国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

食生活から考える持続可能な社会――「主食」の形成と展開

研究期間:2019.10-2022.3 代表者 野林厚志

研究プロジェクト一覧

キーワード

主食、食生活、持続可能社会

目的

本研究の目的は、人類の食生活を生態、文化、社会、歴史の観点から検証し、持続可能な社会を実現するための食生活のありかたを探究することである。そのための作業概念として「主食」を採用する。「主食」に相当する語彙や概念は普遍的ではなく、時代や地域によって多様であるが、「人を肉体的・精神的に養ううえで、中心的役割を果たす食べもの」という一定の定義を与えることで、具体的な食生活中の「主食」の諸相から、対象とする社会や集団における食のあり方とその背景をより端的に浮かび上がらせることが可能となる。
食生活とは、食品の生産、加工、流通、消費、調理、廃棄の過程であり、自然環境、価値観、教条、法律や制度、経済条件、身体的な欲求や生理的条件、個人的な嗜好などが、人間の営みを通して密接に関連しあっている。それらの関連性を「主食」という作業概念にそって整理し、考察することにより、地球規模で人間が引き起こしている食の問題を明らかにする。そのうえで、人類学を中心に、歴史学、調理学、体育学などの食生活を理解するうえで核となる諸分野による学際的な議論を通して、人類の食生活のあるべき姿を検証したい。

2019年度

2019年度は、合計2回の研究会合を実施する予定である。本共同研究が採択された場合には、キックオフのための研究会合を早期に実施し、代表者の野林が本研究の趣旨と研究遂行の大筋を説明する。その上で、共同研究員全員で研究会の具体的な進め方について検討するとともに、個々の研究発表の見通しを確認する。第2回目の研究会合をもって研究発表と討議を主体とした研究会合を本格的にスタートさせる。

【館内研究員】 池谷和信、宇田川妙子、大石侑香、菅瀬晶子
【館外研究員】 梅崎昌裕、木内敦詞、佐藤廉也、中澤弥子、那須浩郎、濱田信吾
研究会
2019年10月14日(月)10:00~16:00(国立民族学博物館 第4演習室)
野林厚志(国立民族学博物館)「主食研究の趣旨と全体の構想」
参加者の研究の構想