国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

スリランカ系タミル人によるインド舞踊の発展と再々構築化に関する全体関連的研究(2016-2018)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 竹村嘉晃

研究プロジェクト一覧

目的・内容

インドの舞踊文化は、インド国内はもとより世界中に拡散するインド系ディアスポラの間でグローバルに受容されている。本研究は、インド舞踊のグローバルな隆盛において、これまで注目されてこなかったスリランカ系タミル移民の関与に着目し、国内外の研究者との協働によりインド・東南アジア・欧米諸国におけるその動向を有機的に結びつけ、全体関連的に把握することを目的としている。とくに、スリランカ系タミル移民がホスト社会やグローバルな政治・市場と戦略的に関わりながら、1)古典舞踊の継承を通じたコミュニティの強化・再編を進めていると共に、2)ホスト社会の文脈において一端はナショナル化・南アジア化されたインド舞踊を新しい協同関係のなかで「タミル化」へと再々構築しながら継承している実態を実証的に明らかにする。

活動内容

2017年度実施計画

平成29年度には、インド・スリランカ・欧米・東南アジア間を移動する実演家と彼らのネットワークについて聞き取り調査を実施する。
1)実演家のグローバルな移動状況に関する調査をインド・スリランカ・北米で実施すると共に、国内外の研究協力者と情報共有を行う。
2)収集したタミル語による文献や各種文字資料の翻訳およびデジタル化と、収集した映像資料の比較検証を進め、さらに分析の作業を行う。
3)比較事例を得るための調査を各自が前年度に実施した諸地域において実施する。
4)国内研究協力者と3回の研究会を開催し、引き続き問題意識と情報の共有化を深める。最初の会合には、タミル人の人類学者アントニサーミ・サガヤラージ氏(南山大学)を招聘して、インド側からの視点をふまえて協議する。

2016年度活動報告

研究課題実施の初年度にあたる今年度は、当初の計画通り予備調査で得たデータの整理と映像資料の分析および関連する文献研究に加えて、シンガポールでのフィールドワークを実施した。
これまでの調査で記録したインド舞踊に関する映像と収集したDVDを分析し、バラタナーティヤムにおける流派や出身校による振付・動きの違いを考察した。また聞き取り調査で得た情報と文献研究を通じて、スリランカ系タミル移民コミュニティの文化実践に関する世界的な動向を把握した。さらに国内研究協力者と3回の会合を開き、先行研究に関する討論と各自の研究進捗状況の報告、フィール ドワークに関する情報共有を行った。
これらの基礎資料と文献研究によって得られたさらなる知見をもとに、シンガポールにおけるインド舞踊の伝播・発展の過程におけるスリランカ系タミル人の関与について、2017年1月20日から31日にかけてシンガポールで現地調査を行った。具体的な調査内容は、スリランカ系タミル人コミュニティの歴史的動態と今日の文化的活動に関する聞き取り、インド舞踊を教授する芸術機関におけるスリランカ系タミル人指導者・実演家の特定と彼らへの聞き取り、スリランカ系タミル人が管理するヒンドゥー寺院の活動内容の把握と関係者への聞き取りを行うことであり、順調に調査計画を遂行することができた。
くわえて、本研究の進捗状況をシンガポール国立大学南アジア研究プログラムのセミナーにおいて口頭発表し、現地の研究者と情報を共有するとともに、研究に関する今後の指針や助言などを得た。