国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

ポスト家畜化時代の鵜飼文化とリバランス論-新たな人・動物関係論の構築と展開(2016-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 卯田宗平

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、日本列島と中国大陸、マケドニア共和国における鵜飼文化を対象とし、民族誌的な記述と理論検討を通して人・動物関係をめぐる人類学の議論に新たな事例と独自の見解を提示するものである。具体的には、①上記の三地域の鵜飼文化をフィールド調査によって明らかにし、②各事例を比較検討することで、それぞれの共通性と特異性を導きだす。また、各地のウ類と人間とのかかわりをリバランス論という新たな枠組みで捉え、その類似性と固有性も導きだす。そのうえで、③「生業の対象」としての動物を取り上げた研究成果と対比し、「手段」としてのウ類と人間とのかかわりの特質を明示する。なお、ここでいう鵜飼文化とは、生業技術(ウ類の捕獲や繁殖、飼育、利用)とともに、漁民の生活様式や漁業制度、流通システム、背景としての食文化も含んでいる。

活動内容

2017年度実施計画

平成29年度は以下の計画に基づいて研究を進める。
日本各地の鵜飼を対象とし、①鵜飼用の野生ウミウの捕獲と馴化技術をフィールド調査によって明らかにし、②人間からの介入を受けたウミウの反応にかかわる観察結果を手がかりに鵜飼い漁誕生の初期条件について考察する。また、日本の宇治川鵜飼において、ウミウの交配から産卵、育雛、飼育にいたる技術、河川でのトレーニング方法、日々の管理技法、観光産業との関わりを明らかにする。以上の研究成果を踏まえ、ウミウに対する鵜匠たちの働きかけとウミウの行動特性をリバランスの枠組みでまとめる。そして、日本の鵜飼とマケドニアの鵜飼の事例を対比させ、双方の類似性と個別性を導きだす。これらの成果を「日本民俗学」や「BIOSTORY」に学術論文として投稿し、また研究大会で発表する。

2016年度活動報告

本年度は、まず日本の鵜飼において利用されている野生ウミウの捕獲から馴化にいたる技術を明らかにした。そのうえで、人間からの介入を受けたウミウの反応にかかわる観察結果を手がかりに鵜飼い漁誕生の初期条件について検討した。
鵜飼い漁は東アジア地域では中国と日本でのみおこなわれている。中国の鵜飼い漁では漁師たちが自宅で繁殖させたカワウが利用されている。一方、日本の鵜飼い漁では茨城県日立市十王町で捕獲された野生のウミウが主に利用されている。各地の鵜匠たちは十王町から送られてきた野生のウミウを人為的な環境において飼い馴らしているのである。
こうしたなか、これまでの鵜飼研究では野生ウミウを飼い馴らす技術を、ウミウの捕獲から飼育、訓練にいたるプロセスのなかで連続的に捉えたものはなかった。
そこで本年度は、野生ウミウの捕獲技術に関して茨城県日立市十王町の事例を、ウミウの飼育と訓練に関して岐阜県長良川鵜飼の事例をまとめた。この結果、野生ウミウを飼い馴らす過程では、①捕獲直後のウミウを特定の姿勢にすることでおとなしくさせる、②ウミウに頻繁に触れることで接近や接触をする人間を恐れない個体をつくる、③新たに捕獲したウミウをすでに飼育しているほかのウミウに馴れさせる、という三つの技術が重要であることを明らかにした。
つぎに、捕獲の現場でおとりにされたウミウ、人間からの介入を受けたウミウの反応を観察し、野生ウミウの行動特性に関して「新たに置かれた環境に対する若い個体の馴れやすさ」という特徴を指摘した。この特徴は人間が野生ウミウを漁の手段として利用できる条件のひとつであると結論づけた。