国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

漁民とジュゴンの海域利用特性の解明による共存型海洋保護区モデルの創出(2017-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 中村亮

研究プロジェクト一覧

目的・内容

世界のジュゴン生息海域では、希少種のジュゴン(Dugong dugon)が漁網にかかって死亡してしまう混獲が問題であるが、混獲防止のために漁撈活動に制限がかかり漁民の生活が圧迫されてしまうことも看過できない。75の海洋保護区(MPA)を擁する紅海では、漁民とジュゴンの海域利用の共存をめぐる問題が深刻である。
 本研究では、スーダン紅海北部のドンゴナーブ湾海洋保護区を調査地とし、漁民とジュゴンの海域利用特性を「文化人類学」と「動物生態学(バイオロギング)」より解明し、漁撈活動を極力妨げないジュゴン混獲防止策を発見する。それをもって、農業が困難な乾燥熱帯沿岸域における安定した生産活動=漁撈による住民生活の改善と向上に資する、漁民と保護動物との共存型海洋保護区モデルを創出することが本研究の目的である。

活動内容

2017年度活動計画

本研究では、ドンゴナーブ湾MPAで申請者と連携研究者が紅海大学(Red Sea University)と共同で実施した研究(2011-2014年)によって得られた、ジュゴン混獲の主原因が「冬場の夜間に海草藻場周辺に仕掛けられる撚糸製の刺し網」であるという仮説を実証的に検証してゆく。
 社会・自然科学的知見より、海草藻場周辺における漁民とジュゴンの資源利用を、場所・深度・時間・季節的に棲み分けることで、ジュゴン混獲防止と安定的な漁撈活動を保障する共存型MPAモデルの創出を目指す。
 初年度の研究は、連携研究者と協議しながら、特に次の4点を中心にすすめてゆく。1)研究体制の構築と現地調査の開始のために、スーダン紅海北部ドンゴナーブ湾で30日程度の現地調査を実施。同時に、地域住民と海外研究協力機関である紅海大学への研究計画の説明も実施。2)紅海大学と共同で開発予定の「フィールド調査教材」の打合せ(多言語:アラビア語・英語)3)学会発表:地域漁業学会、日本アフリカ学会など。4)本科研プロジェクトのウェブサイト構築。