国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

セルビアにおけるポップフォークと民俗音楽の比較分析による文化的連関の研究(2017-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|特別研究員奨励費 代表者 上畑史

研究プロジェクト一覧

目的・内容

研究目的は、セルビアにおける民俗音楽とポピュラー音楽「ポップフォーク」の比較分析による文化的連関を次の3点から解明することである。【1】両音楽の音楽的・人的連続性/非連続性、【2】文化政策・音楽学・音楽教育において啓蒙的意義を付与された民俗音楽の在り様、【3】両音楽に用いられるアコーディオンの音楽的・文化的役割。具体的には次の観点から取組む。
【1】に関し(a)両音楽の音楽的異同(b)音楽学校と文化芸術協会(以下KUD)出身のポップフォーク音楽家の活動実態、【2】に関し(a)KUDの民俗音楽の実践の実態と、その政治的・文化的機能(b)民俗音楽の理念化のプロセスと内容(c)民俗音楽教育の実態と意義、【3】に関し(a)同地の音楽文化におけるアコーディオンの文化史的展開(b)演奏技法の比較による両音楽の関連(c)KUDと音楽教育を通じたアコーディオンの文化的役割。
以上を綜合し目的を達成する。

活動内容

◆ 2017年4月より転入

2017年度活動計画

本年度は研究方法の【1】に関する調査研究・成果発表を行う。詳しくは以下の通りである。
【上半期】
①日本・セルビア(最長2ヶ月を予定)において関連資料の収集、予備調査を行う。②これまでも調査協力を得ているセルビア国営放送局(以下RTS)と、KUDの統括組織セルビア・アマチュア協会とのコンタクトを開始し、予備調査を行う。③インフォーマントとなるポップフォーク歌手Milena M.Novakovicと、これまでも調査協力を得ているキーボーディストUros Petrovic他とのコンタクトを開始する。Novakovicに関しては現地の民俗音楽学者Iva Nenicを通じて接触できることが分かっており、またPetrovicからは今後の協力の承諾を得ている。④既に収集済みのStevan Mokranjac、Miodrag Vasiljevic、Dimitrije.O.Golemovicらの論考を精読・整理し、民俗音楽の規範化に関する分析を行う。⑤この分析結果を、セルビア科学芸術アカデミーの機関誌Muzikologijaに投稿する。
【下半期】
①セルビアに滞在し資料収集・調査を行う(最長2ヶ月を予定)。②RTS音源アーカイヴで「民俗音楽」と「民俗調で作曲された音楽」に分類されている音源を比較分析する。これを上半期に行った民俗音楽の規範化に関する分析の結果(上半期④)と突き合わせ、これらの音楽的な異動を分析する。③音楽学校やKUDで音楽経験を積んだ後、ポップフォーク市場に参入した音楽家(歌手Zaim Imamovic、Lola Novakovic他)を扱った新聞・雑誌記事等の関連資料を、RTS資料室やセルビア・アマチュア協会他で収集し、彼らの経歴・活動実態を調査する。④またKUDでの彼らの活動を知る関係者への聞き取りも行う。⑤ポップフォークの音楽家(Milena M.Novakovic、Uros Petrovic他)への聞き取りを開始し、彼らがKUDや音楽学校で学んだ民俗音楽の理論・実践と、ポップフォークの演奏技法の異同を調査・分析する。⑥1年目の調査研究の成果として、民俗音楽とポップフォークとの音楽的・人的な関連を明らかにし、日本ポピュラー音楽学会が発行する『ポピュラー音楽研究』に投稿する。