国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

宇宙開発に関する文化人類学からの接近

研究期間:2015.10-2019.3 代表者 岡田浩樹

研究プロジェクト一覧

キーワード

宇宙開発、科学技術、宇宙人類学

目的

本研究の目的は、宇宙開発を対象にした人類学的研究の可能性を探り「先端科学技術」の人類学という新しいテーマに接近するための方法論的検討をおこなうことにある。20世紀後半から宇宙開発に関わる科学技術の進展、宇宙空間の利用が本格化し、宇宙は単に科学技術の研究対象に留まるだけではなく、国際的に展開する政治的かつ経済的な背景やローカルな社会文化的な基盤や生活文化とも密接に関わる問題領域となりつつある。本プロジェクトは、(1)想定される宇宙に関する具体的なトピック(宇宙産業、ツーリズム、人間の身体的かつ認知的変容など)に対する従来の概念の有効性や方法論を検討する。(2)は、科研費によるJAXAとの共同調査プロジェクトと併行して行われ、宇宙開発技術者に対するインタビュー調査データの検討・解釈作業を進める。本研究は最終的に近代科学技術の検討を射程に入れた「宇宙人類学」という総合的な主題を設定した研究領域の確立を目指す。

2017年度

平成28年度の研究計画を踏まえ、平成29年度以降は具体的な研究成果を上げるために、共同研究者を追加し、共同研究員の研究成果発表、研究者だけでなく有人宇宙飛行関係者(科学系他分野研究者含む)を招いた研究会を3回程度、開催する計画をたてている。重点的に扱うトピックは「宇宙空間における身体・認知能力の変容」「グローバリゼーションと宇宙ツーリズム」「宇宙関連施設開発と地域社会」「宇宙空間におけるコミュニケーション」である。また、研究会の研究成果として中間成果および最終成果公開に向けた出版社(2社)との交渉に入っており、編集方針などを具体的に検討する予定である。

【館内研究員】 飯田卓、上羽陽子、山本泰則
【館外研究員】 磯部洋明、岩田陽子、岩谷洋史、大村敬一、川村清志、木村大治、後藤明、佐藤知久、篠原正典、住原則也、水谷裕佳
研究会
2017年7月22日(土)14:00~19:00(国立民族学博物館 第1演習室)
岡田浩樹(神戸大学)「宇宙人類学の現状と課題」
メンバー各自の研究計画の発表
2017年7月23日(日)10:30~16:00(国立民族学博物館 第1演習室)
メンバー各自の研究計画の発表
出版論文の編集会議、および今後の活動方向の打ち合わせ
2017年12月9日(土)13:00~00:00(兵庫県立大学西はりま天文台)
Contact JAPAN「Contact Japanについて」、鳴沢真也(兵庫県立大学)「SETIについて」
なゆた望遠鏡での観望
2017年12月10日(日)9:00~12:00(兵庫県立大学西はりま天文台)
観測(コンタクト・シミュレーション)の実施

2016年度

平成28年度では、研究会を3回程度、開催する計画をたてている。共同研究の各メンバーと招聘した特別講師の発表、および意見交換を中心に、宇宙開発を人類学的に研究する際の課題を検討する。扱うトピックは「宇宙空間における身体・認知能力の変容」、「グローバリゼーションと宇宙ツーリズム」、「宇宙関連施設開発と地域社会」、「宇宙空間におけるコミュニケーション」である。また、今年度終了翌年度(平成29年度)に予定している学術的な成果『宇宙人類学の展開』に向けた議論を開始する。

【館内研究員】 飯田卓、上羽陽子
【館外研究員】 磯部洋明、岩田陽子、岩谷洋史、大村敬一、川村清志、木村大治、佐藤知久、篠原正典
研究会
2016年6月25日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第4演習室)
長谷川義幸(JAXA)「日本の有人宇宙開発」
2016年6月26日(日)10:30~17:00(国立民族学博物館 第4演習室)
水谷裕佳(上智大学)「宇宙研究と北米先住民社会のかかわり」
成果出版、および今後の活動方向の打ち合わせ
2016年12月3日(土)14:00~18:00(国立民族学博物館 第3演習室)
宮嶋宏行(国際医療福祉大学)「宇宙居住や生命維持システムに関する研究」
意見交換
2016年12月4日(日)10:30~12:00(国立民族学博物館 第3演習室)
成果出版、および今後の活動方向の打ち合わせ
2017年2月18日(土)14:00~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
鳴沢真也(兵庫県立大学)「地球外知的生命探査論」
2017年2月19日(日)10:00~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
成果出版、および今後の活動方向の打ち合わせ
菅浩二(國學院大學)「冥王星と宇宙葬」

2015年度

研究会を2回開催し、目指される研究枠組みについて、各参加メンバーと方向確認、意見交換をはかる。また、宇宙開発技術者のオーラルヒストリー研究の方法論的検討も行う。なお、平成28年度末に出版予定の一般向けの書籍『宇宙人類学への招待』の構成、分担についての議論をおこなう。
また平成27年度に収集した宇宙開発技術者オーラルヒストリーの公表『JAXA report』のための検討を行う(平成27年年度末発行、以下、平成29年まで継続)。

【館内研究員】 上羽陽子、飯田卓
【館外研究員】 磯部洋明、岩谷洋史、岩田陽子、大村敬一、川村清志、木村大治、佐藤知久、篠原正典
研究会
2015年12月26日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
岡田浩樹(神戸大学大学院)「宇宙開発の文化人類学的研究の可能性」
質疑応答
参加者全員「各自の研究の紹介および今後の予定の検討」
2015年12月27日(日)10:30~17:00(国立民族学博物館 第1演習室)
佐藤知久(京都文教大学)「Japan space exploration oral history project(JSE project)について」
大関恭彦「日本の宇宙開発に関する専門的知識の提供」
全員「宇宙開発に関わる資料の検討」
2016年2月20日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
研究成果物編集会議、および今後の活動の打ち合わせ(参加者全員)
2016年2月21日(日)10:30~17:00(国立民族学博物館 第7セミナー室)
岸本統久(JAXA)「衛星ナヴィゲーションについて」
後藤明(南山大学)「人類学と天文学:スカイロア/スカイスケープ人類学の系譜と可能性」
全体討論