国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

館外での出版物

熱帯アジアの森の民――資源利用の環境人類学 ★

2005年6月30日刊行

池谷和信 編

人文書院
【共同研究成果】

出版物情報

主題・内容

グローバリゼーションと地球環境保護の考え方によって、それぞれ資源としての価値を見出された、熱帯アジアの豊かな森林は、かつてのように住民だけのものではなくなった。本書では、そのような状況で、従来、自然との共生を謳われ、また外界と隔絶し独自の文化を形成しているとされてきた「森の民」の、真の姿を捉えるとともに、その変容と、将来の展望を描く。インド、中国、マレーシアを含む熱帯アジアは、日本にとって材木輸入などで関連が深く、重要な地域である。