国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

チベット・ビルマ語族の繋聯言語の記述とその古態析出に関する国際共同調査研究(2016-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(A) 代表者 長野泰彦

研究プロジェクト一覧

目的・内容

チベット・ビルマ(TB)語族には複数の下位言語群の特徴を兼ね備え、系統関係の橋渡し役を演じる言語(以下、繋聯言語)がある。現代の繋聯言語は類型的に多様だが、同時に古い特徴「古態」を保っていて、同語族の歴史を探究する上で不可欠である。本計画ではチベット・ヒマラヤ語群、羌・ギャロン語群、チンポー語群に属する急速に危機言語化しつつある繋聯言語を現地調査によって精確に記述し、言語動態と基層関係を考慮しつつ、各々の古態を日中瑞の研究者が共同で析出・分析して各言語群の古層とTB祖語形式を厳密に再構し、TB諸語の新たな系統関係を提示する。また、析出された古態と統計科学的手法を用いて、未解読・古文献言語の解明を目指すとともに、「言語基層」の観点が持つ歴史言語学方法論としての有効性を検証する。

活動内容

2018年度実施計画

①各研究者は前年度に引き続き、計画調書に掲げた記述分担に従って調査票に基づき記述調査を行い、音声データも収集。併せて、各言語群の祖語再構を試みる。このため、長野を中国四川省へ、武内を中国とオーストリアへ、高橋をインドへ、鈴木をノルウェーと中国へ、林を中国とタイへ、それぞれ派遣する。外国の研究協力者も計画調書に掲げた諸言語につき調査研究を行う。
②語彙面での古態に加え、能格性、代名詞化、動詞接辞・助辞、動作の方向性など統語法と関連のある事象の古態に重点を置いて解析を行い、各言語群の古層とTB祖語段階での形式を形態統辞法に重点を置いて再構成する。
③新シャンシュン語の統辞法はズプ-等のポン教文献3種と護符の願文に手がかりを見いだしうることが判明したので、その資料収集を行い、テキストをデータベース化する。
④①③によって得られる記述資料とデータを、統計科学と計量言語学に基づいて高次化された曖昧検索プログラムによって解析し、新シャンシュン語・古シャンシュン語双方につき語彙の意味特定を行い、シャンシュン語の解読を試みる。
⑤繋聯性を顕著に持つギャロン系諸語のデータベースを補完し、同時にカリフォルニア大学のSTEDTプロジェクトデータベースとの相互利用のためのプログラム作成に着手する。このため、必要に応じSTEDT研究員を招聘する。

2017年度活動報告

チベット・ビルマ系語族には複数の下位言語群の特徴を兼ね備え、系統関係の橋渡し役を演じる言語(以下、繋聯言語)がある。これらは一般にTB諸語の古い特徴を保っていて、当該語族の歴史を探る上で不可欠である。本計画では急速に危機言語化しつつある繋聯言語を現地調査により正確に記述し、各言語群の古層とチベット・ビルマ共通祖語形式を厳密に再構し、チベット・ビルマ系諸語の新たな系統関係を提示することを目的としている。また、これらの記述的研究と平行して、未解読言語であるシャンシュン語の解読と語義や統語法の推定を行う。このため、統計科学の分野で開発された方法を援用する。
これらの目的を達成するため、記述研究の領域では、●長野をギャロン語北部方言調査のため中国へ、●高橋をキナウル語西部方言調査のためインドへ、●林をアク(阿克)語調査のため中国へ、●池田を西部羌系諸語調査のため中国と台湾へ、それぞれ派遣した。また、●鈴木はチベット自治区北部カム地方の系統未詳言語の記述研究をノルウェーで行った。さらに、●羌語南部方言とギャロン語東部方言については、中国内の研究協力者を派遣して調査した。
また、●未解読である古シャンシュン語の解析を武内と金が担当し、統計数理学的手法を用いることにより、5種の文献における相対頻度の分散共分散行列の主成分分析とクラスター分析を行った.その結果5種の文献と新シャンシュン語及びナム語のクラスター樹形図を導き出すことに成功し、各文献の特徴と相対的な親縁度を把握できた。

2016年度活動報告

1)研究の目的に鑑み、調査票による現地での記述調査(基礎語彙1300と300例文収集、音声データの記録)を下記の通り実施した。
●長野を中国四川省に派遣。ギャロン語東部方言2種を記述し、近年の類型論研究で明らかとなった事象に関して新たな知見を得た。上記の調査との関連において、中国内の若手ネイティヴ研究者育成に資するため、4名の助教クラスにギャロン語と羌語の記述データを作成させた。●林を中国雲南省に派遣。ロロ語群に属し、従前記述資料の乏しかったアク語を記述した。また、チノ語の記述も行い、自然発話の書き起こしも併せて行った。●鈴木を中国西藏自治区と四川省に派遣。2種の未記述言語(ツァワ・ボ語、ラガン・チョユ語・チョユ語普巴戎方言)を記述した。また、それらとチベット語カム方言との関連をオスロにおいて断続的に行った。●高橋をインド ヒマチャルプラデシュ州に派遣。キナウル語パンギ方言を記述した。●武内、林、鈴木を関連する学会に派遣し、成果公開を行った。●研究協力者、池田巧を中国北京市に派遣し、ムニャ語の記述調査を行った。
2)語彙面での古態に関し、前項の調査で得られたデータをMatisoff(2003) "Handbook of Proto-Tibeto-Burman"に示されたチベット・ビルマ共通祖語形式と突合し、対応関係を全員が検討した。
3)武内と金は古シャンシュン語文献解読に向けてのコンピュータによる解析作業に着手した。これとの関連において、長野と研究協力者2名(立川武蔵&脇嶋孝彦)が新シャンシュン語語彙をポン教文献から抽出する作業を中国内及びカトマンズのポン教学僧の協力を得て開始した。