国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

音楽する身体間の相互作用を捉える――ミュージッキングの学際的研究

研究期間:2016.10-2020.3 代表者 野澤豊一

研究プロジェクト一覧

キーワード

音楽すること、身体、コミュニケーション

目的

音楽の人類学的研究は半世紀ほどの歴史をもつが、従来の研究の多くは、音楽の意味を音(テクスト)に求める「音楽学」寄りの研究と、音の文化的背景(コンテクスト)に音楽の存在意義を求める「人類学」寄りの研究とに分かれる傾向にあった。また、両者の学術的対話の困難さもこれまで指摘されてきた。
他方で近年では、人類学と音楽学とを架橋する研究者らが、人間の音楽的な営みを“音楽することmusicking”として理解することを提唱している。music の動名詞型にあたる「ミュージッキング」には、歌い・奏し・踊ることだけでなく、手拍子や聴取といった行為までも含まれる。これは、音楽的実践における身体性に着目することで、“音楽”という近代的かつ抽象的な概念を根本から再考するために提案された鍵概念である。
本研究は、記述・分析の対象を「音楽」から「ミュージッキング」へとずらし、パフォーマンスのさなかにある身体同士のやりとりを音楽的出来事に不可欠な一部分として語るための方法論を確立することを目的とする。

2017年度

平成29年度は、4回の会合を実施する予定である。これまでの発表と討論から、"音楽することmusicking"という概念に、当初設定していた「身体間の相互作用」よりも幅広い意味をもたせることが必要ではないかという課題が見えてきた。この点を明確にするためにも、引き続き、多様な地域(アフリカ、東南アジア、東アジア、南アジアなど)におけるミュージッキングの民族誌的な事例に基づく研究発表を行う。いずれの回でも、その場に居合わせた身体同士のダイナミックな交流が音によって媒介されていることの意義を見極めるための、理論的な枠組みを構築することを意識しながら、討論を重ねる。また本年度からは、民族誌的な事例以外にも、過去のミュージッキングにおける身体や、メディアによって媒介された音楽の「聴取」といったテーマについての発表も実施していく。

【館内研究員】 川瀬慈、寺田吉孝、福岡正太
【館外研究員】 青木深、井手口彰典、岡崎彰、梶丸岳、大門碧、武田俊輔、谷口文和、西島千尋、伏木香織、増野亜子、松平勇二、矢野原佑史、輪島裕介
研究会
2017年4月1日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第7セミナー室)
野澤豊一(富山大学)「趣旨説明――フィールドでパフォーマーになること」(仮)
松平勇二(国立民族学博物館)「ジンバブエのンビラ音楽における全員参加の効果」(仮)
増野亜子(東京藝術大学)「バリでガムラン・パフォーマーになること――フィールドの内と外で」(仮)
谷正人(神戸大学)「指から感じ理解すること――楽器間で異なる身体感覚の研究にむけて」(仮)
全員・総合討論
2017年4月2日(日)9:30~18:00(国立民族学博物館 第7セミナー室)
大門碧(京都大学)「舞台裏から体感するウガンダ首都のショー・パフォーマンス」(仮)
矢野原佑史(京都大学)「カメルーンの若者たちと共創するヒップホップ」(仮)
伏木香織(大正大学)「『巻き込まれる』――フィールドで儀礼の執行者の一部となること」(仮)
神野知恵(東京藝術大学)「韓国の農楽研究における演奏実践の重要性――リズムの聴き取り、再現、分析、可視化のプロセス」(仮)
総合討論
2017年9月30日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第7セミナー室)
野澤豊一(富山大学)「趣旨説明」
谷口文和(京都精華大学)「電子音響技術に媒介されたミュージシャンシップの形成」(仮)
井手口彰典(立教大学)「初音ミク[で/と/を]音楽する――偶像(アイドル)と人形(フィギュア)の狭間で」(仮)
全員・総合討論

2016年度

初年度(平成28年度)は3回の会合を実施し、理論と実践の両面から討論を開始する。理論面では、人類学、音楽学、民俗学、コミュニケーション理論等の学説史を検討し、ミュージッキングという概念をそのなかに位置づける。また実践面では、(構成員のなかに調査地で実際にパフォーマーの側に立つ、調査対象と共に作品を制作するなどした経験をもつものが多いことを活かして)ミュージッキングの場を「当事者」として体験することに関する討論を行う。以上より、本研究会における「ミュージッキング」の輪郭を明確化し、各人が発表の方向性を考えるきっかけとする。

【館内研究員】 川瀬慈
【館外研究員】 青木深、井手口彰典、岡崎彰、梶丸岳、大門碧、武田俊輔、谷口文和、西島千尋、伏木香織、増野亜子、松平勇二、矢野原佑史、輪島裕介
研究会
2016年10月15日(土)14:00~18:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
野澤豊一(富山大学)「趣旨説明 音楽する身体間の相互作用を捉える」
全員 メンバー自己紹介および今後の計画についての打ち合わせ
2016年10月16日(日)10:30~17:00(国立民族学博物館 第6セミナー室)
武田俊輔(滋賀県立大学) 「『民謡』生成の『場』を読む思考――柳田國男の民謡論」
梶丸岳(京都市立芸術大学)「掛唄大会という場――民謡のエスノメソドロジー」
全員 総合討論
2016年12月17日(土)13:00~18:00(国立民族学博物館 第7セミナー室)
野澤豊一(富山大学)「サウンドによるseamlessnessと感情の共有――米国黒人ペンテコステ派キリスト教会のミュージッキング」
川瀬慈(国立民族学博物館)「『精霊の馬』上映――ザール憑依儀礼の映像記録・表現をめぐって」
全員・総合討論