国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

日本手話と台湾手話の歴史変化の解明:歴史社会言語学の方法論の確立に向けて(2016-2018)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|挑戦的萌芽研究 代表者 相良啓子

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、手話言語学の分野において未着手の歴史社会言語学の方法論を導き出すことである。日本手話(Japanese Sign Language: JSL)と台湾手話(Taiwan Sign Language: TSL)の史的変遷の解明に取り組み、具体的な分析を通して手話言語においても科学的な比較研究が可能であることを示す。手話の音韻的特徴の記述法は確立しておらず、歴史言語学の比較方法をそのまま当てはめることができない。系統関係が明らかで分岐後の時間が短いJSL とTSL に対象を絞り、手話の音韻の専門家、音声言語の歴史言語学の専門家とともに、手法を検討しつつ、調査及び分析を行う。これにより、手話言語の歴史研究を可能にするための記述方法(ノーテーション)を確立するとともに、JSL とTSLに見られる発達経緯の特定と一般化を行い、他の手話言語の比較研究への応用につなげることを目標とする。

活動内容

2017年度実施計画

① 収集したデータの整理と分析
台北、台南で収集したデータを整理し、変種が複数見られる語彙については、記号化を行い、それぞれの語彙の発達経緯の一般化を試みる。語彙の変化や方向性について、言語の内的要因(手話構成の影響による変化)、外的要因(地理的・社会的要因による変化)双方から検討する。ノーテーションの確定とデータの変化や方向性についての分析は、手話言語の音韻の専門家である原、音声言語の歴史言語学の専門家である菊澤と共に進める。数詞「10」「100」「1000」においては、JSLで得られているデータ分析結果と、どのような関連性が見られるのか調査する。得られた他の語彙について、日本手話から分岐したと考えられる手話表現とそうでない手話とに分類し、どのように言語が発達してきたのかその変化の方向性について一般化を行い、方法論を導き出すことにつなげていく。
②中間発表
a) 国際手話言語学・ろう文化学研究センター(イギリス・プレストン)にて中間報告を行い、具体的なデータに基づきデータの分析方法について議論する。b)国際歴史言語学会(テキサス・オースティン)において研究分担者の菊澤と共に研究手法についての発表を行う。これらで得られたフィードバックを2 度目以降の現地調査におけるデータ収集,分析方法に反映させる。
③ 台湾での現地調査(二回目)
分析を進める中で、1 回目の現地調査の結果について不透明な部分、各語の由来や語彙の歴史的変化について、現地研究者に現時点における話者の社会的背景に関する認識や関連すると思われる情報の存在についてヒアリングを行う。必要だと思われるデータについては、2度目のデータを取集する。滞在期間は、台北と台南それぞれ1週間ずつとする。

2016年度活動報告

平成28年度は、日本手話と台湾手話の史的研究に必要な資料収集及び、国内と台湾で、フィールドワークを行った。松永(1937)の『聾唖会』の中で書かれた「聾唖手まね事典」(5回シリーズ)には、手話表現の説明文と、イラストによる手型が書かれてあり、これによりその当時に使用されていた手話を知ることができた。また、約80年前の表現と現在使用されている表現を比較することにより、言語学的観点から手話表現の変化をたどることができた。また、研究分担者の菊澤、国立リハビリテーションセンターの手話通訳学科の担当者とともに、センターに収納されている過去の手話データの保存と研究資料としての運用について、検討中である。
フィールドワークは、東京、台北、台南でそれぞれ20名ずつ、大阪では15名の情報提供者からデータを収集し、20代から80代までの幅広い年齢層からのデータが得られた。これらのデータの中で、特に数の表現においては、現在日本の多くのろう者が使用していない表現が、80才以上のろう者から確認され、また、その表現は聾唖会に掲載されているデータとも一致するため、資料と収集データの両方から実在した表現形であることが確認できた。
得られたデータと文献を通して分析を進めているところであるが、現時点での中間報告として、12月3日~4日にかけて東京で開催された第42回日本手話学会において発表を行った。数詞、色彩、親族表現を対象とし、日本手話と台湾手話の言語変化のパターンには、融合、消失、同化などがあることが確認された。記述法については、音韻の専門家である原、歴史言語学の専門家である菊澤と共に進めているところである。
同時に、台湾においては、日本で古くから使用されている表現がそのまま変化せず使用されている語彙が多いという印象を受けた。今後はこの点について実証的な研究を進めていく。