国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

館外での出版物

古代アンデス権力の考古学

2006年1月15日刊行

関雄二 著

京都大学学術出版会

出版物情報

主題・内容

古代アンデス文明とは、スペインの征服によって滅亡するまでの南米・太平洋岸に展開された古代文化の総称である。インカ帝国で著名だが、この帝国は15~16世紀に栄えたわずか100年にも満たぬ国家である。より重要なのは、古代アンデスにいかにして社会が形成されたかである。本書はインカをさかのぼること数千年、最初のアンデス国家モチェに焦点を当て、その形成過程を描く。