国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

世界のビーズをめぐる人類学的研究

研究期間:2016.10-2018.3 代表者 池谷和信

研究プロジェクト一覧

キーワード

ビーズ、文化史、交易

目的

本研究は、本館の所蔵する標本資料の一つであるビーズ(トンボ玉や勾玉を含む)を主な対象にして、人類の生活にとってのビーズの役割とは何かを明らかにすることを研究目的とする。まずビーズとは、何らかの素材を紐で通したものとして定義する。その素材は、木の実、植物の種、動物の歯や骨、貝殻、ダチョウの卵殻、石や金や琥珀のような鉱物、鉄、ガラス、粘土、プラスティックなど多様である。また、ビーズ細工には首飾りのような線状のものから、バッグのような面状のものまで形もさまざまである。さらに、それは単なる美しさを求める装身具としてのみならず、富の象徴や社会的威信、および集団のアイデンティティなどを示すなど社会的役割を持っている。本研究では、本館のビーズ資料そのものの分析に加えて、主として歴史考古資料や民族誌のなかでビーズの技術的社会経済的意味について考察することから、人類にとって美を追求することには普遍性があるのかを論議する。

2017年度

◇平成29年度(2年目)
主として民族学の分野から本館所蔵の標本資料との関係に考慮して、世界各地の民族誌や民族考古学的研究との関連でビーズ文化に関する研究報告がなされる。
1.アジア・オセアニア(インド亜大陸、東南アジア、ニューギニア、台湾、日本)
2.アフリカ(南、東、中部、西)、ヨーロッパ
3.南北アメリカ(北西海岸、アマゾン)
4.通文化比較、および全体の総括
以上のように、本研究は本館所蔵資料とのかかわりのなかで進められるものであり、必要に応じてビーズそのものを展示している常設展示場(主としてアフリカ、中国、オセアニア)および館内のビーズ収蔵品を前にして、それらを観察しながらの議論を進めることを予定している。

【館内研究員】 印東道子、齋藤玲子、野林厚志、戸田美佳子
【館外研究員】 遠藤仁、落合雪野、門脇誠二、川口幸也、河村好光、木下尚子、後藤明、佐藤廉也、末森薫、田村朋美、中村香子、中村真里絵、谷澤亜里、山花京子、山本直人
研究会
2017年4月22日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
◇テーマ1 東アジアのビーズ
池谷和信(国立民族学博物館)「趣旨説明」
野林厚志(国立民族学博物館)「台湾原住民族のビーズ」
木下尚子(熊本大学)「先史琉球のビーズ文化」
大塚和義(国立民族学博物館)「アイヌのビーズ文化」
総合討論
2017年4月23日(日)10:00~16:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
◇テーマ2 アフリカのビーズ
池谷和信(国立民族学博物館)「趣旨説明」
竹沢尚一郎(国立民族学博物館)「マリのビーズ」
中村美知夫(京都大学)「チンパンジーの道具利用」
戸田美佳子(国立民族学博物館)「王国のビーズとピグミーのビーズ」
山花京子(東海大学)「エジプトのビーズ面(解説)」
池谷和信(国立民族学博物館)「ビーズ展からみえてきたビーズ文化」
総合討論
2017年7月15日(土)13:00~18:00(南山大学 人類学研究所)
趣旨説明
河村好光(石川考古学研究会)「日本諸島のビーズ(玉)文化」
質疑応答
南山大学人類学博物館見学
後藤明(南山大学)「博物館のものからみえるビーズの世界(仮題)」
質疑応答
全体討論
2017年1月21日(日)13:00~18:00(国立民族学博物館 大演習室)
池谷和信(国立民族学博物館)・趣旨説明 「ガラスビーズの世界」
谷澤亜里(九州大学)「弥生・古墳時代の玉類:流通と入手の具体像」(仮)
戸田美佳子「カメルーンのビーズについて」(仮)
池谷和信(国立民族学博物館)「民博のビーズバッグについて」(寄贈品の紹介)
谷一尚(林原美術館)「世界のトンボ玉のその後」
遠藤仁(秋田大学)コメント1「石ビーズとの比較から」
大塚和義(国立民族学博物館・名誉教授)コメント2「アイヌ玉の視点から」
総合討論

2016年度

研究は、年に4回の研究会から構成される。まず、1年目は、ビーズそのものを把握する枠組みや基本概念をめぐって分野間による認識の違いを整理したあとに、ものの形や色や素材に注目して学際的に論議を進めていく。以下、各回(数字で示す)のサブテーマを示す。
◇平成28年度(1年目)
1.各分野の研究枠組みや基本概念の整理:歴史・考古・民族資料のなかでのビーズ
2.形と色の多様性と共通性(学際的アプローチ)
3.素材の多様性(学際的アプローチ)
4.人からみたビーズ:技術と学習と社会

【館内研究員】 印東道子、齋藤玲子、野林厚志、末森薫、戸田美佳子
【館外研究員】 遠藤仁、落合雪野、門脇誠二、川口幸也、河村好光、木下尚子、後藤明、佐藤廉也、田村朋美、中村香子、谷澤亜里、山花京子、山本直人
研究会
2016年10月10日(月・祝)13:00~18:00(国立民族学博物館 大演習室)
池谷和信(国立民族学博物館)研究会の趣旨:「ビーズをめぐる人類学的研究――「ビーズ学」の可能性を求めて」
門脇誠二(名古屋大学)「ホモ・サピエンスの出現・拡散とビーズに関する考古記録」
山本直人(名古屋大学)「贈り物としての縄文時代の翡翠ビーズ」
河村好光(石川考古学研究会)「日本諸島の石製ビーズ概観」
谷澤亜里(九州大学)「弥生――古墳移行期の社会とビーズ」
田村朋美(奈良文化財研究所)「製作技法と化学組成からみたガラスビーズの交易ルート」
末森薫(国立民族学博物館)「中国仏教壁画に描かれたビーズ」
木下尚子(熊本大学)「琉球列島の貝玉文化」
後藤明(南山大学)「ソロモン諸島のビーズ製貝貨について――ニューアイルランドの貝貨幣とトロブリアンドのクラの財宝(ビーズ製首飾り)との比較」
印東道子(国立民族学博物館)「オセアニアのガラスビーズの歴史性」
齋藤玲子(国立民族学博物館)「アイヌのタマサイ――首飾りに使われるガラス玉を中心に」
野林厚志(国立民族学博物館)「台湾原住民族のビーズの歴史と現在」
落合雪野(龍谷大学)「東南アジア大陸部、ジュズダマ属植物の種子ビーズをめぐる文化」
中村真里絵(国立民族学博物館)「焼物からネックレスへ:土製ビーズの誕生」
遠藤仁(秋田大学)「南アジアにおける準貴石製ビーズの過去と現在――紅玉髄を中心として」
戸田美佳子(国立民族学博物館)「カメルーンの身体装飾とビーズ」
佐藤廉也(大阪大学)「ビーズ着用の様相と変容」
中村香子(京都大学)「「伝統衣装」の変容と維持――ケニア牧畜民のビーズ装飾を事例に」
出席者全員「全体討論」
2016年12月11日(日)13:00~18:30(国立民族学博物館 第6セミナー室)
◇第1部:研究紹介
山花京子(東海大学)「ビーズの文化とチェーンの文化――古代エジプトと古代東地中海世界との対比」
川口幸也(立教大学)「アフリカアートとビーズ」
◇第2部:交易とビーズ
池谷和信(国立民族学博物館)「趣旨説明」
後藤明(南山大学)「交易の理論とオセアニアの貝ビーズ」
遠藤仁(秋田大学)「インダス文明期における準貴石製装身具の製作技術と流通」
田村朋美(奈良文化財研究所)「ガラスビーズから見た東西交易――日本出土「西のガラス」の考古科学的研究」
中村香子(京都大学)「東アフリカとチェコのガラスビーズ」
総合討論