国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

本州とその周辺の島々及び多島海的海域における民俗芸能の研究(2015-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 笹原亮二

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本州とその周辺には、孤島・諸島・多島海的海域、一島一集落の島から一島一国の島まで、存在形態や規模が異なる多くの島嶼が存在する。それらの島嶼の民俗芸能は、その島独自のもの、近隣の島々や周辺各地と共通するもの、周辺各地と共通しつつも様々な違いがあるもの、遠方の島々や地域と共通するもの等があり、複雑な分布の様相を呈している。こうした民俗芸能の多様性は、古来航路上にあって人・物・情報が繁く往来した開放性、漁民や海民の活動圏や旧国・旧藩の区画に繰り込まれた領域性、四囲を海で囲まれた地理的制約から醸成された地域社会としての自律性といった、島嶼が有する特質や、それぞれの地域独特の歴史や文化に基づいて成立した地域性と深く関わっている。本研究では、そうした本州とその周辺の島々の民俗芸能の実態を、島嶼の開放性・領域性・自律性・地域性の交錯の中で形成・伝承されてきた島嶼世界の民俗文化として解明する。

活動内容

2017年度実施計画

1.現地調査
(1)伊豆諸島及び沿岸地域の民俗芸能の調査
伊豆諸島及び沿岸地域(東京都・千葉県・神奈川県・静岡県域)に見られる神楽・獅子舞・庭の舞・盆踊・奉納踊・鹿島踊等について現地調査を実施し、分布・由来・上演の次第・芸態・現代的変容・伝承地の沿革・関連資料等の基礎的資料を収集する。
(2)その他の地域の民俗芸能に関する調査
前年度に調査を行った地域の民俗芸能で、再調査・補足調査が必要なものに関して補充調査を行う。また、前年度までとこの年度に調査を行った地域以外の地域の民俗芸能についても、必要に応じて適宜調査を行う。
2.文献や各種資料の調査・情報収集
この年度に現地調査を行った民俗芸能を中心に、関連する論文・調査報告等の文献や映像記録等の資料を、各地の図書館・博物館・資料館等において調査・収集する。また、それらの民俗芸能について既に研究を行い、豊富な知見を有する各地の研究者から、それらの種類・分布・特徴・現地調査の問題点等、関連する情報の収集を行う。
3.資料や情報の整理・分析
この年度に現地調査を行った民俗芸能に関する論文・調査報告等の文献や、映像記録や関連情報等、収集した資料や情報を整理し、分析を行う。

2016年度活動報告

文献等の資料調査・情報収集に関しては、三重県立図書館・伊勢市立図書館等において、伊勢志摩地方の民俗芸能と祭に関する資料調査、国立国会図書館・八丈島歴史民俗資料館・大島町郷土資料館等において、伊豆諸島の民俗芸能と祭に関する資料調査、新潟市立中央図書館・新潟県立歴史博物館等において、佐渡島の民俗芸能と祭に関する資料調査を行い、論文や調査報告等の文献資料や情報を収集し、それぞれの地域における民俗芸能とそれらが行われる祭の全般的な様相の把握を行った。その他、福岡県立図書館・神戸市立中央図書館・沖縄県立図書館・うるま市立石川歴史民俗資料館等において、各地の民俗芸能と祭に関する資料調査を行い、文献資料や情報を収集した。
以上の資料調査・情報収集を踏まえて、伊勢志摩地方では、志摩市安乗の人形三番叟、同市立神の宇気比神社ひっぽろ神事の獅子舞、同市三カ所の阿津麻里崎神社の当屋行事と獅子舞、同市鵜方の宇賀多神社の獅子舞、伊勢市有滝町の八玉神社の御頭神事、同市辻久留の上社の御頭神事、同市小俣町本町の官舎神社の御頭神事、同市村松の宇気比神社の御頭神事、玉城町山神の獅子舞神事、度会町脇出の一之瀬神社の祭の獅子舞について、伊豆諸島では、八丈町の樫立踊・八丈太鼓等、大島町元町の吉谷神社の正月祭の神事・神子舞・手踊等について、佐渡島では、佐渡市新穂の日吉神社の祭の流鏑馬・鬼太鼓・下り羽、同市金井の新保八幡神社の祭の流鏑馬・鬼太鼓・下り羽・文弥人形、同市三川の春日神社の祭の大獅子・鬼太鼓・下り羽について、瀬戸内海東部では、徳島県阿南市橘町の海正八幡神社の祭のダンジリについて、沖縄では、うるま市石川の闘牛について、それぞれ現地調査を実施し、上演の様相等に関する写真・動画映像等の資料を作成・収集した。
本研究の成果の一部は、平成26年9~11月に開催した国立民族学博物館特別展「見世物大博覧会」において公開した。

2015年度活動報告

平成27年度、資料調査・情報収集に関しては、三重県立図書館・鳥羽市立図書館・三重県総合博物館・海の博物館等において、伊勢志摩の多島海的海域の民俗芸能と祭に関する先行研究等の調査、東京都立中央図書館等において、伊豆諸島と伊豆半島地域の民俗芸能と祭に関する先行研究等の調査、新潟県立図書館・新潟市立中央図書館・佐渡市立中央図書館・佐渡博物館等において、佐渡島の民俗芸能と祭に関する先行研究等の調査、宮城県立図書館・仙台市民図書館等において、牡鹿半島とその周辺地域の民俗芸能と祭に関する先行研究等の調査を行い、論文や調査報告等の必要な資料を収集し、それぞれの地域における民俗芸能とそれらが行われる祭の全般的な概況の把握を行った。また、瀬戸内海海域の民俗芸能と祭について、既収集の文献等の資料の整理を行い、全体的な様相の把握を試みた。
以上の調査・情報収集に基づき、伊勢志摩の多島海的海域では、三重県伊勢市御園町上條の大念仏かんこ踊と手筒花火、同伊勢市御薗町小林の大念仏かんこ踊と手筒花火、同志摩市大王町波切の大念仏、同鳥羽市松尾町の火祭と大念仏等の盆の民俗芸能、同志摩市浜島町薬師堂の火渡り、同志摩市安乗町安乗神社の注連切り神事と獅子舞、同大紀町錦八幡神社の八幡祭の山車の巡行と祝歌、同南伊勢町方座浦の弓引き神事、同志摩市浜島町宇気比神社の盤の魚神事と弓引き神事、同度会町棚橋の御頭神事、同南伊勢町船越八幡神社の弓引き神事と御頭神事等の正月の民俗芸能ついて、佐渡島では、新潟県佐渡市小木町木崎神社の祭のチトチントン・鬼太鼓・小獅子舞・大獅子、同佐渡市下川茂五所神社の御田植神事、同佐渡市小比叡神社のやぶさみ式と田遊びについて、牡鹿半島とその周辺地域では宮城県石巻市雄勝町名振の火伏せ祭の山車の巡行・俄と獅子舞について現地調査を行い、上演の様相等に関する写真・動画映像等の資料を作成、収集した。