国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

セルビアにおけるポップフォークと民俗音楽の比較分析による文化的連関の研究(2017-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|特別研究員奨励費 代表者 上畑史

研究プロジェクト一覧

目的・内容

研究目的は、セルビアにおける民俗音楽とポピュラー音楽「ポップフォーク」の比較分析による文化的連関を次の3点から実証的に解明することである。①両音楽の音楽的・人的連続性/非連続性、②文化政策、音楽学、音楽教育において、政治的・啓蒙的意義を付与された民俗音楽の在り様、③両音楽に用いられるアコーディオンの音楽的・文化的役割。
具体的には次の観点から取組む。①に関し(i)両音楽の音楽的異同(ii)音楽学校と文化芸術協会(KUD)出身のポップフォーク音楽家の活動実態、②に関し(i)KUDの民俗音楽の実践の実態と、その政治的・文化的機能(ii)民俗音楽の理念化のプロセス(iii)民俗音楽教育の実態と意義、③に関し(i)同地の音楽文化におけるアコーディオンの文化的展開(ii)演奏技法の比較による両音楽の関連(iii)KUDと音楽教育を通じたアコーディオンの文化的役割。以上を綜合し研究目的を達成する。

活動内容

◆ 2017年4月より転入

2018年度活動計画

前年度は研究計画の「研究の目的」①②に関連した調査研究に取り組んだ。平成30年度は「研究の目的」②の調査研究を完遂するとともに、③に関する調査研究に着手する。

〈上半期〉
■前年度3月に行ったセルビアでの調査で収集した「研究の目的」①に関連する資料・情報を整理し、民俗音楽の規範化について分析を行う。この成果の一部を、1980年代までセルビアと共に国家を形成し、音楽文化を共有していたボスニアに関する地域研究入門書『ボスニアを知るための60章(仮)』(明石書店、出版決定・出版時期未定)に寄稿する。■前年度に収集済みの「研究の目的」②に関連した資料から、セルビア民俗音楽の理念化のプロセス・内容を考察し、音楽学術誌New Soundに投稿する。■下半期に行うセルビアでの現地調査に際し調査対象となる各団体とのコンタクトを開始する。■前年度、部分的に収集を開始した「研究の目的」③に関連する資料を精読すると同時に、音楽学者Vesa Kurkelaや文化史学者Helena Simonett他によって着手されている、セルビア以外のアコーディオンに関する文献も収集し、下半期の現地調査の準備を行う。

〈下半期〉
■セルビアに滞在し資料収集・調査を行う(3ヶ月程度を予定)。■「研究の目的」②に関し、現地のユーゴスラヴィア公文書館で社会主義時代の文化政策とKUDに関する文書を収集し、当時の文化理念の内容を調査する。■現地のセルビア・アマチュア協会で、会報誌AmaterとKUDの活動報告書等の関連資料を収集し、またKUD関係者の聞き取りも行い、KUDの活動実態と、民俗音楽を通じた政治的啓蒙の意義を調査する。■現地のペータル・コニョヴィッチ音楽学校他で資料・情報収集を行い、民俗音楽の指導内容・実態を調査する。■以上の調査活動によって得られた資料・情報を日本国内において整理・分析し、東洋音楽学会機関誌『東洋音楽研究』に投稿する。■「研究の目的」③に関し、現地のセルビア資料館、セルビア国営放送局の音源アーカイヴと同局資料保管室において、アコーディオンに関する音源と記事等の資料を収集する。なお、これによって得られた資料・情報については、「研究の目的」③を軸とする翌年度の調査研究の足掛かりとして、日本国内で精読・整理する。

2017年度活動報告

本研究の目的は、セルビアの民俗音楽調のポピュラー音楽「ポップフォーク」とセルビア民俗音楽との比較分析による文化的連関を次の3点から実証的に解明することである。(1)両音楽の音楽的・人的連続性/非連続性 (2)文化政策、音楽学、音楽教育において、政治的・啓蒙的意義を付与された民俗音楽の在り様(3)両音楽に用いられるアコーディオンの音楽的・文化的役割。
平成29年度は特に(1)(2)に取り組み、セルビアでの調査滞在において情報・資料収集に重点を置くとともに、分析・検証過程でのフィードバックを頻繁に得られるよう、国内外での成果報告の機会を積極的に設けた。
具体的には、現地の国立図書館、国営ラジオ局資料室、ベオグラード芸術大学音楽学部他で資料収集を行い、同時に音楽家、元文化大臣、音楽会社への聞き取りを実施した。また、ポップフォークと民俗音楽との音楽的な異同を分析するため、現地仕様のシンセサイザーを持ち帰った。
研究成果としては、「セルビアのポピュラー音楽『ターボフォーク』の発展と音楽産業の展開」と題する論文を、研究紀要『フィロカリア』第35号において投稿した。同年度は、その他にも多くの成果報告の機会を設けることができた。とりわけ「セルビアのターボフォーク/ポップフォーク:多元主義の実践としての音楽、文化、その変容」という題目で報告を行った地域研究コンソーシアム次世代ワークショップ「バルカン地域研究の新展開―民族の移動・越境・接触の多角的研究を目指して―」及び、ベオグラード芸術大学音楽学部で行った特別講義“Razmatranje turbo-folka/pop-folka preko diskursa i muzicke i kulturne prakse”では、同地域あるいは同分野の研究に携わる研究者らから効果的なフィードバックを得ることができた。