国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

捕鯨と環境倫理

研究期間:2016.10-2020.3 代表者 岸上伸啓

研究プロジェクト一覧

キーワード

捕鯨、反捕鯨運動、環境倫理

目的

人類は5000年以上にわたり鯨類を食料や原材料として持続的に利用してきたが、1982年に国際捕鯨委員会(IWC)において大型鯨類13種の商業捕鯨の一時的な捕獲禁止が決定された。その後、現在に至るまで同捕鯨は再開できないままである。この捕鯨をめぐる動きは、動物福祉・動物愛護・環境保護団体による反捕鯨運動と連動し、反捕鯨を支持する人びとや政府が増加し、世界各地の捕鯨や捕鯨文化は存続の危機に直面している。
反捕鯨運動の背後には、世界各地におけるクジラと人間の関係やクジラ観、環境観の歴史的変化が存在している。この共同研究では、世界各地の捕鯨の現状および欧米に端を発する反捕鯨運動について把握したうえで、世界各地の反捕鯨運動とその背後にあるクジラ観や環境・動物倫理がどのように形成され、世界各地に広がり、世界各地の捕鯨文化にいかなる影響を及ぼしているかについて検討を加える。より具体的には、アラスカやカナダ、グリーンランド、カリブ海地域等の先住民等による捕鯨、日本の調査捕鯨と小型沿岸捕鯨、ノルウェーとアイスランドの商業捕鯨等の現状と、動物福祉・動物愛護・環境保護団体による国際的な反捕鯨運動およびその諸影響について比較するとともに、その背後にあるクジラ観や環境観、捕鯨政策を学際的に検討する。

2017年度

第2年目の平成29年度には、捕鯨をめぐる動物倫理、国際捕鯨委員会の動向、日本の小型沿岸捕鯨の現状について検討を加える。研究会の題目と講師は次の通りである。
第1回研究会 「捕鯨と動物倫理」 伊勢田哲治(京都大学)
第2回研究会 「国際捕鯨委員会の動向」石井敦(東北大学)、真田康弘(早稲田大学)
第3回研究会 「日本の小型沿岸捕鯨の現状」石川創(下関海洋科学アカデミー)、臼田乃里子(英語スクールココナッツ)

【館内研究員】 出口正之
【館外研究員】 赤嶺淳、李善愛、生田博子、石井敦、石川創、伊勢田哲治、臼田乃里子、河島基弘、倉澤七生、佐久間淳子、真田康弘、高橋美野梨、浜口尚、本多俊和、吉村健司、若松文貴
研究会
2017年4月29日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
岸上伸啓(国立民族学博物館)「趣旨説明」
伊勢田哲治(京都大学)「動物倫理・環境倫理の観点から見た捕鯨」
質疑応答および議論
共同研究計画の打ち合わせ
2017年11月19日(日)13:00~17:30(国立民族学博物館 第4演習室)
岸上伸啓(国立民族学博物館)「趣旨説明」
石井敦(東北大学)、真田康弘(早稲田大学)「国際捕鯨委員会(IWC)の近年の動向について」(仮題)
検討(全員)

2016年度

初年度の平成28年度には、問題意識の共有化と全体計画の検討を行った後に、アラスカやカナダ、グリーンランド、ベクウェイ島における先住民による捕鯨、アイスランドとノルウェーの商業捕鯨、日本の調査捕鯨、日本やフェーロー諸島の小型沿岸捕鯨の現状について報告し、比較検討する。
第1回研究会「問題提起と問題意識の共有、全体計画の検討」
第2回研究会「現状―先住民生存捕鯨・商業捕鯨・調査捕鯨の現状」(公開予定)

【館内研究員】 出口正之
【館外研究員】 赤嶺淳、李善愛、生田博子、石井敦、石川創、伊勢田哲治、臼田乃里子、河島基弘、倉澤七生、佐久間淳子、真田康弘、高橋美野梨、浜口尚、本多俊和、吉村健司、若松文貴
研究会
2016年11月5日(土)13:00~17:00(国立民族学博物館 大演習室)
岸上伸啓(国立民族学博物館)共同研究「捕鯨と環境倫理」の全体計画について
共同研究における各自の研究テーマについての検討(全員)
2017年1月22日(日)13:00~17:20(国立民族学博物館 第4セミナー室)
趣旨説明(岸上伸啓)
「グリーンランド捕鯨の歴史、現状と国際関係」
 ├本多俊和(放送大学)「文化人類学の視点から」
 └高橋美野梨(北海道大学)「国際政治学の視点から」
浜口尚(園田学園女子大学短期大学部)「カリブ海ベクウェイ島におけるザトウクジラ捕鯨――歴史、現況および課題」
岸上伸啓(国立民族学博物館)「北アメリカにおける先住民による捕鯨の歴史と現状――アラスカのホッキョククジラ猟を中心に」
総合討論