国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

現代イランにおける東洋的身体技法の実践とイスラーム的転回をめぐる人類学的研究(2014-2017)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究(B) 代表者 黒田賢治

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、空手道・ヨーガという二つの東洋的身体技法の受容メカニズムの検討を通じ、イスラーム復興現象を後期近代化社会における文化的現象の一つとして、他地域の文化現象との比較研究を可能とする理論的枠組みの構築を目的としている。
これまで現代イスラームの展開をめぐっては、西洋との二者関係のなかで捉えられる傾向もあり、特殊論や本質主義的な議論に陥るきらいがあった。そのため他地域の文化現象との比較をはかるというよりは、イスラームに内在的な論理を明らかにすることを中心に捉えた研究の傾向が強かった。そこでイスラームを西洋との二者関係ではなく、多角的な対他関係を捉える事例として世界的に拡大している空手道とヨーガという二つの東洋的身体技法のイランにおける展開を事例に、イスラームと関係づけられてきた事象と他地域の文化現象との比較を可能とする理論的展開を試みたい。

活動内容

◆ 2016年4月より転入

2017年度実施計画

本研究の最終年度にあたる平成29年度においては、前年までに得られた研究成果を発展させ、実証研究に基づいた、現代イスラームの近代性を把握するための理論的な枠組みの構築に従事し、漸次その成果発信に務める。
本研究の理論貢献として、前年度までに行ってきた理論整理を統合し、現代イスラームとモダニティに関する研究を批判的に再検討し、通文化比較研究を可能とするための理論的枠組みを構築を目指す。
イスラーム体制への移行以前からイランに伝達されたというある程度の歴史的深度をもった空手道が、その精神的側面をいかにして、イラン社会の文脈に応じながら展開してきたのかを実証的に検討する。また近年、物議をかもしながらも。一般市民のあいだで急速に広まってきたヨーガについても、同様にイランの文脈での展開を実証的に検討する。これら二つの東洋的身体実践への検討を通じ、現代のイスラーム社会における異文化の事象の展開を明らかにし、近代性の多元的展開を検証するための理論的な発展とイスラーム社会への理解を目指す。
また最終年度にあたる本年度には、より積極的に研究成果の発信につとめていきたい。特に学会での口頭発表や論文執筆、また国際的な成果発信に加え、一般社会への研究成果の発信につとめたい。そこで空手道やヨーガの実践者があつまる催し物で、一般に向けた本研究の成果報告を行うための企画を行い参加する予定である。こうした実践者への研究成果発信によって、それぞれの実践者に対して実践対称の多様性や多元性を明らかにすることで、フィールド調査地の実践者と日本の実践者の実践上の相互理解、研究者と実践者の研究上の相互作用を図っていきたい。

2016年度活動報告

本年度においては、フィールド調査として、空手連盟本部や連盟が管理する道場に加え、連盟の文化部部長を務める人物が代表をつとめる空手団体に着目し、参与観察を実施した。同団体の本部及び支部は、いずれもテヘラン市内のモスクの敷地内に道場を構えており、稽古の始まりや終わりには祈願(ドアー)やクルアーンの朗誦が行われていた。また成人男子の稽古の開始前あるいは終了後が、日没の礼拝時間と重なりを持つことから、敷地内のモスクで集団礼拝を行っているなど、空手の稽古とイスラーム実践が重なりを持っていた。さらに一般的な空手道場においては、稽古の掛け声として日本語に順ずる言葉が用いられるものの、同団体においてはそうした言葉はまったく使われず、代わりに平易な宗教的語彙が用いられていた。
こうした空手団体は、先行研究で指摘されてきたように80年代に戦時下に置かれた国家がスポーツ活動の支援を中止した際に例外として支援された、体制のイスラーム・イデオロギーを強化させるモスクを中心とした格闘技スポーツの活動を引き継ぐものであると評価できることが調査から明らかとなった。しかしながら、こうした活動は、団体代表が和道流空手道の故鈴木辰夫氏の指導を受けたことがあることや和道流の競技会に練習生が参加してきたことから、ガラパゴス化によるものではなく、近代スポーツの枠組みにありながら、異文化を自文化へと翻訳する現代イラン的展開の特徴として解釈可能であることが理解できた。
調査結果の一部については、本年度における国際ワークショップでの報告に加え、次年度において、現代における共同性のあり方として国際学会においてパネルを組織するとともに報告を行う予定である。