国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

「障害」概念の再検討――触文化論に基づく「合理的配慮」の提案に向けて

研究期間:2016.10-2019.3 代表者 広瀬浩二郎

研究プロジェクト一覧

キーワード

触文化、ユニバーサル・ミュージアム、視覚障害者

目的

2016年4月、障害者差別解消法が施行された。現在、さまざまな分野で障害者に対する「合理的配慮」のあり方について議論が始まっている。米国のADA(アメリカ障害者法)は1990年に制定され、その理念が社会に定着するまで20年以上かかった。日本でも今後、差別解消法に基づく諸システムを構築していくために、「障害」に関する幅広い研究が求められているといえよう。
一方、2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催に向けて、ユニバーサル・ツーリズム(誰もが楽しめる観光・まちづくり)の必要性が各方面で強調されている。旅行業界では、障害者対象のツアーを企画・実施するケースも増えた。パラリンピック効果による障害者への関心の高まりを一過性のブームで終わらせないためにも、娯楽・余暇における「合理的配慮」の形態を文化人類学的に研究する試みが不可欠だろう。
本共同研究の目的は、2012~14年度に実施した「触文化に関する人類学的研究」を継承し、「ユニバーサル・ミュージアム」「手学問」などの理論を駆使して、「障害」概念を再検討することである。公共施設(とくに博物館)での「合理的配慮」の具体像を探究し、広く社会に発信したい。

2017年度

今年度は「観光・まちづくりのユニバーサル化」をメインテーマとし、7月、11月、2月に研究会を実施する。「五感で楽しむ観光地」創造の最前線を担う府・県庁、市役所の関係者、あるいは旅行業者で障害者向けのツアーを企画するスタッフを特別講師として招聘し、娯楽・余暇における「合理的配慮」について包括的に考える。
7月は昨年度の議論を発展させる形で、「観光資源としての博物館」に注目する(博物館関係者1名、府・県庁の観光振興課職員1名を特別講師として招聘)。11月は娯楽・余暇方面で「五感で味わうまちあるき」「映画の副音声解説」などに取り組む実践者を招き、「合理的配慮」提供のための課題を抽出する(旅行業者の社員1名、福祉系のNPO職員1名を特別講師として招聘)。2月は過去2回の研究会の成果を踏まえ、博物館と観光・まちづくりの連携の可能性を多角的に検証する(南山大学人類学博物館での開催)。今年度の共同研究を通じて、障害当事者が主体的に参加できる「さわる=目に見えない世界を身体で探る」観光・まちづくりの重要性を明らかにしたい。

【館内研究員】  
【館外研究員】 石塚裕子、大石徹、大髙幸、岡本裕子、黒澤浩、小山修三、篠原聰、鈴木康二、原礼子、藤村俊、堀江典子、真下弥生、宮本ルリ子、山本清龍
研究会
2017年7月16日(日)10:00~17:00(南山大学 人類学博物館)
黒澤浩(南山大学)「究極の『さわる展示』を求めて――南山大学人類学博物館の未来」
北井利幸(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)「考古展示のユニバーサル化の試み――橿原考古学研究所附属博物館の現状と課題」
田村香里(三重県総合博物館)「生き物に触れる――三重県総合博物館・カモシカ展を事例として」
さかいひろこ(イラストレーター)「発掘から発信へ――『ふるさと考古学講座』が地域を活性化する」
藤村俊(美濃加茂市民ミュージアム)「歩く、さわる、感じる――ミュージアムを飛び出して、遺跡に出かけよう」
総合討論「何を、どうさわるのか――博物館と地域をつなぐ実践に向けて」
2017年11月19日(日)10:00~17:00(国立民族学博物館 第3セミナー室)
村田麻里子(関西大学)「マンガの伝え方・感じ方――『誰のためのマンガ展?』の成果と今後の課題」
真下弥生(ルーテル学院大学)「創る・使う・活かす――鑑賞ツールとしての触図の可能性」
安曽潤子(日本大学)「化石は語る――自然史系博物館におけるハンズオン展示・ワークショップの試み」
石塚裕子(大阪大学)「被災地ツーリズムのユニバーサル化に向けて――いわきでのUT実践の中間報告」
広瀬浩二郎(国立民族学博物館)「総合討論――誰が、何を、どう伝えるのか」

2016年度

2016年度は「博物館における視覚障害者対応、『合理的配慮』の諸相」をテーマとし、11月、2月に研究会を開催する。過去の科研プロジェクト、共同研究の成果として刊行した広瀬の編著『さわって楽しむ博物館』(12年5月)、『ひとが優しい博物館』(16年8月)に収録された「さわる展示」の実践事例を整理・分類し、その後の新たな展開など、補足情報を集める。

【館内研究員】  
【館外研究員】 石塚裕子、大石徹、大髙幸、岡本裕子、黒澤浩、小山修三、篠原聰、鈴木康二、原礼子、藤村俊、堀江典子、真下弥生、宮本ルリ子、山本清龍
研究会
2016年11月27日(日)10:00~17:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
広瀬浩二郎(国立民族学博物館)「新規共同研究プロジェクトの意義と目標」
小山修三(国立民族学博物館)「ユニバーサル・ミュージアム研究の回顧と展望」
ハイディ・ラーム(早稲田大学東アジア太平洋研究科)「「歴史」を体感する作法と手法――日光江戸村・太秦映画村のフィールドワークから考える」
さかいひろこ(イラストレーター)「わかりやすい触知図とは何か――手探りと手作りの現場から」
石塚裕子(大阪大学未来戦略機構)「ユニバーサル・ツーリズムの実践的研究――いわきの過去・現在・未来を感じるツアーの立案」
2017年3月5日(日)10:00~17:00(国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館)
増子正(青森県立盲学校)「視覚障害教育と博物館利用」
山田菜月(北海道教育大学岩見沢校)「ユニバーサル・ミュージアム研究の展望―私の卒業論文から」
岡本裕子(岡山県立美術館)「美術館事業の幅を広げる「合理的配慮」―“美術館ワークショップ”について考えてみる」
篠原聰(東海大学)「美術鑑賞の新たな可能性―触常者と創る美学研究の未来」
原礼子(国際基督教大学博物館)「触察展示の意義―博物館における「合理的配慮」の検討に向けて」