国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

確率的事象と不確実性の人類学――「リスク社会」化に抗する世界像の描出

研究期間:2015.10-2019.3 代表者 市野澤潤平

研究プロジェクト一覧

キーワード

確率的事象、不確実性、「リスク社会」

目的

不確実な未来に人間がどう向き合うのかは、伝統社会を対象に、近代的・科学的な形式知では説明がつかない様々な生活実践を扱ってきた人類学において、重要な関心領域を形成してきた。一方で、社会学で台頭してきた「リスク社会」の議論は、学問分野の枠を超えて、人類学にも大きな影響力を与えている。近年の人類学では、「リスク社会」論をもとに、確率的事象を数量的に捉えて管理の対象とする「リスク」と、リスク計算による管理が困難な「不確実性」とを区別し、今日の社会・経済・政治的諸制度が後者の領域をも制御しようとする営為を、新たな考察対象としている。
しかし、上記の二分法的な不確実性の理解は、確率的事象の二面性を把捉し切れていないと、本研究は考える。すなわち、集合的・統計的には計算可能で制御の対象とし得るが、一回限りの生起においては根源的な制御不可能性が露わになる。本研究はその両面に目を向けて、リスク管理の技術に依拠した諸制度の設計や人間の取扱いと、個人の認識や実践との間に生じる深刻なずれを、考察の主題にする。その上で、人類学的「不確実性」研究の考察視角を拡張することにより、既存の「リスク社会」論の俎上に載らない「リスク社会」の姿を描き出す。

2017年度

平成29年度は、3回の研究会を開催する予定である。そのうち1回は、日本文化人類学会研究大会における「不確実性の人類学」の分科会企画、および成果出版の見通しについての打ち合わせに充てる。
本研究会は、不確実性という間口の広い研究テーマを掲げていることから、本年度も引き続き、議論理論的視角を拡充することを重視して、会合を企画・実施する。7月には、東京都在住の精神科医である梅田夕奈氏を特別講師に招くと共に、医療にかかわる発表を3件重ねて、医療における不確実性について議論をする。12月にはさらにもう回、立命館大学の小川さやか氏を特別講師として招聘し、アフリカの都市生活者の事例について報告いただき、他の報告と合わせて生活/生業にかかわる不確実性について考察する。人類学においては、様々な研究関心/アプローチから不確実性を孕む諸事象への考察がなされてきたが、本年度に実施する研究会を通じて、そうした多面的な研究蓄積を俯瞰する視座を得ることを目指す。

【館内研究員】 飯田卓
【館外研究員】 東賢太朗、阿由葉大生、碇陽子、井口暁、磯野真穂、牛山美穂、近藤英俊、土井清美、松田素二、吉直佳奈子、渡邊日日
研究会
2017年6月10日(土)15:00~18:00(国際医療福祉大学大学院青山キャンパス)
飯田卓(日本学術振興会)「漁業における不確実性(仮)」
全員「不確実性にかんする理論的検討(仮)」
2017年6月11日(日)9:30~16:30(国際医療福祉大学大学院青山キャンパス)
梅田夕奈(精神科医)「精神医療の現場における不確実性(仮)」
牛山美穂(日本学術振興会)「医師が直面する不確実性(仮)」
2017年12月9日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
渡部瑞希(東洋大学)「観光市場の取引における不確実性について」(仮)
小川さやか(立命館大学大学院)「確実な幸運をめぐる論理―香港のタンザニア人交易人の間の「運」の贈与をめぐって」(仮)
2017年12月10日(日)10:00~13:00(国立民族学博物館 第1演習室)
市野澤潤平(宮城学院女子大学)「前日の発表へのコメント」(仮)
近藤英俊(関西外国語大学)「交渉と空気:公共空間における自己と秩序の比較文化論」

2016年度

平成28年度は、3回の研究会を開催する予定である。そのうち1回は、日本文化人類学会研究大会における「不確実性の人類学」についての分科会企画のための打ち合わせに充てる。 本研究会は、不確実性という間口の広い研究テーマを掲げていることから、本年度も初年度から引き続き、議論の共通基盤を作ることおよび理論的視角を拡充することを重視して、会合を企画・実施する。7月2~3日には、東賢太朗、碇陽子、牛山美穂の三名が、それぞれ異なる角度から、人類学における不確実性とリスクに関わる研究蓄積のレビュー発表を行う。本年度中にさらにもう二度、7月とは切り口を変えた事例報告/レビューを行う研究会を開催する。人類学においては、様々な研究関心/アプローチから不確実性を孕む諸事象への考察がなされてきたが、本年度に実施する研究会を通じて、そうした多面的な研究蓄積を俯瞰する視座を得ることを目指す。

【館内研究員】 飯田卓
【館外研究員】 東賢太朗、阿由葉大生、碇陽子、井口暁、磯野真穂、牛山美穂、近藤英俊、土井清美、松田素二、吉直佳奈子、渡邊日日
研究会
2016年7月2日(土)13:30~18:00(東京大学駒場キャンパス)
牛山美穂(日本学術振興会)「医療人類学における不確実性にかんする研究サーベイ(仮)」
碇陽子(金沢大学)「文化人類学における不確実性にかんする研究サーベイ(仮)」
2016年7月3日(日)9:30~13:30(東京大学駒場キャンパス)
東賢太朗(名古屋大学)「呪術・災因論および周辺領域における不確実性にかんする研究サーベイ(仮)」
全員「研究会の理論的方向性の検討」
2017年1月7日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第3演習室)
磯野真穂(国際医療福祉大学)「心房細動の抗血栓療法における不確実性(仮)」
土井清美(青山学院女子短期大学)「ツーリズム研究における『不確実性』の問題の射程(仮)」
2017年1月8日(日)9:30~13:00(国立民族学博物館 第3演習室)
吉井千周(都城工業高等専門学校)「『負の遺産』の処理と不確実性――廃炉作業人材育成と山地民(仮)」
全員「不確実性概念にかかわる理論的検討」

2015年度

本研究には、医療人類学、呪術論、観光人類学、コミュニケーション論、偶然と必然の哲学など専門とする人類学者、および、ルーマンを中心とするリスク論についての研究蓄積を持つ社会学者など、多様な関心を持つ研究者が領域横断的に集う。そのため、以下の年次計画に基づき、各人の異なる立場から問題意識を出し合い、新たな論点の創発を促すことを目指す。
初年度は、2回の研究会を開催する。第1回目は、個々の研究者の関心領域を共有し、議論の共通基盤を作ることに費やす。具体的には、申請代表者市野澤潤平による趣旨説明、碇陽子による「リスクと不確実性の人類学」についての研究レビュー発表、および一人15分程度の個人発表などを行うことを予定している。これらを通じて個々の研究テーマの関連性を確認し、議論の共通基盤を作る。初年度第2回目は、人類学だけでなく他分野(統計学や社会学、哲学)における、不確実性についての最新の議論を理解するために、それらの分野の基本的文献の講読と先行研究の整理を行う。この作業は、第3回目以降も継続する。また第2回目においては、社会学者井口氏に、社会学における不確実性とリスク関連理論の議論について発表してもらい、人類学と社会学における議論との違いや類似点、議論が足りない領域などを検討する。

【館内研究員】 飯田卓
【館外研究員】 東賢太朗、阿由葉大生、碇陽子、井口暁、磯野真穂、牛山美穂、近藤英俊、土井清美、松田素二、吉直佳奈子、渡邊日日
研究会
2015年11月14日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第2演習室)
市野澤潤平(宮城学院女子大学)「研究会の趣旨説明」
碇陽子(金沢大学)「人類学におけるリスクと不確実性にかんする理論的サーベイ(仮)」
土井清美(青山学院女子短期大学)、吉直佳奈子(東京大学)「書評および理論的検討『リスクの人類学:不確実な世界を生きる』世界思想社、2014年」
2015年11月15日(日)9:30~13:00(国立民族学博物館 第2演習室)
全員「各自の研究紹介及び研究会の理論的方向性の検討」
2016年2月6日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第1演習室)
近藤英俊(関西外国語大学)「偶然と必然のあいだを生きる:苦境に関する一考察(仮)」
市野澤潤平(宮城学院女子大学)「ワイルドライフ・ツーリズムの賭博性(仮)」
2016年2月7日(日)9:30~13:30(国立民族学博物館 第1演習室)
井口暁(京都大学大学院博士課程)「社会学におけるリスクと不確実性にかんする理論的サーベイ(仮)」
全員「各自の研究紹介及び研究会の理論的方向性の検討」