国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

贈与交換による平和の構築・維持・再生産に関する人類学研究―ソロモン諸島の事例から(2017-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|特別研究員奨励費 代表者 藤井真一

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、平和的な社会関係の構築や維持・再生産に果たす贈与交換の働き(特にモノの役割)に注目しながら、「民族紛争」中のソロモン諸島ガダルカナル島民の生活戦略と紛争後の日常生活を解明することである。
そのために、(A)ガダルカナル島北東部において紛争中の島内避難と積極関与の実態を明らかにするための臨地調査と(B)ガダルカナル島西部における島内避難者の生活実態を明らかにするための臨地調査および同島南部における紛争関与者への聞き取り調査、(C)社会生成の観点から贈与交換論を整理して再検討するための文献調査ならびに社会関係の構築を媒介するモノについての臨地調査を実施する。(A)(B)の臨地調査で共通して行うのは、「民族紛争」中の人々がどのような生活をいかに構築していたのか、また現在どのように生活しているのかを調べることである。

活動内容

◆ 2017年4月より転入

2017年度活動計画

上記の目的を達成するために、本年度は(A)ガダルカナル島北東部において紛争中の島内避難と積極関与の実態を明らかにするための臨地調査と、(C)社会生成の観点から贈与交換論を整理して再検討するための文献調査ならびに社会関係の構築を媒介するモノについての臨地調査を実施する。
まず、人間社会における平和状態の維持と再生産を考えるための枠組みとして、贈与交換論の研究蓄積を社会生成の観点から再検討する(Cに対応)。特に、贈与交換の局面における贈与者と受贈者という二者関係に加えて、両者を媒介してやり取りされるモノという第三項に注意を払いつつ、どのように社会関係が操作されるのかを、地域的な限定をかけずに幅広い民族誌的資料を用いて考察する。そのために、国立民族学博物館所蔵の文献資料(現有設備)を用いつつ、最新の研究動向を押さえるべく文献資料を新規購入して分析する。
また、「民族紛争」における島内避難と積極関与の実態に関する聞き取り調査(Aに対応)と、社会関係の構築を媒介するモノについての民族誌調査(Cに対応)を目的として、8-9月ならびに2-3月の二度にわたってソロモン諸島ガダルカナル島北東部で臨地調査を実施する。調査にはソロモン諸島の共通語であるピジン語もしくはガダルカナル島北東部の現地語(レンゴ語)を用い、主としてガオバタ地区の集落を拠点として行なう。島内避難を経験した人びとの所在や、社会関係を操作するモノの原材料となる樹木等の素材の植生分布などを勘案し、必要に応じてタシンボコ地区等の隣接地域に位置する諸集落でも調査を行なう。
文献調査から得られた知見を次年度の日本文化人類学会研究大会にて口頭発表するための準備に着手する。また、文献調査ならびに臨地調査から得られたデータを分析して、日本オセアニア学会の研究大会(3月21-23日、沖縄県で開催)で口頭発表する。これら以外にも、学会や研究会へ参加するために複数回の国内出張を予定している。