国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

モノにみる近代日本の子どもの文化と社会の総合的研究――国立民族学博物館所蔵多田コレクションを中心に

研究期間:2014.10-2018.3 代表者 是澤博昭

研究プロジェクト一覧

キーワード

近代日本、子ども観、子ども文化

目的

国立民族学博物館に所蔵される多田コレクション(通称「時代玩具」)は、江戸時代から戦後にかけての玩具を中心とした子どもに関わる様々なモノから構成される、総数5万数千点に及ぶ膨大な資料群である。玩具を初めとした子どもに関する多種多様なモノの数々は、それぞれの時代の子どもに対する人々や社会の意識を克明に映し出している。しかし、近代以降、それらは消費を前提として商品化されたこともあって、遺存は少なく実態は明らかではない。多田コレクションは、そうした子どもに関する品々が網羅的に収集・保存されている希有な例として価値が高い。
本研究は、児童学・美術史・玩具学・歴史学・民俗学・文化地理学・保存科学といった様々な専門分野の研究者が一堂に会し、コレクションの資料に対して多角的・総合的に検討し、分析を加えることで、コレクションの全体像を正確に把握することを試みる。それと共に、従来漠然としたイメージでしか理解されてこなかった近代日本の子どもの文化や社会の実態を、モノを資料として活用することで具体的かつ精緻に解明する。そして、その成果に基づき、近代以降の子ども観に代わる時代に即した新たな子ども観の見通しを提示し、展示会の開催を通じて広く社会に問うことを目的とする。

2017年度

本年度は最終年度となるため、玩具や生活用品等のモノに即した視点から、展示会の開催をめざして、近代日本の子ども観の形成に関する、研究成果のとりまとめを行う。
具体的には、各共同研究員のテーマをより詳細に検討し合いながら、不足する研究分野を補完するために研究会の開催する。さらに民博所蔵資料の分類や関連情報の整理等の必要な作業を進め、文献資料ベースとは異なるより実態に即した新たな知見を提示するための学術研究資料として整備する。また展示会の開催に向けて、資料の選択や展示構成の検討等の作業を行う。

【館内研究員】 笹原亮二、日高真吾
【館外研究員】 稲葉千容、内田幸彦、香川雅信、亀川泰照、小山みずえ、是澤優子、神野由紀、滝口正哉、濱田琢司、森下みさ子、山田慎也
研究会
2017年6月17日(土)13:30~17:00(国立民族学博物館 大演習室)
報告 是澤博昭(大妻女子大学)「子ども・誕生――モノからみる子どもの近代」
資料の熟覧
>2017年6月18日(日)10:00~12:30(国立民族学博物館 大演習室)
全体討議「研究成果公開にむけた今後の方針――展示・論集」

2016年度

本年度は、子どもの社会や子どもを取り巻く社会全体との関係を解明し、近代日本の子ども観の形成過程を実証的に提示するという視点にたち、これまでの調査研究成果をもとに各共同研究員が、それぞれの専門分野と研究テーマに基づき研究発表を行う。さらにビックバン旧蔵資料に類似したほかの博物館・資料館・旧家にのこる資料の調査をすすめ、それぞれの資料の内容や現地の研究者との議論等を通じて、それらの実態の把握を行うことで、共同研究の成果をもとに展示会を開催するための準備を進める。また、本研究の中間段階として、各共同研究員の研究成果を検証し、問題の設定や研究の進め方等

【館内研究員】 笹原亮二、日高真吾
【館外研究員】 稲葉千容、内田幸彦、香川雅信、亀川泰照、小山みずえ、是澤優子、神野由紀、滝口正哉、濱田琢司、森下みさ子、山田慎也
研究会
2016年5月28日(土)13:30~17:00(国立民族学博物館 第3演習室)
高見俊樹(諏訪 高島城)「諏訪市博物館所蔵「玩具店・一○高見商店」資料の紹介」
民博所蔵資料の熟覧(北陸の露天商所持の玩具資料)
共同討議「縁日と駄菓子屋の玩具をめぐって」
2016年5月29日(日)10:00~13:00(国立民族学博物館 第3演習室)
森下みさ子(白百合女子大学)「シールから知る「子ども文化」―子ども消費者と「近代」なるもの―」
是澤優子(東京家政大学)「明治大正期の玩具分類について」
2016年10月8日(土)13:30~17:00(国立民族学博物館 第3演習室)
滝口正哉(徳川林政史研究所)「近代における江戸文化の懐古と捉え直しについて」
笹原亮二(国立民族学博物館)「生活文化と博物館展示を巡る実践的課題」
2016年10月9日(日)10:00~13:00(国立民族学博物館 第3演習室)
野尻かおる(荒川ふるさと文化館)「画家小松崎茂の表現背景と子どもの文化」
共同討議:昭和の少年文化を中心にして
2016年12月17日(土)13:30~17:00(諏訪市博物館)
中島透(諏訪市博物館学芸員)「髙見商店営業期の諏訪市上諏訪の状況」
高見商店資料の熟覧
小林純子(諏訪市博物館館長)「髙見商店資料の背景」
2016年12月18日(日)10:00~13:00(諏訪市博物館)
亀川泰照(荒川ふるさと文化館)「明治の縁日・駄菓子屋空間と『おもちゃ』について」
小山みずえ(武蔵野短期大学)「戦前の幼稚園と幼児向け教材の開発―『手技』用教材を中心に―」

2015年度

本年度は、多田コレクションの基本的な性格と全体像の把握を行うと共に、各地の類似のコレクション(兵庫県立歴史博物館所蔵の入江コレクション、長野県の田中本家博物館の明治大正期の児童文化財、諏訪市博物館所蔵の昭和30年代に諏訪市で営業していた駄菓子屋「一〇高見商店資料」6000点余の資料等)との比較検討を中心に研究の深化を図る。
それを踏まえて各共同研究員がそれぞれの専門分野と研究テーマに基づき多田コレクションの資料に関する具体的な調査研究を着手する。
また、本研究の中間段階として各共同研究員の研究成果を検証し、問題の設定や研究の進め方等について再検討や再調整等の必要な措置を講じる。

【館内研究員】 笹原亮二、日高真吾
【館外研究員】 稲葉千容、内田幸彦、香川雅信、亀川泰照、小山みずえ、是澤優子、神野由紀、滝口正哉、濱田琢司、森下みさ子、山田慎也
研究会
2015年5月16日(土)13:30~17:00(国立民族学博物館 大演習室)
日高真吾(国立民族学博物館)「民博(子供生活文化に関連する所蔵資料)の現段階の整理作業の現状について」
目録の熟覧
2015年5月17日(日)10:00~12:30(国立民族学博物館 大演習室)
目録の熟覧と内容等に関する質疑応答
研究会成果報告に関連する特別展の開催等に関する検討
2015年10月17日(土)13:30~17:00(国立民族学博物館 第3演習室)
濱田琢司(南山大学)コレクションと創造─民芸運動周辺における収集から─
資料の熟覧と質疑応答
2015年10月18日(日)10:00~12:30(国立民族学博物館 第3演習室)
香川雅信(兵庫県立歴史博物館)兵庫県立歴史博物館蔵『入江コレクション』について
資料の熟覧と研究会成果報告に関連する検討
2015年11月28日(土)12:30~16:30(田中本家博物館)
田中宏和(田中本家12代当主)「田中本家博物館の概要」
神野由紀(関東学院大学)「田中本家博物館の子供用品」
資料の熟覧と質疑応答
2015年11月29日(日)10:00~12:10(長野市立博物館 2階会議室)
山田慎也(国立歴史民俗博物館)「節供行事の変容――雛祭りのイベント化を中心として」
細井雄次郎(長野市立博物館)「長野市内の小正月行事と子どものかかわり」
2016年2月10日(水)13:30~17:00(国立民族学博物館 第3演習室)
今年度の研究会の総括と今後の研究計画について
資料の熟覧と質疑応答
2016年2月11日(木)10:00~12:30(国立民族学博物館 第3演習室)
資料の熟覧と質疑応答

2014年度

2014年度は、多田コレクションの基本的な性格と全体像の把握を行うと共に、各地の類似のコレクションとの比較検討を行い、多田コレクションの特徴や近代日本の子どもを巡る物質文化総体における位置付けを把握する。そして、各共同研究員の多田コレクションに関する基本的な情報や理解の共有を図ると共に、それに基づき、それぞれの専門分野に関わる個別の研究テーマの設定を行う。

【館内研究員】 笹原亮二、日高真吾
【館外研究員】 稲葉千容、内田幸彦、香川雅信、亀川泰照、小山みずえ、是澤優子、神野由紀、滝口正哉、濱田琢司、森下みさ子、山田慎也
研究会
2014年10月11日(土)13:30~17:00(国立民族学博物館 大演習室)
共同研究の趣旨・目的について及び共同研究者の自己紹介
笹原亮二(国立民族学博物館)「国立民族学博物館の多田コレクションについて」
稲葉千容(大三島美術館)「多田コレクションについて―基本的な性格と全体像の把握」
2014年10月12日(日)10:00~13:00(国立民族学博物館 大演習室)
是澤博昭(大妻女子大学)「教育玩具の近代―教育対象としての子供の誕生」
フリートーク 多田コレクション研究の今後の課題と展望
2015年1月10日(土)13:30~17:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
稲葉千容(大三島美術館)「多田コレクションの分類別資料紹介」
目録の熟覧と内容等に関する質疑応答
原山煌(桃山学院大学)「福島安正の研究から見る多田コレクションの意義」
2015年1月11日(日)10:00~12:30(国立民族学博物館 第6セミナー室)
内田幸彦(埼玉県立歴史と民俗の博物館)「渋沢敬三とアチックミューゼアム――埼玉県との関わりを中心に」
今後の研究の進め方の検討(全員)