国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

ヒマラヤ東部地域における輸送インフラの発展と移動する身体に関する人類学的研究(2018-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|研究活動スタート支援 代表者 古川不可知

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、ヒマラヤ東部の山岳地帯であるネパールのソルクンブ郡とインド西ベンガル州のダージリンを調査地に、Ⅰ.山中を移動するとはいかなる実践であるか、Ⅱ.山中の移動は当人たちによってどのように意味付けられているのか、またⅢ.輸送インフラの発展が人々の環境認識や社会にいかなる変化をもたらすか明らかにすることである。
徒歩や車両あるいは鉄道によって山中を移動する人々の実践への参与観察と、ヒマラヤ東部における輸送インフラの発展史に関する文献調査によってデータを収集し、認知科学と人類学的インフラ研究の知見を援用した枠組みを通して分析をおこなう。
一般に従来の移動とインフラをめぐる議論では、歩行と機械輸送のあいだには質的な断絶が想定されてきた。本研究では徒歩から鉄道に至る山間部の移動を、技術と相互に嵌入した身体実践として捉えつつ、その展開と影響を連続性の相のもとに分析することを試みる。

活動内容

2019年度実施計画

本年度は、二度の現地調査とデータの分析、および成果の公開作業に充当する。2019年9月にソルクンブ郡にて、2020年2月にはダージリンにてそれぞれ一ヶ月程度の現地調査を実施し、残りの期間については国内で文献調査および論文執筆をおこなうものとする。
ソルクンブ郡では、山間部の車道建設プロジェクトについて引き続き調査をおこなう。2019年4月の段階で、バスパークの建設が予定されているカリコーラ村まで仮の車道が敷設され、車両が到達できるようになった。本年は特にこの村に焦点を絞り、昨年度の調査で収集した村内の車両保有数や店舗数といった数値データおよび住民たちの語りと比較しながら、実際に工事が開始されて車が通るようになったことで、人々の生活や車道に関する認識がどのように変化したのかを分析する。
ダージリンでは昨年度に引き続き、山岳鉄道に関する情報収集をおこない、実際に鉄道へと乗り込むことによって運航の実践や乗客の振る舞いを観察する。また本年度は、特に蒸気機関車の運転手たちにインタビューをおこない、ライフヒストリーや鉄道というインフラストラクチャーをめぐる語りを聞き取る。
また本年度はソルクンブとダージリンを接続する枠組みをより強固なものとするため、ヒマラヤ東部におけるネパール移民社会の文献調査に注力し、両調査地において収集したデータを厚い歴史的な文脈のうちに位置付けることを目指す。そのうえで、類似した環境下で別様の展開をたどった山間部のインフラストラクチャーがそれぞれの地域とその住民たちに及ぼした影響を明らかにすることで、本研究の問いに一定の回答を与える。
成果の公開作業として、ソルクンブ郡における車道建設がもたらす社会変容については『南アジア研究』に、またヒマラヤ東部地域におけるネパール系社会とインフラストラクチャーの相互構築の様相については『国立民族学博物館研究報告』に、それぞれ論文として投稿する。また2019年6月の日本文化人類学会第53回研究大会や、2019年8月にポーランドで開催されるIUAES inter-congress(いずれも採択済み)ほか、各学会にて口頭発表をおこなう。本年度はまた、本研究の成果に基づいた国立民族学博物館の若手共同研究「モビリティと物質性の人類学(仮)」を代表者として組織し、知見の交流をおこなうとともに、他の若手研究者を巻き込みながら更なる研究の展開を目指す。

2018年度活動報告

本研究の目的は、ヒマラヤ東部の山岳地帯に位置するネパール・ソルクンブ郡とインド・ダージリンにおける移動実践の観察を通して、山岳地帯における輸送インフラと人々の関係を分析することである。ともにネパール系住民の住むヒマラヤの山岳観光地であり、現在急速に車道建設の進むソルクンブと、長年にわたって舗装道や山岳鉄道が維持管理されてきたダージリンを比較し、①山中を移動する具体的なやり方、②移動が現地において持つ意味、③輸送インフラの発展が社会や人々の環境認識にもたらす影響、を明らかにする。
本年度は基礎データの収集フェーズと位置づけ、2018年9月および2019年2月~3月にネパールのソルクンブ郡にて、また2018年12月~2019年1月にインドのダージリンにて、三回の現地調査を実施した。
ソルクンブ郡では、車道建設現場の観察をおこない、沿道住民から車道をめぐる見解や開通後の生活設計などについて聞き取りをおこなった。また乗り合いジープのドライバー10数名にインタビューを実施し、山中の運転という実践をどのように認識しているのか聞き取った。加えて、バスパークの建設予定地となっているカリコーラ村の戸数や、郡庁であるサレリに乗り入れる全ジープ業者の情報など、車道がもたらす社会変化を分析するための基礎データを収集した。ダージリンでは鉄道局や登山協会にて基礎資料の収集を実施したほか、乗り合いジープや山岳鉄道に乗り込む形で人々の実践を観察した。また数名のネパール系住民たちからライフヒストリーなどに関するインタビューを実施した。
現段階の成果として、山間部の輸送インフラは文字通りの生命線であり、計画に対して住民から強い期待が抱かれる一方、実際に建設が始まると変化の大きさに反発を抱く傾向が観察された。この点は「インフラストラクチャーとしての山道」として『文化人類学』83巻3号に報告した。