国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

笑い話に注目した日本語ナラティブの「型」と「技」の地域比較(2015-2017)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究(B) 代表者 金田純平

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は日本の笑い話および体験談(ナラティブ)について、その談話の構成と語りにおける言語・パラ言語・非言語上の特徴についてマルチモーダル記述し、複数の地域間でそれらの比較を通じて、各地における特徴を明らかにする。談話の進め方「型」は文化や地域、社会階級によって違うことはすでに示されており、日本の方言研究でも談話の「型」の存在が地域間で異なることも実証されている。笑い話を含めたナラティブでも、特に関西地方においては語りの「型」が明確に存在する。
そこで、ナラティブの「型」が日本の他の地域(特に東北・関東)とどのように異なっているのかを各地のネイティブ話者による体験談の映像・音声を収録してマルチモーダル分析し、地域間での異同を示し、その原因を考察する。さらに、個人が持つ話の巧みさを「技」として特徴の抽出を試る。最終的に、研究成果を一般にも参照可能な形で整理して基礎資料として公表する。

活動内容

2017年度実施計画

最終年度である29年度は、笑い話(ナラティブ)の収録と記述を限定的にとどめ、成果のまとめと発信を中心に推進する。
これまでの年度と同様に、東北・関東・関西での笑い話(ナラティブ)を、規模を縮小して各2~4名ずつ収録し、言語・非言語の記述を行いコーパス化する。
また、年度を通じて国内の学会・研究会にて研究発表を行う。夏季には海外の学会においても本研究の成果を発表し、日本におけるナラティブについて情報発信し、各国の研究者と情報交換を行う。
最後に、一般向けに笑い話の「型」と「技」および地域間の違いに関する基礎資料を制作しWebサイトで公開する。音声・映像を利用したマルチメディアな資料の作成を行い発信する。また、研究者・関係者向けに科研報告書(PDF)と各種データ(コーパスおよび映像・音声の一部)を制作し公開する。

2016年度活動報告

東北地方において、本調査として会話データの収録を行った。2日間で4名分のデータを収録することができた。また、それて並行して補助調査として、広島でも会話データの収録を行った。こちらでは、2名分のデータを収録することができた。
収録データの分析は現在もなお実施中であるが、現時点で判明したこととして、まず、擬音語・擬声語・擬態語や「わたし、『どうしようか』と思って」のような直接引用の出現が、関西地方の話者に比べて少なかったことが挙げられる。巷間では、関西地方では擬音・擬態語をよく使うといわれているが、「だーっ」「ばーっ」というような表現を用いることが少ないことが、東北、広島で言えることであった。
また、「~たら」「~なら」といった表現の出現が比較的少ないことも分かった。これらの表現は出来事を語る場合、新たに遭遇した事態や出来事を導くものとされているが、これらを使った表現が関西地方の話者に比べて用いられる傾向が低いことが分かった。また、東北の事例では「~たら」「~なら」の出現が少ないわけではなかったが、後に現れる事態としては、予想外のことや驚くべき事態が登場することは少なく、おおかた予想できる事態の方が多かった。このことから、「~たら」「~なら」の談話的用法として、予想外のことや驚くべきこととの遭遇を導くという動機づけが少なく、出来事の展開として次の事態を導きという動機づけで使用されているのではないかという結論に至った。このことから、同じ形式の表現を用いるものの、談話的な動機づけとしては同じではない、つまり、東北地方では「~たら」「~なら」を使った表現が発話の型としては十分に確立されていないのではないかという意見を導くことができた。

2015年度活動報告

まず、既存の笑い話資料に基づく分析を実施した。これは研究を進めるうえで今後の分析項目を洗い出すために行うもので、しばしば体験談の中の会話の引用部分において、声の高さを変えたり、声質を変えたりすることで、想定される発話者の人物像の表現が行われていることが明らかになった。また、その時の人物像の表現は実際の話者の声そのものをまねているのではなく、話者の属性(例えばお年寄り)の人物像に基づく声の特徴(例えばゆっくり弱い声で話す)や役割語の使用(例えば、終助詞に「のう」を使用する)が見られた。この研究成果については、日本語文法学会第16回大会パネルセッションにおいて口頭発表を行った。
次に、会話データの収録については東北地方において実施することができ、2名分約1時間のデータが収録できた。データについて会話構造を分析したところ、Maynard(1989)が挙げるような6つの構成要素(Prefacing, Setting, Narrative Event, Resolution, Evaluation, Conclusion)が見られたが、既存の笑い話資料のうち関西の女性によるものと比較すると、Narrative Eventの部分に見られる階層構造(説明・遭遇・反応)が希薄であり、起きた事象を時系列に基づいて語るということが見られた。まだ、2人分のデータだけでありこれを東北地方の語りの特徴として挙げるのは早計であるが、今後の調査を行ううえで注目すべきポイントを得ることができた。