国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

博物館における持続可能な資料管理および環境整備――保存科学の視点から

研究期間:2017.10-2021.3 代表者 園田直子

研究プロジェクト一覧

キーワード

博物館環境、資料管理、保存科学

目的

本館における保存科学研究では、博物館機能をもつ研究所という特色を生かし、基礎的な研究と、それを発展させた実践的な研究に取り組んでいる。その内容は、モノ資料を主たる対象に、生物生息調査や温度・湿度モニタリングなどの保存環境データを効率的に分析するプログラムの開発、データの分析結果をもとにした展示・収蔵環境の整備とその検証、化学薬剤を用いない殺虫処理法の開発および条件改良、収蔵スペースの狭隘化対策と収蔵改善を目的とした収蔵庫の再編成、被災文化財への応急措置を含めた保存修復法の開発など、多岐にわたる。
本研究では、これまでの研究をさらに深化させ、環境への配慮が一層求められる21世紀の社会状況に適合する持続可能な資料管理および保存環境の基盤整備を目的とする。ここでは、研究対象をモノ資料だけでなく、映像資料にひろげるとともに、大規模な博物館等の施設のみならず、設備、人手、経費が限られる小規模な博物館等の施設や個人所蔵者でも応用・実践が可能な保存の条件や指針を提示するという新たな軸を設定して研究を進める。その上で、保存科学の基礎的・実践的研究にくわえて、21世紀の社会状況のもとでの資料の保存と活用について、その意義を整理し再考する。

2017年度

本研究は以下の分担で進め、園田が研究を総括する。
モノ資料に関しては、IPMの考えかたに基づいた資料管理の基盤整備に主眼を置く。とくに化学薬剤を用いない殺虫処理法に焦点をあて、資料への影響がもっとも少なく、かつ殺虫効果が確実に得られる条件を見出す。高温処理や低温処理などの温度処理の実用化を目指した条件設定を行うとともに、低酸素濃度処理および二酸化炭素処理の条件を精査し、改善する。本館の日高真吾准教授ほか、九州国立博物館の木川りか氏、宮内庁正倉院事務所の高畑誠氏、および2017年度文化資源計画事業「有形文化資源の保存・管理システム構築」(実施責任者:園田直子)に参加している文化資源共同研究員と協力のもと進める。研究の遂行においては、本館の殺虫処理施設を活用するとともに、大規模な設備に頼らない手法と条件もあわせて検討し、開発する。これらの評価は、本館の森田恒之名誉教授に協力を求める。
映像資料に関しては、欧米の基準でこれまで定められていた保存環境や保管条件について考察を進める。2017年4月10日~10月10日にかけて本館に招聘する外国人研究員(客員教授)、フランスの保存研究所所長・パリ自然史博物館教授のラヴェドリン氏の専門である写真保存の知識と経験を生かし、園田が平成29年度の初めから、映像資料の保存条件の調査を始める。また、東京都写真美術館の山口孝子氏、東京国立近代美術館フィルムセンターの大関勝久氏、一橋大学の馬場幸栄氏と協力のもと、大規模な博物館等の施設だけでなく、小規模な博物館等の施設や個人所蔵者における映像保存を視野にいれながら、映像資料の保存環境、さらにはフィルム開発を含む保存技術について検討する。これらの評価は、本館の大森康宏名誉教授に協力を求める。
上記研究に共通する項目として、小規模な博物館等の施設での実践事例の検証は、人間文化研究機構・広領域連携型基幹研究プロジェクトの構成ユニット「日本列島における地域文化の再発見とその表象システムの構築」(2016-2021年度)(代表者:日高真吾)と連携して進める。カビ等微生物対策は東京文化財研究所の佐藤嘉則氏、資料の科学的調査は奈良国立博物館の鳥越俊行氏、資料の光学的調査は関西大学の末森薫氏が担当する。
21世紀の社会状況のもとでの資料の保存と活用、その意義について、本館の吉田憲司教授、平井京之介教授、東京国立博物館の和田浩氏が考察を進める。

【館内研究員】 日高真吾、平井京之介、吉田憲司
【館外研究員】 大関勝久、大森康宏、木川りか、佐藤嘉則、末森薫、髙畑誠、鳥越俊行、馬場幸栄、森田恒之、山口孝子、和田浩
研究会
2017年10月7日(土)10:00~19:00(国立民族学博物館 第4セミナー室)
打ち合わせ
共同研究会の一環として人類基礎理論研究部・国際シンポジウム「変容する世界のなかでの文化遺産の保存」へ参加
意見交換
2017年10月8日(土)9:00~16:30(国立民族学博物館 第4セミナー室)
打ち合わせ
共同研究会の一環として人類基礎理論研究部・国際シンポジウム「変容する世界のなかでの文化遺産の保存」へ参加