国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

資源化される「歴史」――中国南部諸民族の分析から

研究期間:2014.10-2018.3 代表者 長谷川清

研究プロジェクト一覧

キーワード

歴史、資源化、中国南部

目的

「歴史」を表象、叙述、再編成し資源化する現象は人類社会では普遍的に見られる。近年、中国のインパクトが強まり、日本や世界に多大な影響を及ぼしており、中国に関する関心が高まり、その研究が緊急の課題になっている。また、中国では「中華民族」の一体性が政治的に強調される傾向が顕著である。さまざまな「歴史」の細片をハイブリッドな形で縫合して構築し、それを実利に結びつくものとして「資源化」しがちな傾向が見られる。「歴史」を「資源化」する主体は、各級政府、研究者、知識人、マスメディア、一般民等、複数あり、それらが互いに対立、交渉、妥協しあいながら、資源化の潮流を作り出している。同時に、「歴史」は「資源化」される際に、実用価値的な側面だけでなく、様々な認識主体が自分たちの正当性とアイデンティティの維持を担保しようとして構築される側面をも有する。本研究では、いかなる「歴史」が多様な主体によって、実利の獲得やアイデンティティの維持のため、どのように「資源化」されているのか、エスノ・ローカルな政治社会空間を舞台として批判的・分析的に明らかにする。

2017年度

今年度は2回の研究会を予定する。前年度に引き続き、(1)記録・記憶、(2)神話・伝承、(3)史跡・景観、(4)アイデンティティの問題視角から、それらの相互比較と理論的枠組みの構築に向けた探究を行う。すなわち、自/他の民族イメージや文化表象、集合的記憶のかたち、文化的記憶の諸形式、民族の起源伝承や宗教儀礼を介した歴史認識、都市・農村の歴史的・文化的景観や各種のモニュメント、歴史人物ゆかりの地や史跡、各級政府やそれに連なる知識人による民族の記述のされ方、歴史認識とアイデンティティ、中華ナショナリズムとの関係などをめぐって、個別の民族誌的データに基づく事例研究をもとにした比較検討と議論を行う予定である。
なお、最終年度にあたるため、研究成果の刊行に向けた作業と共同討議を各回の研究会において段階的に進めていく予定である。

【館内研究員】 樫永真佐夫、河合洋尚、韓敏
【館外研究員】 稲村務、上野稔弘、兼重努、瀬川昌久、曽士才、孫潔、高山陽子、塚田誠之、長谷千代子、長沼さやか、野本敬、松岡正子、吉野晃
研究会
2017年7月22日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 大演習室)
孫潔(文教大学)「雲南省元陽棚田地域における景観とその資源化――村民による映像撮影との関わりを中心に」
吉野晃(東京学芸大学)「ミエン(ヤオ)の歴史資源化:湖南省江永県とタイの場合 」
質疑応答
2017年10月28日(土)13:00~18:30(国立民族学博物館 第6セミナー室)
塚田誠之(国立民族学博物館名誉教授)、長谷川清(文教大学)「プロジェクトの成果と論点」
研究成果報告Ⅰ(稲村、兼重、曽、孫、高山、長谷、長沼、野本)
研究成果報告Ⅱ(松岡、吉野、韓、塚田、長谷川、藤井、権、大野、松本)
討論

2016年度

今年度は3回の研究会を予定する。前年度に引き続き、(1)記録・記憶、(2)神話・伝承、(3)史跡・景観、(4)アイデンティティの問題視角から、それらの相互比較と理論的枠組みの構築に向けた探究を行う。すなわち、自/他の民族イメージや文化表象、集合的記憶のかたち、文化的記憶の諸形式、民族の起源伝承や宗教儀礼を介した歴史認識、都市・農村の歴史的・文化的景観や各種のモニュメント、歴史人物ゆかりの地や史跡、各級政府やそれに連なる知識人による民族の記述のされ方、歴史認識とアイデンティティ、中華ナショナリズムとの関係などをめぐって、個別の民族誌的データに基づく事例研究をもとにした比較検討を行う予定である。以上を通じて、多様なエスニック集団、親族・宗族その他の社会集団から構成される、中国の多民族国家としての公共空間における「歴史」の資源化のダイナミクスを明らかにする。あわせて成果刊行に向けた各報告の論点整理と理論的な枠組みの構築を課題とする。

【館内研究員】 樫永真佐夫、河合洋尚、韓敏、塚田誠之
【館外研究員】 稲村務、上野稔弘、兼重努、瀬川昌久、曽士才、孫潔、高山陽子、長谷千代子、長沼さやか、野本敬、松岡正子、吉野晃
研究会
2016年7月9日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 大演習室)
樫永真佐夫(国立民族学博物館)「ベトナム、マイチャウにおけるターイの移住伝承の資源化」
上野稔弘(東北大学)「中国の非漢民族無形文化遺産をめぐるポリティクス-『少数民族非遺藍皮書』を読み解く-」
質疑応答
2016年10月22日(土)10:00~17:30(国立民族学博物館 第4セミナー室)
国際シンポジウム「中国における歴史の資源化―その現状と課題に関する人類学的分析」共催
館長補佐挨拶 寺田吉孝 (国立民族学博物館)
主旨説明 塚田誠之(国立民族学博物館)
韓敏(国立民族学博物館)「岳飛の社会記憶とその資源化-杭州岳廟を中心に」
コメント 長谷川清(文教大学)、兼重努(滋賀医科大学)
高山陽子(亜細亜大学)「烈士陵園の景観-南部と北部の記念碑の比較から」
コメント 松岡正子(愛知大学)、長谷千代子(九州大学)
稲村務(琉球大学)「ハニ=アカ族の記憶と記録」
コメント 上野稔弘(東北大学)
総合討論コメンテーター 曽士才(法政大学)
2017年1月7日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 大演習室)
高山陽子(亜細亜大学)「革命の記憶の資源化:中国の記念碑の事例から」
長谷川清(文教大学)「問題点の整理と検討」
総合討論

2015年度

今年度は3回の研究会を予定する。前年度に引き続き、(1)記録・記憶、(2)神話・伝承、(3)史跡・景観、(4)アイデンティティの問題視角から、それらの相互比較と理論的枠組みの構築に向けた探究を行う。すなわち、自/他の民族イメージや文化表象、集合的記憶のかたち、文化的記憶の諸形式、民族の起源伝承や宗教儀礼を介した歴史認識、都市・農村の歴史的・文化的景観や各種のモニュメント、歴史人物ゆかりの地や史跡、各級政府やそれに連なる知識人による民族の記述のされ方、歴史認識とアイデンティティ、中華ナショナリズムとの関係などをめぐって、個別の民族誌的データに基づく事例研究をもとにした比較検討を行う予定である。以上を通じて、多様なエスニック集団、親族・宗族その他の社会集団から構成される、中国の多民族国家としての公共空間における「歴史」の資源化のダイナミクスを明らかにする。

【館内研究員】 樫永真佐夫、河合洋尚、韓敏、塚田誠之
【館外研究員】 稲村務、上野稔弘、兼重努、瀬川昌久、曽士才、孫潔、高山陽子、長谷千代子、長沼さやか、野本敬、松岡正子、吉野晃
研究会
2015年7月4日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 大演習室)
長谷千代子(九州大学)「歴史の資源化と利用目的:雲南省徳宏州の『果占璧(コーチャンピ)王国』論をめぐって」
曽士才(法政大学)「伝統儀礼の観光資源化と地元住民の意識――ミャオ族の鼓社節を事例に」
質疑応答
2015年10月31日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
松岡正子「蘇る?青蔵高原東部の古碉――再生産される記憶」
楊海英「チンギス・ハーンは誰の英雄?――「中華民族の文化資源」と化すモンゴルの歴史と文化」
質疑応答
2016年1月9日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
兼重努「民族の歴史を書く―侗族筒史から侗族通史へ」
河合洋尚「客家地域における歴史の資源化と景観形成――寧化石壁を中心として」
質疑応答

2014年度

2014年度は、共同研究メンバー間で、先行研究成果の検討や討議を通じて理論的枠組みや問題設定を共有し、今後の基盤を形成することに重点を置く。代表者である長谷川が中国における「歴史」の資源化の人類学的研究に関して総合的な問題提起を行い、2回目は塚田、瀬川が、文献・実地調査それぞれの視点から「歴史」の資源化の特徴と問題点について問題提起を行う。

【館内研究員】 樫永真佐夫、河合洋尚、韓敏、塚田誠之
【館外研究員】 稲村務、上野稔弘、兼重努、瀬川昌久、曽士才、孫潔、高山陽子、長谷千代子、長沼さやか、野本敬、松岡正子、吉野晃
研究会
2014年10月18日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
長谷川清(文教大学)「趣旨説明」
事務連絡
稲村務(琉球大学)「資源としての歴史と記憶―アカ種族とハニ種族の事例より」
塚田誠之(国立民族学博物館)「歴史の解釈をめぐって─壮族の「民族英雄」儂智高を事例として」
2015年1月11日(日)13:30~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
野本 敬「イ族系土司・土目にみる歴史の記録と構築について」
長谷川清「国境地域の〈歴史〉とその資源化――孟連タイ族の事例から」
質疑応答