国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

チベット・ビルマ語族の繋聯言語の記述とその古態析出に関する国際共同調査研究(2016-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(A) 代表者 長野泰彦

研究プロジェクト一覧

目的・内容

チベット・ビルマ(TB)語族には複数の下位言語群の特徴を兼ね備え、系統関係の橋渡し役を演じる言語(以下、繋聯言語)がある。現代の繋聯言語は類型的に多様だが、同時に古い特徴「古態」を保っていて、同語族の歴史を探究する上で不可欠である。本計画ではチベット・ヒマラヤ語群、羌・ギャロン語群、チンポー語群に属する延べ44の急速に危機言語化しつつある繋聯言語を現地調査によって精確に記述し、言語動態と基層関係を考慮しつつ、各々の古態を日仏米中瑞の研究者が共同で析出・分析して各言語群の古層とTB祖語形式を厳密に再構し、TB諸語の新たな系統関係を提示する。また、析出された古態と統計科学的手法を用いて、未解読のシャンシュン語解読と自然言語としての古チベット語の解明を目指す。また、「言語基層」の観点が持つ歴史言語学方法論としての有効性を検証する。

活動内容

2017年度実施計画

(1)各研究者は既定の役割分担に従い、複数の言語情報提供者について、共通の基礎語彙票と調査用例文集に基づき記述調査を行い、音声データも収集する。
既定の調査分担は下記の通りである。
長野:ギャロン語北部方言
高橋:キナウル語西部方言
林:チンポー語及びアク(阿克)語
武内:碑文チベット語
池田:西部Qiangic(羌系)諸語
鈴木:チベット語北部カム地方の系統未詳言語
また、羌語南部方言とギャロン語東部方言については、適宜中国の研究協力者を派遣して調査する。
(2)9世紀頃死語となった古シャンシュン語(OZ)と14世紀頃再構成された新シャンシュン語(NZ)をそれぞれDB化し、その統語法を分析する。金・武内・長野が担当。
(3)Matisoff: Handbook of the Proto-Tibeto-Burmanに提示されたチベット・ビルマ共通祖語形式と記述調査の結果の比較を通じ、新たな祖語形式を示す。

2016年度活動報告

1)研究の目的に鑑み、調査票による現地での記述調査(基礎語彙1300と300例文収集、音声データの記録)を下記の通り実施した。
●長野を中国四川省に派遣。ギャロン語東部方言2種を記述し、近年の類型論研究で明らかとなった事象に関して新たな知見を得た。上記の調査との関連において、中国内の若手ネイティヴ研究者育成に資するため、4名の助教クラスにギャロン語と羌語の記述データを作成させた。●林を中国雲南省に派遣。ロロ語群に属し、従前記述資料の乏しかったアク語を記述した。また、チノ語の記述も行い、自然発話の書き起こしも併せて行った。●鈴木を中国西藏自治区と四川省に派遣。2種の未記述言語(ツァワ・ボ語、ラガン・チョユ語・チョユ語普巴戎方言)を記述した。また、それらとチベット語カム方言との関連をオスロにおいて断続的に行った。●高橋をインド ヒマチャルプラデシュ州に派遣。キナウル語パンギ方言を記述した。●武内、林、鈴木を関連する学会に派遣し、成果公開を行った。●研究協力者、池田巧を中国北京市に派遣し、ムニャ語の記述調査を行った。
2)語彙面での古態に関し、前項の調査で得られたデータをMatisoff(2003) "Handbook of Proto-Tibeto-Burman"に示されたチベット・ビルマ共通祖語形式と突合し、対応関係を全員が検討した。
3)武内と金は古シャンシュン語文献解読に向けてのコンピュータによる解析作業に着手した。これとの関連において、長野と研究協力者2名(立川武蔵&脇嶋孝彦)が新シャンシュン語語彙をポン教文献から抽出する作業を中国内及びカトマンズのポン教学僧の協力を得て開始した。