国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

中国―南太平洋島嶼国関係の変化と「オセアニアン・チャイニーズ」像の表出(2019-2022)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 河合洋尚

研究プロジェクト一覧

目的・内容

1978年12月の改革開放政策以降、南太平洋島嶼国の華人は中国を訪問するようになり、逆に、21世紀に入ると中国から南太平洋島嶼国への新移民が急増した。そうした状況のもと、南太平洋島嶼国で生まれ育った華人は、大陸の中国人との言語・文化的な違いを実感し、「オセアニアン・チャイニーズ」としての自己像をするようになっている。本研究は、南太平洋島嶼国のなかでも華人人口が最も多いタヒチを中心とし、ヴァヌアツなどと比較しながら、華人が「オセアニアン・チャイニーズ」としての自己像を表出してきた過程を明らかにする。具体的には、混血を含む現地生まれの二世・三世に焦点を当て、彼らがオセアニア諸民族の一構成員としての立場を主張する現象に光を当てる。それにより南太平洋島嶼国における中国のインパクトを示すとともに、現地生まれの華人をめぐる現状分析とそのための視点・方法を提示することを目的とする。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

「オセアニアン・チャイニーズ」の自己像が表出されてきた過程を理解するために、文献調査およびフィールドワークを実施する。文献調査は、日本国内で収集できる文献以外にオーストラリア、フランス、中国などで収集をおこない、解読する。また、タヒチとヴァヌアツを中心とするフィールドワークをおこない、次の3つの項目について観察およびインタビューをおこなう。
① 本研究の主要な対象となる南太平等島嶼国生まれの二世・三世華人は、現地の公共語か、中国系の方言である客家語や広東語を話し、ポリネシア系、メラネシア系住民や他のアジア系住民と共生している。彼らが祖先のルーツである中国に「帰郷」し、また新移民と接触することで「オセアニアン・チャイニーズ」としての自意識を喚起したライフヒストリーを複数名から収集する。
② 南太平洋島嶼国で生まれ育った華人が、中国にルーツをもつ祖先崇拝や年中行事などを催すなかで、そこにオセアニア的な要素を強調し、オセアニアの諸民族の一構成員としての自己像を提示してきた過程と現状を明らかにする。タヒチでは信義堂およびその傘下にある諸団体が主導して1990年頃より春節、元宵節、端午節のイベント、及び「掛山」と呼ばれる集合祖先祭祀をおこなっている。他方で、現時点のヴァヌアツでは、出身地を単位とする個別の活動に収斂する傾向が強い。両者を参与観察することで、そこにオセアニア的とされる要素が組み込まれてきた諸相に焦点を当てる。
③ イベントに現れる意識や表象だけでなく、オセアニアの華人としての自己定義が個人的・物的なネットワークに及ぼしてきた影響関係についても明らかにする。第一に商売人や華人団体の移住や提携関係を調べ、第二に、祖先祭祀用品(紙銭など)、年中行事の道具(服装、獅子、対聯など)、食(食材、レシピなど)の製作地や入手経路などを調べる。それにより、華人自身やモノが、オセアニアという地理的領域の内外で流動している様相とパターンについて検討する。
 上記の3種類の調査は、全ての調査期間においておこなう。ただし、4年の調査期間のうち一年目と二年目は①、三年目は③に重点を当てることにする。年中行事は開催日が異なっているため、毎年異なる時期に訪問することで、②の調査を進める。四年目は、論文として成果報告とするための補足調査、および本研究課題を今後広げていくための基盤づくりの調査を展開する。