国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

セネガル、ニアセン教団における女性の宗教的権威の伸張(2018-2020)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 盛恵子

研究プロジェクト一覧

目的・内容

イスラーム世界において女性は男性に対して社会的に劣位であり、宗教的に周縁化されているという通念を、ニアセン教団の女性指導者は覆す。ニアセン教団はスーフィー教団であるティジャーニー教団の分派であり、イブラヒマ・ニアス(1900-1975)によってセネガルで創始された世界的規模の教団である。ニアスは神を認識する体験を信仰の土台と見なし、神秘主義の修行タルビヤを通じて神の認識を得ることをすべての信徒の義務とした。セネガルのニアセン教団では1990年代から女性の指導者が登場し、彼女たちは男女両性の信徒に対してタルビヤを指導し、尊敬を得ている。彼女たちは妻・母という「伝統的」役割を果たしつつ、教団の信仰の根幹に関わる役割を担う。本研究の目的は、彼女たちの登場の思想的・社会的背景、彼女たちの活動が、一般的に男尊女卑を特徴とするセネガル人ムスリムのジェンダー役割にもたらす影響を明らかにすることである。

活動内容

2019年度実施計画

次年度は、ニアセンの本拠地であるカオラックを中心として調査を行う。カオラックにはニアセンの指導者集団の核をなすイブラヒマ・ニアスの息子たちや、コーラン学校を経営するイブラヒマ・ニアスの娘たちや、またその他の女性指導者たちが住んでいるので、イブラヒマ・ニアスの思想をより直接的に知る人々である彼らに話を聞く。また今年度は、会うことのできた女性指導者の弟子たちの人数がまだ充分でなかったので、次年度は彼らから広く、女性指導者とその弟子との関係について具体的に聞きたい。また今年度は、現在セネガルおいてサラフィズムの影響力が拡大しつつあることが、複数のスーフィー教団指導者たちから示された。したがってサラフィズムの女性観とニアセンの女性指導者たちに対する態度も、次年度の調査の対象に加えなければならなくなった。サラフィズムはニアセンが主張するところの、ザーイル(明らかな、外の)とバーティン(隠された、秘密の)の2つの面が存在するという主張を否定し、『コーラン』とハディースに書かれたことを文字通りに行うことを主張する思想だからである。
カオラックの調査に加えて、今年度見いだしたダカールの女性指導者たちの活動の継続的な観察も必要である。また女性の指導者の活動が、ニアセン以外のセネガルの女性ムスリムにとってどう映じるのかも継続的に観察する。総じて言えば、今年度に理論として語られた事柄が、実際には具体的にどのような活動として現れるのかを観察することが、次年度の方針である。

2018年度活動報告

セネガルにおいて、ティジャーニー教団の分派であるニアセンでは、女性も教団の指導者になる。彼女たちは男女両性の弟子を持ち、彼らに対してニアセンに独自の霊的な教育タルビヤを与える。スーフィー教団には一般的なことだが、弟子は自分の師である指導者に服従する。したがってニアセンでは男性である弟子が、女性である師に服従するという関係があり得る。セネガルの他の主要な教団であるムリッド、ティージャーニー教団のアルハジ・マーリク・スィを祖とする分派、そしてライエンには、女性の指導者が存在しない。これらの教団の男性指導者たちによれば、イスラームでは、女性はモスクでの礼拝の時と同じく常に男性の後ろにいるべきなので、女性が宗教指導者として男性を指導することは許されないからである。
 ニアセンに女性指導者が存在する理由は、ダカールで見いだした4人の女性指導者と、2人の有名な男性指導者によれば、スーフィズムにおいて男女の区別は存在しないからである。ものごとには、ザーイル(外の、見える、明らかな )面とバーティン(内の、隠れている、秘密の)面が存在する。我々の日常生活のザーイルな面においては、身体的に男女の区別があり、男性は強健なので、家族や社会を維持する責任を果たすために女性に対する優位が認められる。しかし霊的な領域すなわちバーティンな面においては、人間に男女の区別は存在しない。人間の中には高い霊的位マルタバを持つ者たちがあり、神に関する秘密の知識を持つ。高いマルタバを持つ女性はそうでない男性に勝るので、彼女たちは男性の上に立って彼らを指導する。ニアセンの信徒はタルビヤを行うことによって、バーティンな面では男女に優劣はないという認識を得るという。これら4人の女性指導者のうち3人は、ニアセンで最高位の男性指導者たちから免許を与えられていた。ニアセンの中枢部には、女性指導者を作り出そうという意向が存在する。