国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

放射線影響をめぐる「当事者性」に関する学際的研究

研究期間:2015.10-2019.3 代表者 中原聖乃

研究プロジェクト一覧

キーワード

放射線影響、不確実性、生活者

目的

核実験や原発事故による放射線影響を受けた社会については、人体や自然環境への影響に関する自然科学分野の研究、加害責任を明らかにする歴史学研究、放射線影響の基準を決定する政策学的研究、社会的影響を明らかにする社会学および人類学的研究などが蓄積されてきた。
しかしながら実際には、遺伝的疾病や食料に対する不安を訴える当事者の発言は「感情論」として切り捨てられる傾向にある。これまでの放射線影響に関する研究により、その不確実性が科学的に明らかにされてきたにも関わらず、実社会における被害対応や予防では、放射線影響の不確実性を生きる「生活者の視点」からの被害の理解は十分ではない。
そこで、本共同研究では、被害者の「当事者」としての「生きること」や「生活」の視点からの被害観の解明を目的とする。これまで個別に研究してきた人類学を中心として、医学、政治学、歴史学の学問分野と連携し、米国、マーシャル諸島、日本、太平洋を調査対象としたこれまで個別に行われてきた研究を統合・深化させる。

2017年度

審査で受けた指摘に従い前年度までにメンバーの増員をはかった。そのため、本年度の研究会から、これまでのビキニ班、タヒチ・キリバス班、福島班、芸術・教育班という四つの班編制を、成果出版に合わせて再編する。本年度はこの再編された班編成を元に研究会を開催する。また本年度第1回目の研究会では、「当事者性」についての共通認識を確認するとともに、前年度までの研究会での批判を生かし、また成果出版に向けた研究発表を行う。「当事者性」に関しては、だれが当事者なのか、あるいはどこまで当事者として研究対象としていくのかについての共通認識はまだ得られていないため、議論を行う。
また、2018年度に予定している学会でのグループ発表のための準備を行う。

【館内研究員】 林勲男
【館外研究員】 新井卓、市田真理、岡村幸宣、越智郁乃、聞間元、桑原牧子、小杉世、島明美、関礼子、西佳代、根本雅也、三田貴、吉村健司
研究会
2017年6月24日(土)13:00~18:00(広島平和記念資料館)
楊小平(広島大学)原爆資料館の展示について担当学芸員と討議「中国人の原爆被爆及び広島平和記念資料館への来館者から見るヒロシマ」
2017年6月25日(日)9:00~15:00(サンピーチホテル岡山)
丹治泰弘 「一人の自主的避難者の見た福島」:岡山在住原発被災者との交流
吉村健司(東京大学)「沖縄戦後期における水産史と原水爆報道――琉球新報の報道を中心に」
越智郁乃(立教大学)「作品を通じた『放射能』理解――『見る』『知る』から『ともに考える』へ」
2017年10月14日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
全員「成果報告に向けた話し合い」
岡村幸宣(丸木美術館)「核の可視化と当事者性の獲得――“非核芸術”の可能性―」
西佳代(国立民族学博物館)「低線量放射能の『安全性』に向けた議論――アメリカ・ワシントン大学水産研究所におけるサケ科魚類品種改良研究を中心に」
2017年10月15日(日)9:00~14:30(国立民族学博物館 第1演習室)
中原聖乃(中京大学)「放射能汚染の被害観――マーシャル諸島の生活世界から」
三田貴(大阪大学)「原発事故による社会分断と共生をテーマにした教育実践の課題と展望」
全員「シンポジウム開催並びに研究の方向性に関する話し合い」

2016年度

2年目では3回の研究会(非公開)で、それぞれの回でグループごとに発表を行う。初年度に設定したビキニ核実験、タヒチ・キリバス核実験影響、福島原発事故、啓発活動としての芸術・教育実践という4つのチームに分かれる。第1回目の研究会はタヒチ・キリバスグループのメンバーによる発表である。第2回目は啓発活動としての芸術・教育実践グループと福島グループによる発表である。第五福竜丸の被ばく問題に詳しい専門家を特別講師として迎える予定である。また、第3回目は、共同研究の中心メンバーによる今後の研究の方向性に関する討論を行う。

【館内研究員】 林勲男
【館外研究員】 市田真理、猪瀬浩平、岡村幸宣、越智郁乃、聞間元、桑原牧子、小杉世、島明美、関礼子、西佳代、根本雅也、三田貴、吉村健司
研究会
2016年6月11日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
成果報告について、他の研究プロジェクトとの連携、新メンバーの自己紹介
桑原牧子(金城学院大学)「フランス領ポリネシアの核実験被ばく問題へのキリスト教的支援についての研究計画」
小杉世(大阪大学)「ニュージーランドから見た太平洋核実験―キリバス、仏領ポリネシアを中心に」
2016年10月29日(土)14:00~18:00(丸木美術館 埼玉県)
壷井明展ギャラリートーク参加 被ばく放射能汚染に関する芸術について学ぶ
丸木美術館館内にて作品鑑賞
2016年10月30日(日)9:00~12:00(丸木美術館 埼玉県)
放射線影響に関する基礎知識を学ぶワークショップ(小沢 洋一)
2017年2月4日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
今後の研究計画および成果報告のための話し合い
特別講師による研究会
菅野利行(福島県富岡町職員)「富岡町の役割と復興への軌跡」
2017年2月5日(日)9:00~12:00(国立民族学博物館 第1演習室)
関礼子(立教大学)「原発事故と当事者性の社会学」
島明美(ふくみみラボ)「福島原発事故における情報リテラシー――当事者から見た6年間~ジャーナリズムの役割り」
根本雅也(一橋大学)「科学・制度・経験――原爆被爆者の視点から考える放射線の影響」

2015年度

初回の研究会(非公開)では、代表者による趣旨説明、被ばくと放射能汚染における「当事者の生活」に関して自らの理解をたたき台として、各自の問題関心から議論し、共同研究の枠組みについて確認するとともに、今後の研究計画を確定する。第2回目の研究会(公開)は、3名の研究者が順次研究蓄積に基づき発表を行う。

【館内研究員】 林勲男
【館外研究員】 市田真理、猪瀬浩平、岡村幸宣、越智郁乃、聞間元、桑原牧子、小杉世、島明美、関礼子、西佳代、三田貴
研究会
2015年10月24日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第4演習室)
全員 自己紹介および研究概要発表
林勲男(国立民族学博物館)・中原聖乃(中京大学社会科学研究所)研究会内容および趣旨説明
全員 成果発表に関する意見交換
中原聖乃(中京大学社会科学研究所)「放射能汚染地の生活圏再生」
2016年2月6日(土)15:00~18:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
中原聖乃(中京大学)「文化人類学が放射能汚染問題に果たす役割は何か?」
市田真理(東京都立第五福竜丸展示館)「第五福竜丸展示館の活動を通じた交流」
聞間元(生協きたはま診療所)「ビキニ核実験被害の医学的考察――これまでの問題整理」
2016年2月7日(土)10:00~16:00(国立民族学博物館 第4セミナー室)
西佳代(広島大学)「グアムにおける放射能被害の実態」
談話会打ち合わせ、準備
談話会「放射能汚染に立ち向かう――測定と生活の場から」(文化人類学学会課題研究懇談会災害の人類学との共催)
話者1 島明美(ふくみみラボ)「福島の生活と市民測定」
話者2 中原聖乃(中京大学)「マーシャル諸島核実験被害地のいま」
話者3 青山道夫(福島大学)「海洋の人工放射能汚染の歴史――核実験および原子力発電所事故」