国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

ポスト過疎時代における資源管理型狩猟に関する民俗知形成のモデル構築(2015-2017)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究(B) 代表者 蛯原一平

研究プロジェクト一覧

目的・内容

近年、農山村を中心に広く獣害が多発、深刻化しており、狩猟が引き継がれてきた地域では、集団内で経験的に蓄積されてきた民俗知に基づき、獣害を抑制し、かつ野生動物の利活用を図る資源管理型狩猟を構築することが喫緊の課題となっている。しかし、ポスト過疎時代を迎えつつある農山村では、それらを担いうる経験豊かな狩猟者が高齢化し、減少している。そのことにより狩猟技術・知識レベルの低下も懸念される。本研究では、国内での狩猟活動の分析を通し狩猟に関する民俗知の形成(継承と伝達・共有)過程の実態について明らかにし、今日の野生動物資源管理において民俗知が有する可能性と問題点について検討する。さらに狩猟担い手育成に関する台湾での先行事例を踏まえ資源管理型狩猟の構築に向けた民俗知形成モデルの提起を行う。  

活動内容

◆ 2017年4月より転入

2017年度活動計画

本年度の前半期は、前年後半期に引き続き、得られた資料の整理と事例研究の統合を進める。とくに山形県小国町での狩猟活動に関しては、4月下旬から5月上旬にかけて補足的な現地調査を行い、民俗知形成に関する観察と聞きとりの拡充に努める。また同時に、猟場地図及び伝承ハンドブックの修正・編集も進める。そして、夏期から秋期にかけて国際シンポジウムや国内学会等で研究成果について報告する。後半期は、それらの機会で得た議論を踏まえ、論文執筆及び最終成果報告書の刊行を行い、資源管理型狩猟の構築に向けた民俗知形成モデルの提起を図る。同時に、資源管理型狩猟の構築に関する課題についても検討を行い、発展的な新規研究計画の立案にも着手したい。