー、トルストイ、毛沢東など俗人の神聖化とそれに伴う故地の聖地化について、政治経済学的背景とその帰結について考察する。

【館内研究員】 河合洋尚、韓敏、松尾瑞穂
【館外研究員】 川口幸大、後藤正憲、小林宏至、桜間瑛、高橋沙奈美、前島訓子、望月哲男
研究会
2014年6月14日(土)13:30~19:00(国立民族学博物館 第3演習室)
高橋沙奈美「奇跡の起こる場所:ロシアにおける聖人崇拝の伝統とその現代的諸相に関する予備的考察」
後藤正憲「ものから場所へ:ロシア・チュヴァシの在来信仰をめぐる政治学」
今後の研究計画について
2014年10月4日(土)13:30~19:00(国立民族学博物館 第3演習室)
松尾瑞穂「インド・ヒンドゥー聖地の「宗教産業」と在地社会に関する予備的考察」
前島訓子「インドにおける「仏教聖地」構築の諸相」
今後の研究計画について
2015年1月31日(土)14:00~19:00(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター)
望月哲男「ロシア文化聖地のタイポロジーの試み」
韓敏「近代中国の聖地作り――指導者ゆかりの場所を事例に」
今後の研究計画について

2013年度

平成25年度(1年目)は、2回の研究会を開催する予定である。1回目は、研究代表者が全体の方向性を提示し、その後の全体討論を踏まえて当面の基本方針を定める。2回目は構築論的研究とユーラシア地域大国比較研究の方法論について報告と討論を行う。

【館内研究員】 韓敏、河合洋尚
【館外研究員】 望月哲男、後藤正憲、高橋沙奈美、川口幸大、小林宏至、松尾瑞穂、前島訓子、桜間瑛
研究会
2013年12月7日(土)14:00~19:00(国立民族学博物館 第3演習室)
杉本良男「ユーラシア地域大国における聖地の研究にむけて」
全員「今後の研究計画について」
2014年3月8日(土)13:30~19:00(国立民族学博物館 第3演習室)
河合洋尚「客家『聖地』のポリティクス―同時代世界における華人ネットワークと宗教景観の創造」
小林宏至「客家の物語へ接合するための『聖地』寧化石壁」
総合討論「客家の『聖地』をめぐる政治経済学」
研究成果

本年度は2回の研究会を実施した。第1回目は代表者の杉本が、共同研究全体の趣旨および方向性について述べたのち、自身の南インド、タミルナードゥ州におけるインド津波災害復興過程に関する調査研究についての報告を行った。とくに、被害の大きかった海岸部には重要なキリスト教聖地があり、復興過程で、ヒンドゥー・ナショナリズムの影響を受けて、複雑な展開を見せたことが示された。さらに、神智協会の創設者マダム・ブラヴァツキーにおける「聖地」としてのチベットの象徴的意義について、イデオロギー批判の視座からの検討の可能性が示唆された。2回目は中国客家社会における「聖地」の社会政治的意義について、中国外の華人ネットワークと中国内部における事例報告があり、「聖地」の政治経済学的研究の視座にまで踏み込んだ議論が行われた。今後、「聖地」概念そのものの歴史性、イデオロギー性について一層の検討が必要であることが確認された。