国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

フランスにおけるジプシーの「旅の共同体」に関する文化人類学的研究(2017-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究(B) 代表者 左地亮子

研究プロジェクト一覧

目的・内容

フランスのジプシーは、移動という生活様式に基づき、定住民社会の隙間に散々して暮らしてきたが、現在、進行する定住化とそれに伴う居住政策の下で、一つの名と特定の場をもつ「共同体」として一元化、周縁化されつつある。本研究は、この人々を「ジプシー共同体」として集約し隔離する諸力との交渉の中で、ジプシーが新たに紡ぐ「旅の共同体」に着目する。具体的には、ジプシーの共同体を巡る2つの局面として、A定住地での居住政策と「共同体化」の推移を追いながら、B聖地巡礼・移動集会の宗教活動、季節的農作業の経済活動を契機に現れるジプシーの「旅の共同体」を検証する。そして、押し付けられた共同体を離れ、束の間の旅をするジプシーが、異質な他者との出会いを通して市民社会の内部に創出する非同一的な共同性を明らかにする。

活動内容

◆ 2017年4月より転入

2017年度活動計画

1)フランス現地調査
A 居住政策の実態調査(8月):研究代表者が2006年以降調査地としてきたジプシー定住地Pauで、2017末に新規開設される集合住宅(特別社会住宅)の完成直前の状況を探る。ジプシー居住地のゲットー化を導いた政治的社会的背景を地域住民や政策関係者から聞き取り、それに対するジプシー住民の意見や態度を調べる。/B ロワール地方でのペンテコステ派の移動型信仰集会の調査(8月):信仰集会におけるジプシーの活動内容と非信者・非ジプシーとの共在状況を調べる。最重要課題は、共在状況とそこでの物事と出来事を観察・撮影し、旅の共同体に参与する人々の関係性と言語的・身体的・情動的な接触や相互行為を分析するためデータを収集することである。
2)理論研究と分析
・Migrom(仏英のジプシー/ロマ研究者サークル)やEHESS(フランス国立社会科学高等研究院)等に属す仏英の研究者が開催する研究会に参加する。研究会への参加を通じて、ジプシー/ロマ研究の①最新の理論的方法論的動向を学ぶとともに、②本研究課題を発表し、翌年度以降の共同研究会の開催や共同での論文集作成に向けた意見交換を行う。/日本と海外の文化人類学の学会や研究会に参加し、現代市民社会論をマイノリティ研究と文化人類学の民族誌的研究手法により発展させていくための視座を研磨する。