国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

花街の担い手コミュニティの日常的実践に関する歴史人類学的研究(2015-2017)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|特別研究員奨励費 代表者 松田有紀子

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、文化遺産化をめぐる花街の担い手たちの日常的実践を理解するために、過去の「イエ」の営業実態を明らかにした上で、個の商売上の利益と「花街」というコミュニティを併存させる流儀=〈芸〉を歴史人類学の観点から解明することである。
本研究では、「祇園町の伝統」の継承者であり担い手であるお茶屋・置屋の女将や芸舞妓たちの集団を、「担い手コミュニティ」として位置づける。まずは、彼女たちが直面した危機にど際して、「祇園町の伝統」を資源へと転換し、祇園町のネームバリューをいかに形成してきたのかを通時的な視座から示す。
その上で、こうした「伝統」の担い手たちの〈芸〉が、現行の文化財行政との関係においていかに表出しているのかを共時的な視座から調査し、花街の文化財指定をその担い手たちにとって有意義なものとする可能性を長期的な視座から考察する。

活動内容

2017年度実施計画

1)これまでの研究活動によって得た知見の概括
課題A) 文化財行政をめぐるナショナルな法制度史の概観、課題B) ローカルな文化財行政と担い手コミュニティの折衝の記述、課題C) 〈芸〉において参照される過去の生活史や経験の解明、の三点については、今後の成果報告に際して利便性を向上するために、文献調査や収集資料を通じて得たデータをアーカイブ化する。この際、研究員のエフォートに鑑みて、専門業者への委託を適宜検討する。
2)他地域での調査による京都花街の担い手コミュニティがもつ特質の解明
課題D) 担い手による〈芸〉の実例の観察、については、京都と同じくお茶屋を維持する石川県金沢市、会社組織による雇用によって芸妓らを維持する新潟県新潟市と岩手県盛岡市、という三地域で現地調査を行う。平成28年度の調査で、金沢市と新潟市については予備調査を終えているため、本年度は盛岡市の調査を主として実施する。
これらの調査地との比較分析によって、他地域から参照される花街=京都花街における「伝統」継承の実例と担い手コミュニティの特質を詳らかにする。
3)他研究者との共同執筆による一般書籍の刊行
研究員は、これらの調査で判明した現在の花街における「伝統」の継承実例について、一般書籍「花街の美-継がれゆく芸妓・舞妓の伝統(仮)」として社会に還元する。同書の規格は誠文堂新光社に採択され、平成30年9月に発行予定である。 目的を同じくする若手研究者らと研究会を起ち上げ、京都や前述2)における地域のみならず、芸妓が営業を存続している都市部の花街を網羅する。本書は花街の担い手コミュニティにとっても学術的・実学的に価値を有する書籍であり、成果報告物として十分に値する。研究員はその専門知識を活かし、この研究会において調査・執筆のマネジメントおよび総括を担当する予定である。

2016年度活動報告

 

2015年度活動報告

平成27年度において研究員は交付申請書における課題A.文化財指定をめぐるナショナルな法制度の概観、を達成するため、文献調査によって特に「伝統」文化にかかわる無形文化遺産をめぐる行政の動向を分析した。同じく課題C.<芸>において参照される過去の生活史や経験の解明、について明治期の史料より京都市の芸娼妓営業地における業種の分布や営業規模情報を整理し資料としてまとめた。
その後、健康上の理由により平成27年7月からやむをえず研究活動を休止し、課題C.のうち石川県金沢市の調査について計上していた予算を翌平成28年度に繰越した。そのためこの予算を用いて平成28年に石川県金沢市への調査を二回にわたり実施した。平成28年7月の調査は文献調査や現地の調査協力者へのアポイントメントをとる予備調査である。平成28年9月にはインタビューおよび景観撮影を主とする本調査を行った。平成29年度には花街の担い手である芸妓やお茶屋の女将らへのインタビュー、観察を目的とした第二回目の本調査を行う予定である。
平成28年度、研究員はこれまでの調査で得た知見を踏まえて、花街の過去の生活史とその変化を一般社会に伝える為、平成28年11月6日に公開シンポジウム「装いから知る花街今昔」を、立命館大学大学院先端総合学術研究科と共催した。このシンポジウムでは、装い(髪結い、衣装、化粧など)という視点から、三人のパネリストと一名の講師を招き、約30名の一般参加者を得るという十分な結果となった。また前年度より続く文献調査の成果については、論文「異貌の町と名前のない実力者-京都における芸娼妓営業地の土地所有をめぐって」にまとめ、『渡辺先生教授退職記念論文集 異貌の同時代-人類・学・の外へ』(渡辺公三編著、2017年、以分社)に寄稿した。同書は2017年4月末に刊行予定である。