国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

医療者向け医療人類学教育の検討――保健医療福祉専門職との協働

研究期間:2015.10-2019.3 代表者 飯田淳子

研究プロジェクト一覧

キーワード

医療人類学、教育、保健医療福祉専門職

目的

少子高齢化、医療の高度・専門分化、患者の権利意識の変化等に伴い、保健医療福祉の現場では、医療者とクライアントあるいは多職種の間でのコミュニケーション不全の問題等、医療福祉系の個別の学問では対応しきれない複雑な課題が生まれている。これらの課題に日々直面する保健医療福祉専門職(以下、「医療者」)にとって、事象をその社会的文化的文脈の中で理解する視点、他者理解や自己相対化の視点を提供する医療人類学の知見の有用性は高く、医療者教育の現場でもその潜在的需要がある。また、医学教育では国際的な教育の質保証のため、今後5年程度の間に全国80大学が認証評価を受審するという動きがあり、その評価基準のなかで医療人類学も言及されている。こうしたなか、現代の日本の医療者を対象とした医療人類学教育のあり方を検討することは喫緊の課題である。そこで本共同研究では、複数の職種の医療者との協働により、医療者を対象とした医療人類学教育のあり方を検討し、その教材を開発することを目的とする。

2017年度

昨年度までに把握した医療者向け医療人類学教育の現状と医療者側からの期待・要望をふまえ、2017年度は医療者に提供する医療人類学教育の具体的なあり方を検討する。とりわけ、医学教育モデル・コア・カリキュラムに文化(医療)人類学の内容が組み込まれたことに伴い、開発・出版が急務である医学生向けの教材の作成に取り組む。そのために当初は3回の共同研究会を予定していたが、予算の関係で当面は2回の開催とする。第1回目には、これまでの議論の中間まとめをおこなった後、共同研究員全員で総合討論をおこない、医療者(特に医学生)を対象に医療人類学のどのような内容を、なぜ、どの段階で、どの程度、どのように教える必要があるかを検討する。そのうえで、第2回目、および追加予算が配分されれば第3回目には、各自分担して作成した教材の担当箇所を報告し、その内容を検討する。なお、上記の作業はこれまでと同様、文化人類学会課題研究懇談会「医療人類学教育の検討」、および医学教育学会プロフェッショナリズム・行動科学委員会との連携によりおこなう。

【館内研究員】 鈴木七美、松尾瑞穂
【館外研究員】 伊藤泰信、梅田夕奈、大谷かがり、工藤由美、辻内琢也、照山絢子、錦織宏、濱雄亮、浜田明範、星野晋、堀口佐知子、宮地純一郎、吉田尚史
研究会
2017年6月18日(日)13:00~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
飯田淳子(川崎医療福祉大学)「中間まとめ」
参加者全員「教材開発に向けて(総合討論)」
2017年12月2日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 大演習室)
参加者全員「教材各章のアウトライン(発表および討論)」
2017年12月3日(日)9:00~12:00(国立民族学博物館 大演習室)
参加者全員「教材開発に向けて(発表および討論)」
参加者全員「今後に向けて(総合討論)」

2016年度

2016年度は合計3回の共同研究会を予定していたが、予算配分額に基づき2回に変更する。当初、本年度の後半に行う予定であった、医療者教育において人類学が提供できる可能性のあることについての検討を前倒して行う。第1回目は臨床医でもあり人類学者でもある2人の共同研究員による発表を予定している。第2回目には、理学療法士・作業療法士の教育に関わる専門家を講師として招く。これらの専門家とは、本共同研究のメンバーが、文化人類学会課題研究懇談会「医療人類学教育の検討」の「医療者向け医療人類学教育」ワーキンググループや、医学教育学会等を通じて交流してきた。医療者との議論を通じ、これまで十分に明確化されてこなかった医療者から医療人類学(者)への期待・要望を把握する。なお、11月の再調整の結果、追加予算が配分されれば、当初の計画通り、3回目の共同研究会を1月ごろに開催する。

【館内研究員】 鈴木七美、松尾瑞穂
【館外研究員】 伊藤泰信、梅田夕奈、大谷かがり、工藤由美、辻内琢也、照山絢子、錦織宏、濱雄亮、浜田明範、星野晋、堀口佐知子、宮地純一郎、吉田尚史
研究会
2016年7月3日(日)13:30~18:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
吉田尚史(東京福祉大学)「医療人類学の受容の系譜について――医療現場の要請から考える」
梅田夕奈(東京都立松沢病院)「医学を身に刻む――医学教育の内在的理解の試み」
参加者全員・総合討論
2016年11月12日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
小田原悦子(聖隷クリストファー大学)「日本の作業療法教育と医療人類学への期待」
沖田一彦(県立広島大学)「語りに基づく医療と理学療法教育――理学療法士の卒前・卒後教育を実施して感じた課題」
参加者全員・総合討論
2017年2月5日(日)13:00~18:00(国立民族学博物館 第4セミナー室)
錦織宏(京都大学)「日本の医学教育における社会医学、行動科学、社会科学、そして医療人類学」
宮地純一郎(浅井東診療所)「人類学者・医療者共同での症例検討会を通じた医療人類学教育――家庭医療学の視点から」
参加者全員・総合討論(医学教育モデル・コア・カリキュラム改訂に向けて)

2015年度

2015年度から2016年度の前半にかけては、共同研究会のメンバーがおこなっている医療者向け医療人類学教育の実践、および海外での医療者向け人類学教育の実践に関し分担してレビューした結果について報告し合い、それぞれの利点や課題等を検討する。これにより、従来十分に明確化されてこなかった医療者向け医療人類学教育の現状把握を達成する。

【館内研究員】 鈴木七美、浜田明範、松尾瑞穂
【館外研究員】 伊藤泰信、梅田夕奈、大谷かがり、工藤由美、辻内琢也、照山絢子、錦織宏、濱雄亮、星野晋、堀口佐知子、吉田尚史
研究会
2015年11月7日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第4セミナー室)
飯田淳子(川崎医療福祉大学)「趣旨説明」
星野 晋(山口大学)「医学校で教えてくれなかったこと」
濱 雄亮(慶應義塾大学)「医療人類学教育の実践報告――単科大学医学部における事例を中心に」
参加者全員 総合討論
2015年11月8日(日)9:00~11:00(国立民族学博物館 第4セミナー室)
飯田淳子(川崎医療福祉大学)「家庭医の症例検討会への参加を通じた協働の試み」
参加者全員 今後に向けて
2016年1月24日(日)14:30~18:30(中部大学 春日井キャンパス 50号館3階会議室)
工藤由美(亀田医療大学)「類似性の向こう側――看護学部/学科における文化人類学教育の経験から」
大谷かがり(中部大学)「看護学(師)は人類学を通して何をみたいのか」
参加者全員・総合討論